公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
世田谷の稽古場で開催された、劇作のためのワークショップは随分な成果があり、執筆への弾みがついた。今回は関係者限定公開だったが、次回の夏は一般公開になるかも知れない。

終了後、同じく発表した扇田君チームと飲んだのだが、話題はやはりもっぱら地震である。伊沢の弟さんは、津波から間一髪の避難だったという。話してるそばから、居酒屋が細かく揺れる。
なんとも不安な時代だが、こうしてお互い体験を語り合うことが大切だ。語ると落ち着くというものだ。
揺れてないのに、揺れている気がするという人も多い。私も便器に座っていると、細かく揺れている感じがする。これは大きな揺れを脳が記憶しているせいで、徐々には消えていくという。まことに人の脳とは、厄介な代物だ。
何があろうと、起ころうと東京が大好きだ。西へ避難なんて想像つかない。身寄りがあるわけでもないということもあるが、ここが好きだからずっといる。
都知事選、どうしよう。
明日新宿を散策していろいろ考えよう。
来週の戯曲のためのワークショップの台詞を上げる。
勝手にこのワークショップのタイトルを「劇作家の作業場」と名付けている。
普段通り、劇作家の仕事を続けている。
トイレットペーパーが見つけられるようになった。
牛乳も戻りつつある。
だが、直後は他人に優しかった街の人々が、いらいらしてきているな。仕方ないといえば仕方ないが、ハンナ・アレントの『暗い時代の人々』を想う。

ゴダールの『映画史』を映画館で見る。本人が映画館用に編集したものだが、やはりビデオ何巻版のほうがいいねえ。一時間半これだと飽きるし、なんか詰めすぎで言葉足らずになっている。と思うのはビデオ版全巻を見ているからだろう。
館内は若者ばかりで、おそらく私が一番年だろう。そういう年になったのだな。

三猫のおひな様をまだ片付けていない。

昨日の東スポの記事に、東国原氏の歌舞伎町再生に関する記事が載っていた。
いいと思う。
昨夜、『豚小屋』リーディング、無事終了いたしました。三十名のお客様、ありがとうございました。お客さんの前で台詞を声にして出すのを聞いて、今後本公演に向けて実に参考になりました。

座・高円寺の地下稽古場は、シェルターのようで実にたのもしく、安心だ。この日は終日稽古場では、まったく揺れを感じなかった。
一階の劇場では、らっぱ屋が千秋楽を迎えていた。
いろいろ困難な状況下でよく公演されたと、労いたい。
鈴木聡さんに一言声をかけたかったが、行き違ってしまった。
私どもは近くの焼肉屋で、軽い打ち上げのようなものをしていたのだが、店員が少ないせいか、メニューが出てくるのが、遅いったらありゃしない、二時間経っても出てこない肉麺を確認したら、玉子がないんで、できないってことだが、いっとう最初にだし巻き玉子出てきたぞ。これでなくなっちゃったってことか。まあ、いろいろ混乱しているのだな、文句じゃないからね。

さて、来週は世田谷で戯曲、モノローグのリーディング・ワークショップを行う。これは初めての試みであり、お客さんは入れないでやる。どうなるのかねやってみないとわからない。
そのためのテキストを書いている。これが次の新作として結実していくことを、自分のことながら、望む。

一番おてんば娘の睦が、実はいっとう揺れにストレスを覚えているようで、もうくっついて離れようとしない。
午後よりリーディングの稽古。
キャスト集まり、初めて読む。明日のリーディングはお客さんにスタートに立ち会ってもらうという意味合いでもある。
明日、計画停電による電車の混乱がないことを望む。
上演時間一時間。私のパゾリーニ講義も少しやります。なので、早く帰れます。
若干席まだあります。来てください。
それにしても原発がどうにか解決をみないと落ち着かない。
どことなく、みなさん、地震疲れというか、被災疲れというか。

三猫たちはそれぞれ避難場所を決めている。大きめのがくると、すわっとそこに隠れる。小夏は文机の下、睦は本棚の裏、愛は書斎の机の下。おさまると、こわかったよおと、すりすりしてくる。
こんなことが思い出話として笑って話せる日々よ、早く来い。物事には必ず終わりがあるものだから、必ず来るのだろうが。

それにしてもこんな時にゾンビ映画なんぞ、見るものではない。
あの日、見てる最中に身内からおかしな電話があり、さらにすぐに海江田の大停電予告会見があり、一気に心拍数が上がって、具合悪くなった。卒業式の前日でもう京都には行けないと決意したのだが、行ったのだった。
21日、「豚小屋」のリーディングやります。
被災から一週間経った。もう怯えて引きこもっている時期ではない。こういう時こそ演劇は必要とされるはずだ。そうでないのなら、演劇人である意味がどこにあるというのだろうか。
スーパー、コンビニで食料買い占めてるのは、どうなんだろう。もっと普通に暮らせ、普通に。もっとひどい災害時に遭遇することだって、これからあるだろうに、東京の、この程度のことで、どうする。
いよいよ明日夜10時、WOWOWでドキュメンタリー「第三エロチカ、新宿に散る!」が、予定通りなら放映される。

それにしても、これから、日本人の不屈の底力の作動だ。
助け合い、落ち着いていこう!!
昨日は家にいた。トイレの最中であった。自分の身の安全と猫たちの安全保護の狭間でパニックに陥った。とにかく猫たちをケージに確保した。みな極度に怯えており、おとなしく従った。その頃第二波がきた。三個のケージを抱えて外に出ようとしたが、止めてトイレに置き、外に出ると世界が揺れている。
今日は今、飛び出した本の山に囲まれて呆然としている。
仙台出身の伊沢、中村の心痛は計り知れない。