公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
なんか世間は休みが少ないなあ。もう仕事始めですか。
みんな、もっと休もうよ。
って私も今日から書き物始めてるが。この仕事は休みと休みじゃない境がわからないのですよ。
それにしても三が日暖かくて助かった。
ひしひしと時代の変化を感じる新年だ。
資本主義はもとより、不変の絶対はない。
なんかさっきぼんやり書いていたけど、今年は『ハイ・ヌーン/マスクマン』、『愛情の内乱』、『荒野のリア』ツアーと三公演もやったんだなあ。
元気なもんだね。
健康、皆様、三猫に感謝。

IMG_4528.JPG
いやはやなんと昨日今日と二日間芝居を見た。
昨日は新宿フェイスで末原たくまの芝居。今日は王子で岡田あがさが出ている『楽屋』。
保護者気分で二本見た。
ふたりとも元気でなによりだ。
昨日は観劇後久しぶりに夜の歌舞伎町をぶらぶらして楽しかったな。
久米宏氏のラジオ番組に伊集院光氏が出ていて面白かった。
ロールプレーイングゲームにおいてそのゲームの達人ばかりが集まってしまって初心者が入れなくなったゲームはすぐに廃れるという。
本の話題をする番組において出演者全員が取り上げる本を読んでいるトークは未読の人を自然に排除してつまらないものになるという。ここまでは伊集院氏の話なのだが、これは芝居の公演にもつながる。
ファンというのはありがたい。しかし熱狂的なファンばかりが劇場を埋めてしまう団体はいずれ廃れるというのが私の実感だ。
初めて見る方、そこそこのファンでたまに見に来る方を迎える隙間やら余白を持っていたいとつくづく思う。熱狂的なファンはそうでない人々を劇場で排除してしまう。自分たちの聖域に半端な者たちは来るなというわけだ。
もう一度言う。ファンはありがたい。ありがとう!が、熱狂的なファンは創り手の冒険と新思考には恐ろしく不寛容だ。ファンではない観客への余白を抱えた舞台をやっていきたい。
劇団をやめた訳もここいらにある。
桐朋学園短期大学の昨日の授業で『AOI』のdvdを見せたところ、女子たち多いに怖がって大受けだったなあ。
うれしいよ。
吉祥寺で焼き鳥食べて帰ったら家のものがインフルで寝込んでいた。
新宿三丁目の雑遊が十周年を記念して来年お正月、上映会、イベントなどをやるということです。
私どもの『路上』シリーズが1、2、3が新年1月5、6、7日と三日間にわたり上映されます。あと色々あるので雑遊で検索されたし。
桐朋短期大学から集中講義を依頼されて先週今週と演出論をやっている。12月の二週間、日芸、桐朋、京造と大学漂流である。
今日は夜、劇作家協会の新人賞の公開審査。なんで毎年日曜日の夜なんだと多少ぶつぶつ言いつつ高円寺に向かう予定。今度の金曜日にやっともろもろ終わる。早く活字のほうに行きたい。
ニューヨークからメールが届く。
さあて色々やることありだが、どうも頭働かず。
とか言ってたら地震で新幹線遅延に遭う。
旅の終わりとか言っといて今日また京都来てるよ。旅人だよ。