公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
キャストも続々と決まっていっています。
近日発表できるでしょう。
ご期待ください。
2020-12-02 18:41 この記事だけ表示
TCrossroad短編戯曲祭に向けての決定稿が次々と送られてきた。
玉石混交、どうなるのか私にもまだわからない。楽しみだ。
このフェスのミソ、要は短編戯曲祭であること。短編演劇祭ではない。
しかし絡むわけじゃないが、ただ短編演劇とは何だ?劇作家が演劇作家と呼ばれる時に似た違和感がある。
2020-12-02 17:58 この記事だけ表示
そうそう、今回の『2020年5月』の続きが、『路上5』になるわけです。
入院した伊東潤が笠木誠になって戻ってくる。
勝也さんから借りた本を返しに。潤が借りたのは『戦争と平和』だが、『路上5』では北方謙三になってる。
アパートでは勝也さん扮する村上が倒れていて、さてなんだ?というわけ。
ただいま見逃し配信中!
2020-11-24 16:22 この記事だけ表示
新作短編戯曲『2020年3月』、『2020年4月』、『2020年5月』のリーディング上演、川村、赤澤氏、川口氏によるトーク、無事終了いたしました。
観客のみなさんの高揚した表情、笑顔が本当にうれしかった。
私自身がそうなのだが、本当にみなさん、劇場に来られることの幸福をかみしめられているような気もしてやってよかった。
小林勝也さん、さすがですよ。
二月の短編戯曲祭で演出をする三名によるトークにおいては、さりげなく重要なことが語られた。
短編戯曲は長編戯曲を凝縮したものではない、などなど。
私はユリイカの別役実追悼特集号が頭に残っていて、短編戯曲があまり書かれなくなったのは、文学性と演劇性の違いが論じられだしてからではないか、などと語り、それは別役氏の安部公房氏の『友達』批判が念頭にあってのことなのだが、言葉足らずで終わった。
今回の新作三本の語りは、ほとんど私=川村のぼやきなのではと赤澤氏より指摘され、確かにそうなのだが、その時さらなる説明をし忘れた。
確かに私の考えたことでもあるのだが、多くの人々のぼやきのパッチワークである。
自粛中の街角、飲み屋でふと耳にしたつぶやき、近所のサウナ室で聞こえてくるおやじたちの会話などだ。
「ジョギングしているやつらマスクしないでハーハーせまってくるんじゃねえよ」
とサウナの常連のおやじどもは大声でしゃべっていたのである。
2020-11-24 13:33 この記事だけ表示
稽古無事終わる。
バカなことみたいな言い方ですが、おもしろいですよ、これ。
2020-11-22 20:06 この記事だけ表示
稽古、場当たり、ゲネ、本番という、我慢もしてないが、無謀でもない三連休です。
2020-11-22 12:33 この記事だけ表示
かねてより予告編していた、次代の劇作家を育てるオンラインサロン、ドラマ・ファクトリーの開講準備が整い、参加募集している。
いよいよだ。
みなさん、どしどし。
詳細は以下から。

2020-11-20 18:42 この記事だけ表示
23日が近づいてまいりました。
リーディング、トーク含めて1時間20分ぐらいですかね。
それにしても10月の最初の集まりでは、まあなんとか大丈夫なんじゃないかってな空気だったのが、この早い第三波だ。
2月の状況も知れたものではなくなった。
2020-11-20 11:59 この記事だけ表示
きてるねえ、感染者数。
「我慢の三連休」かよ。
ご来場をお待ちしております、とも安易にいえなくなっているが、兎にも角にも23日、吉祥寺シアターでリーディングやります。
2020-11-19 18:37 この記事だけ表示
と『ノート』について前回書いたら、私はきちんと評価した!という声を多数いただき、そうでした、みなさん、失礼しました。今後ともよろしくお願いします。
やっと親知らず抜きの顔の腫れはひいたが、寒暖差アレルギーで、くしゃみ鼻水ひどし。
第三波が来ました。やはり立場上、会食は控えなければならない。
2020-11-16 12:15 この記事だけ表示