公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
公演無事終わりました。
観客の皆様、キャスト、スタッフの皆様、吉祥寺シアターの皆様、吉祥寺の飲食店の皆様、ありがとうございました。

わたくし、ただいま草臥れております。
例年通り、この季節、気圧のせいで顔が腫れている。わたくしに会った方、顔色悪いわたくしを見て、病気ですか?とか、酒焼けですか?とか聞くなよ。

『ズートピア』と『レベナント』と『ヘイル、シーザー!』見に行こうっと。
いよいよ皆さん快調。疲れなし。

今日はマチネー終わりなので『レベナント』見ようかと映画館前まで行くが、上映時間二時間45分と知ってめげる。長過ぎる。アメリカ映画長過ぎる!90分で見せろ、90分で!
いい天気だ。芝居も快調。三猫元気。
無事幕が開いた。いい出来でした。
昼間の稽古後、蜷川さん逝去の報が入り、なんとも忘れられない2016年5月12日になりそうだ。
左側にある通り、戯曲集が発売されます。
『生きると生きないのあいだ』、『ドラマ・ドクター』、『愛情の内乱』の
豪華三本立て。
書店に先行して公演中、劇場ロビーで販売いたします。
劇場に私がいる日は(概ねおりますが)、直接サインさせていただきます。
サインいらない場合は「サインいらない」とおっしゃってください。
ゲネプロ終了。ばっしばし演技が打ち合い、響き合っている。明かりも音も共鳴している。なんともはや…
稽古場、最終日。さすが大女優!
通し稽古快調。息子たちも快調。

稽古場へは茅場町駅から歩いている。霊岸橋から見える日本橋水門の佇まい、川のさざ波の風情が好きだ。さらに湊橋を渡って稽古場にたどり着く。この行程が微かに残る江戸の情緒を感じさせる。

行き帰りの電車では深作映画『北陸代理戦争』と現実のやくざ抗争の関連を描いたドキュメント『映画の奈落』を読んでいて、これがまた超弩級の面白さだ。
今日の通し稽古はいい出来でした。
初の通し稽古。まだまだいける。まだまだ。