公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
終わった。素晴らしい舞台だった。
みんな、ありがとう。
快調に飛ばしている。明日はもう千秋楽だ。
場当たりの最中、立川談志逝去の報。そうかリーディングの日すでに亡くなられていたのか…
『4』、リーディング、無事終了。関係者の皆さん、観客の皆さん、ありがとうございます。
さて、今は日芸の『ニッポン・ウオーズ』小屋入り。
公演は、今週の金曜土曜日曜。おもいろいですよ。無料ですよ。

わたくし、いよいよ寒冷アレルギー。
快晴ですな。新作リーディング、今日やります。500円で中味濃いと思うよ。ー
リーディングが来週月曜日に迫った。顔合わせ兼一回目の読み合わせは、実に充実したものとなった。
手塚さん、鋼太郎さんの掛け合いも見ものだ。
月曜はいざ世田谷トラムシアターへ。
これは授業、授業と自分に言い聞かせて気をつけようとしているのだが、『ニッポン・ウオーズ』となると、自然と血が騒いで気が入ってしまう。

また中村光夫の話になるが、『妄想』は関東大震災の当日の東京が描かれていて、今や他人事としては、読めない。火災が凄かったということが、理解できる。

テレビドラマはまず見ないのだがw、長谷川博己さんが出ているので、『家政婦のミタ』、けっこう見ている。第一回目は、なんだこのドラマは、とあきれたが、妙に気になってしまう。制作サイドの術中にはまったな。
長谷川、上手くなったねえ。こういう役柄、ピッタリになってきたな。なんか最近、若い頃のアンソニー・パーキンスに似てきた。確かアンソニーも『死んでもいい』という映画で年上との恋をやっていた。
すると、長谷川のこれからは、『サイコ』の、あのアンソニー・パーキンスということか。
みなしゃん、『路上』年末だったよなあとか言ってると、あっという間に年末で、あれ終わってたてなことになるよ。チケットはお早めにねっ。
今は京都。昨日は神馬で、さえずり、くえ、いくらくらげ食べて、すぐ寝た。
今日は元気だ。午前中の授業は快調だった。何をやってるかって?一年かけてスタニスラフスキー『俳優の仕事』を読みとおすってのよ。口に出して読む、トルツォフのセリフは全部おれが読む、演じるってやつよ。午後からニッポン・ウォーズの稽古。
前日の木曜の授業はいろいろな戯曲のリーディング。アラバール、ピランデッロやって今は唐十郎。
こういうことやってんですよ、大学では、私は。昔の私の悪童ぶりしか知らない連中、まいったか、これが学科長の授業ってやつよ、てやんでえ。

明日は江古田で日芸のニッポン・ウォーズ。
まったく違うふたつのニッポン・ウォーズ。
まさかこういうことになるとは、当時23歳の私は知るよしもなく、酒かっくらって夜中の新宿歩いてたよなあ。
日曜日はコミュニケーション入試合格者の開校式のため、京都へ。朝の東京駅は団体の観光客であふれていて、京都に着いて丸太町通りを上がると時代祭の行列で、混雑ぶりの合点がいった。東京人は京都が好きだね。
で、開校式やって、卒業制作の舞台見て、すぐに帰京。車内でipadで『アンノウン』を見る。
ipadで最近、新幹線の行き帰りによく映画を見る。こういう状況に見合った映画を選んでダウンロードする。『アジャストメント』、『デジャヴ』、『ノーカントリー』なんかぴったりだったな。
もっとも三月地震の不安おさまらない時期、卒業式に行く折りに見ようとしたロバート・ロドリゲスの『マチェーテ』にはまいった。いきなり冒頭での大鉈で首を切り落とす、しかも大量殺戮のシーンに、顔面蒼白。いったん映画を止めて見るのをやめようかと思った。結局見たけど。

で、その足で中野で来年のための打ち合わせ。
で、昨日は午前中から江古田で戯曲のゼミ、所沢で戯曲授業、江古田に戻って『ニッポン・ウォーズ』の稽古。途中西武線で人身事故などあって電車止まりなど、さらに稽古前に食べたスパゲッティの量が多く、稽古中胸焼けひどく、吐き気などもして、脂汗たっらたら。
そういうわけで、ぐったりくたびれて、帰って何も食わず飲まず、とっとと寝た。

まあ、そうしたわけで11月に日芸、1月に京都で『ニッポン・ウォーズ』が上演される。上演時にはお互い他校の上演を見合うという交流会も企画されている。おもしろいねえ。

30代、40代の時には、この戯曲をやるのは、なんか気が進まなかった。恥ずかしかったのだ。
だが、今はまったくそういう感情がない。他人の書いたものを演出しているような気分だ。
月日のマジックというものだろう。愚かなことに自作に感心したりしている。