公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
来日したピーター・エッカサールと飲む。地震、津波、原発のことなどを話す。でも日本の演劇人は老いも若きも元気だと、私、語る。昨日までの劇王の余韻も残っているせいだろう。ピーターは感心した顔つきをしていた。
そう、東京に住んでいる限り、きっちり死ぬ覚悟と生き残った時の覚悟をしておけば、それでいい。あとはもうぐだぐだ考えずに日々前向きに生きればいい。
ピーターも元気で、焼酎けっこうやってたな。何よりだ。
土日の二日間、劇王にゲスト審査員として付き合ったが、えらく楽しく、感心してしまった。作り手、観客、公共劇場が見事に連携、共生していて、劇と公共の理想の一モデルになっているのではないかと思った。観客層はまさに老若男女で、こうした環境を作り上げてきた東海の演劇人は素晴らしい。
東京、大阪、京都では感じられない独特の空気感が有効に機能している。
佃典彦氏の無存在的存在感が良く、北村想氏が物静かに存在を消して裏方に徹せられている姿には感銘を受けた。
そう、ここには変な威張り方をする人間がひとりもおらず、それが九年間続いた成功の基とも思われる。
気持ちのいいイベントだった。
ミソカツ、えびふりゃー食べ過ぎて、帰りの新幹線では胸焼けで苦しかったけど。
『騙り。』の原作戯曲読み合わせを日曜にやり、ただいま演出プラン熟考中。
私がずっと書斎にいるもんだから、睦も書斎から出やしない。

まあ、この間『J・エドガー』を見たりしてましたが。面白かったですが、傲慢言わせて頂くと、監督、『グラン・トリノ』でいったん打ち止めにして、その後寡作になってもよかったとも思うが、年が年だから生きてるうちに撮れるだけ撮ろうってことか。

ところで長谷川博己、エバーなんたら賞とか取ったってんで、お祝いの電話したら、相変わらず飄々としてた。大物だよな、こいつ。おっと人気者にこいつとか言っちまったい。ごめん、世間。

たまたまテレビで見たロバートのコントに大爆笑した。面白いねえ、この方々。
さあて明日は名古屋で劇王の審査だ。久しぶりの名古屋、楽しみだ!
寒さに元来弱く、例年通り背中は寒冷湿疹でかゆかゆなのだが、この寒さ、1月からずっとなんで慣れてきたな。
いよいよ『騙り。』の本格的な準備にとりかかっております。
『4』の決定稿にも取り組んでおります。
大学の採点業務もやっと一段落いたしました。
『ラスト・フランケンシュタイン』が思いの外よかったので、映画に自信が復活してきています。完成当時は撮影時の困難とか、あれできなかったなあとか、あいつ頭にくるとか、けっこういろいろ邪念が生じてプレーンな気持ちで見られないもんなんだよな。
うむ、二月にしてはけっこう精神状態いいぞ。

芸術新潮がベン・シャーンの特集やっていて、この画家がなつかしいのは、1970年私が初めて行った展覧会だからなのですよ。で、当時のカタログ探したらすぐに見つかった。当時感動して見た絵です。そうしたらその夜、夢に亡くなった祖父が現れた。この祖父は田端の自宅からいろいろな展覧会を見に上野へと連れて行ってくれた人だからね。久しぶりに現れたんですね。
会議をふたつやって、一乗寺ラーメン街道の飲み屋へ。打ち上げを千秋楽に出られなかったので、この日にやってくれたのだ。後日の打ち上げってのは、なかなか集まらないものだが、学生いっぱい来ていた。それからワイワイ飲んだのだが、なんか珍しく楽しかったぞ、おめーたち。
無事終わった。今回は制作部を誉める。2ステージトモ満席で新聞仕立てのパンフレットも面白い。しかもしっかりした文章を書いている。
それにしてもやはり連泊はくたびれるな。
帰京すると東京のほうが全然寒い。『ラスト・フランケンシュタイン』、いつ見に行こうかなあ。
京都はしとしと雨。でもずっと乾燥しっぱなしだったので、気持ちがいい。
たった今通し稽古終了。六時半より本番。
稽古の出来はすこぶるよかったが、さて、本番は…
授業公演って、音がちゃんと出るかとか、マイクちゃんと入るかとか、そういう類のことでけっこうドキドキするんだよなあ。今回もドキドキしながら見るんだろうなあ。
今日京都入り。『ニッポン・ウォーズ』の稽古。このエネルギーの出し方は初期の第三エロチカに似ている。明日いっそう鞭打つ。ガンガンいかせる。上手いも下手もどうでもよろしい。こうして生きている、ということが表現できれば成功なのだ。
今月20,21日、いよいよ京都で『ニッポン・ウオーズ』の授業発表公演が行なわれる。
金曜日には日芸から藤崎先生が来て稽古を見学した。日芸とはまた違うテイストの仕上がりに面白がられていた。
だが、まだ仕上がってはいない。一部の学生の演技はまだへろへろだ。必死に稽古するしかない。もう私に頼る時期ではない。

その夜は神馬で、おでん、さえずり、のど黒などをやり、次にサンボアでウイスキー。
パゾリーニ戯曲第二弾は来年4月座・高円寺で上演される。いろいろ研究続けているのだが、今回パゾリーニ、ボローニャ大学時代の卒論にジョルジョ・モランディを取り上げていると知って軽く興奮した。両者ともロベルト・ロンギに縁があるから、もしやと推測はしていたのが、当たった。モランディはミラノに行った時に訪れたブレラ絵画館で実物を見て以来ますます興味を持っていたのだった。
パゾリーニ研究は飽きない。ロンギを始めとしてジョルジョ・バッサーニ、アッティーリオ・ベルトリッチ、モランディ絡みでアルカンジェリと興味深い登場人物が絶えない。
いよいよ遂にジョルジョ・アガンベンにまで蔓は伸びていく。