公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
衣装を着ての最終稽古。明日小屋入り。やっとビジュアルの全体像が見られる。楽しみだわい。見なきゃソンソン。
稽古休みで今季初めての授業。
授業を終えて手塚さんとばったり会い、祇園での事故を知る。なんで手塚さんが京都にいるんだって?
6時から『騙り。』京都公演のためのプレイベント、トークショーがあるからなのです。
で、パゾリーニ・ルネサンスの仕掛人であり、日本チャップリン協会の会長大野裕之さんと三人でパゾリーニを語ったわけ。大野さんって面白いねえ。
日帰り。明日からまた稽古。
やっております。パゾリーニ初参加の谷部央年氏、真那胡敬二氏、蘭妖子さん、パゾリーニ化しております。思うにパゾリーニ戯曲は一度発語されると決して難解なものではない。
現代人の逃れようのない悲しみがドライにして優しい視線で語られる。この悲しみが手塚とおる氏に乗り移りつつある。
昨日はイタリア人のカティアさんが見学に来て、稽古終了後、カティアさんの故郷レチェ出身のカルメロ・ベーネのことなど話す。ベーネはパゾリーニの『アポロンの地獄』でクレオン役で出ている。
順調に進んでおります。決してやさしい戯曲ではないが、あえて世間に訴えたい。わかりやすいドラマばかりを見ていてどうする。柔らかいハンバーグばかりを食べていると顎の力が退化し、噛む力が無くなる。
世間はわかりやすさばかりを求め、思考力を無くし、幼稚化する。
私たちが60年代70年代に学ぶべきものとは、当時普通にばっこしていた難解さだ。
そういうわけで、難解さに果敢に取り組んでいる『騙り。』の出演者の皆さんには頭が下がる。
ご趣味は?と聞かれるとイタリア語と答えています。数年前ミラノから帰国してから、ラジオ講座でかなり真剣に勉強したものの、数年ほっといたらきれいに忘れてしまいました。そこで去年からまたラジオを聞き出しているのですが、触れているのが楽しく、覚えようという努力をはなから放棄しているという勉強の仕方です。ですからいっこうにしゃべれず、勉強とも呼べないかも知れない、でもいいの、趣味だから。
てなわけで新年度もまたイタリア語ラジオ講座を聞こうとテキストを買ったら、新年度の講師が大崎さやのさんだったのでびっくり。大崎さんは『豚小屋』の翻訳者なのです。
そういうわけで、ますますやる気になってるわけ、イタリア語。
なんかつくづくパゾリーニとの縁も感じる。
読み合わせ二日目。面白いですよ、これ。
『騙り。』の稽古本格始動。雨の高円寺。帰途、荻窪邪宗門で一服。
明日は柊アリスが世紀のくるくるを披露する。熱いぜ。
『騙り。』の上演台本を完成させた頃、知り合いの映画プロデューサーからテレビドラマの出演を依頼され、最近俳優から離れているし、映像の演技の生理は舞台とはかなり違うものだから、自信がないと断ろうとしたのだが、撮影は都内で一日で済む程度のものだからというのを信じて引き受けた。
『騙り。』の稽古にはまだ間があるから、スケジュール的には大丈夫でもあった。
脚本をもらったら、けっこう台詞、しかも長いのがあるので、一気に緊張した。
大泉撮影所で顔合わせ、読み合わせをして、今週の水曜日茨城ロケ。この撮影がシリーズの第一話で、現場で脚本家が第二話の脚本をせっせと書いている。
その脚本が今送信されてきて、来週の撮影である。
まあ、案の定一日では済まされなかったわけだ。
ひさしぶりの撮影現場の空気は楽しいが、私はここでは俳優であり、台詞をとちったり、じっとり手のひらに汗をかいたりして、情けないことこの上ない。しかし次第に生理が戻ってくるのがわかった。なんとかやりましたよ。
撮影の鈴木さんが、なんとわが『ラスト・フランケンシュタイン』の撮影チームのセカンドをやっていた人と聞いて感慨しきり、というか、何かがまた俺を呼んでるぜと思った次第。

で、翌日は宇野亞喜良さんの麻布十番の事務所で、『騙り。』の衣装デザインの打ち合わせ。
宇野さんと、舞台のことから離れて映画のこと、美術のこと、人形のことなどを話し込んでしまった。宇野さんと話していると本当に楽しい。

そういうわけで、また決して少なくはない台詞量を覚えなければならないのだが、土日は完全オフでいようと思う。
3.11。テレビの映像は見たくない。まだ何も終わっていないのだから。あの日を忘れるなどころではない。忘れられなくて苦しんでいる人が多いのではないか。
明日はラジオを聴いて過ごし、天気がよければ、お雛様を片付けようか。
そういえば、一年前の3.11も、お雛様をまだ片付けていなくて、五人囃しの数名首が落ちてしまったり、ぽんぽりが倒れたりしたが、壇は崩れることなくがんばった。
とにかく52歳、俳優の部分のみならず、人生の新人のような気持ちでがんばらずに、がんばる。
猫たちとともに。
パゾリーニ戯曲上演第二弾『騙り。』のチケットがいよいよ発売される。
前の『豚小屋』は同名の映画と姉妹の関係にあったが、『騙り。』の血縁関係にあるのはオイディプスの映画化の『アポロンの地獄』だ。
父と息子の関係、同性愛、キリスト教、戦争。
21世紀においても十分アクチュアルな事柄が詰まっている。
いやはやおもしろい戯曲だ。
これを様々な演劇言語を用いて蘇らせようと思う。
今週の金土日、文学座アトリエで『大市民』が上演される。
小林勝也演出の文学座附属研究所51期昼間部卒業発表会である。
あの久米大作氏の名曲の数々も聞けるのである。
楽しみだ。
見に行こうっと。