公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
しっかしオリンピック柔道、全員青旗だったのが、ちょろちょろってしゃべって白旗になっちゃったってコントだな、これ。主審が有効とって勝ってたところ、取り消させたジュリーがまさかみんな青旗上げるとは思わなくてあせったんだろうな。ジュリー、三人になんて言ったんだろね。「言うこときかねえと、おめえたちの悪行、かーちゃんにいいつけるぞ」とか言ったのだろうか。

ラジオを聴いていたら、宇梶剛士氏が出てきて、よくこの業界で50歳まで生き延びてきたと語っていた。
そうであろうなあ、と感じ入った。
俳優として認知され、生き延びていくのには、筆舌に尽くしがたい苦労と努力があると思う。
まず俳優として認められるのが大変だ。
フリーター、俳優志望、自称俳優、劇団員から俳優と呼ばれるまでのハードルは高い。続けていくのはさらに難しい。劇団員であり続けるのと、俳優を続けることは違う。
何が必要なのか。技量、人気はもちろんのこと、重要なのは社会性だ。
劇団員とは、劇団という小社会でしか通用しない俳優らしきことをやっている人々のことを指す。強烈な個性と演技理念、メソッドを持つ劇団主催者のもとにいた「俳優」は退団後なかなか俳優になれない。教祖の洗脳がすぐには解けないのだ。一生解けなかったりもする。
社会性の重要さを大学で俳優志望者に教え諭そうとするが、不可能である。社会に出ていない者たちに社会性を教えようとしても無駄なことだ。社会に出るのが怖いとつぶやく者もいる。オハナシにならない。
確かに「50歳。職業俳優」とは至難の技だ。
昨日は恒例のパゾリーニ戯曲のオリジナルをリーディングする、つまり第一回目の顔合わせを行った。
『豚小屋』、『騙り。』でも、本稽古に入る前にこうしたことをやった。『文体の獣』というこの戯曲もまたまた厄介なもので、こんなわがままな戯曲書きやがって、とたまに頭にくるが、誰に頼まれたわけでもなく、自分の企画だから、誰彼に怒りをぶつけるというわけにはいかない。

ところで、家の庭に蛙が棲んでいるらしい。大きいのが最低二匹いて、他に小さいのもぴょんぴょんやっている。池があるわけでもないのに、どこで育っているのか謎だ。どなたかこの生態を知っている方、いないだろうか。
毎年、庭から路上に出てしまった一匹がたいてい車に轢かれてしまうのだ。そのときの無念といったらなく、今年は夜、路上に下りていないか点検している。
この蛙、路上に下りてしまうとなかなか自力で庭に戻る段を上がれないようなのだ。
それで、夜、今年はこれまでに幾度か路上に下りた蛙を庭に戻している。
そのせいか、まだつぶされた蛙の姿を見ることはない。
彼らは夜行性で、活動は夜である。私は災害時用に買った、ヘルメットに装着するゴムベルトつきライトを直に額に装填し、蛙救助用のちりとり片手に、あるときはまさしく深夜、庭と家の周囲の路上をまわるのである。これが私のこの夏のミッションである。
『文体の獣』の台本作り。昨日、すべての授業が終わり、恒例の真夏の執筆だ。
ところで、『黒い報告書』が好評8月5日に再放送決定ということだ。よかったなあ。
タモリの27時間テレビ、けっこうな割合でつきあってしまった。やはり、さんま、たけしが出てくるとおもしろいねえ。
イラつく言葉。
「川村さんの今年のベスト1舞台は?」
誰に聞いてんだ。馬鹿か!
芝居屋なんぞ自分が一番と常に思ってる存在に決まってるだろが。
「大学忙しくて、新作創るの大変でしょ」
馬鹿か!創ってんだろが。

京都で以前常連だったバーにはもうめっきりいかなくなった。
店の人が私のことを、
「この人は蜷川さんと同じ仕事をしていて」
とか紹介するのが、妙にイラつくからなのだ。
まあ、それだけじゃないんだけどね、とにかく、京都のバー事情、私は今フリー、探している。
いやはや、これより真夏の仕事に向けて、読まねばならない資料が山積みになっている。
パゾリーニとセルバンテスとシェイクスピアが、遠路はるばる、ご丁寧にもわが書斎に集ってきてくれて、わいわいがやがや、飲み、食べ、歌い、議論し、やかましくて仕方ない。
暑い夏になるな、これは。
ニューヨークからインターネット会議をやりたいのでスカイプを設置せよというので、せっせとアイパッドにダウンロードした。
それで半信半疑でいたところ、京都のホテルでの夜、見事ニューヨークの二ヶ所参加のミーティングができた。いやはやなんという技術の進歩だろうか!
そこで久しぶりにジョン・ジェスランと会話した。
世界はほんと近い!
『文体の獣』の二日間にわたるオーディションが終わった。今回は本当に初めての方が多かった。応募しておいて来ないという方もひとりしかおらず、実り多きものとなった。

ところで先週の伊沢の結婚式での司会者の間違いを正しておこうと思う。
「第三エロチカは、惜しくも解散し、現在はティーファクトリーという劇団を…」
は、まずティーファクトリーは劇団ではないし、別に解散は惜しくもない。
「新婦は第三エロチカの『東京グランギニョル』に参加し…」
は『グラン・ギニョル』が゜正しい。
「新婦は新郎が出演していた海外公演にも、こっそり追いかけ…」
は、全然「こっそり」ではありませんでした。堂々とやってきて、空港へのお迎えが遅いと伊沢をぶーぶー怒ってました。
そういうこと、文句じゃないのよ、司会の方、絶妙の仕切りでした。お疲れ様でした。
唐十郎氏の事故のことを昨日知った。気分がざわざわする。近年氏は何回か転倒することがあったようだ。早い回復を望みます。実は今月の半ば氏と明治大学で対談することになっている。あと少しして連絡してみようと思う。今はご迷惑であろう。
オープン・キャンパスのために京都に連泊。
昨夜は平安神宮で行われた薪能を見ることができた。開演前にやや大粒の雨が降り出し、一瞬危ぶまれたが、すぐに止み、いやはや絶好の気候であった。演目は安宅、二人静、柑子、碇潜。大学で教えられている茂山良暢氏、河村博重先生も出演されており、後半は雲も去って月が煌々と輝き、まさに夢現、ぼんやりと夜の空気のなか、陶然とした気分を堪能した。
多数のオーディション応募あり。
私は原作戯曲と格闘中。いつものことながら、さてどうやろうかと、しばし呆然とさせられる戯曲である。