公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『シン・ゴジラ』を見に新宿に出るのに西武線に乗ってると急行電車が不意に止まる。停電だとアナウンスがあっておよそ40分閉じ込められた。電車はやっと中井駅まで動いた。
ったく、これは俺にゴジラを見るなということか。
ベイスターズがファイルシーズンに勝ち進んだ。
『荒野のリア』の大千秋楽は横浜だ。
横浜が燃えている。
さあ、横浜へ横浜へ!
ドラマの終わらせ方は難しい。『ダウントン・アビー』ファイナルシーズンの最終回は見事にご都合のハッピーエンドだった。不幸せな人間はとりあえずひとりとしていない。
まあこれが一番らしいと言えばらしいが、物足りない。こうした時代だからハッピーエンドを短絡的に批判はできないが、明らかに深みは消えた。
登場人物たちのこれまでの痛みがこれで帳消しになるはずもない。
元第三エロチカの劇団員だった野並哲郎が奥さんとともに現れる。真っ当に生きてるようで実にうれしい。
長久手の皆々様、佃くん、ありがとう!
味噌カツ弁当つまみながら。

さて今日はベイスターズがジャイアンツを完膚なきまでに叩きのめす様を見よう。
『ダウントン・アビー』は最終回だし、火曜日はW杯予選対オーストラリアだし、色々忙しい。
『シン ゴジラ』をまだ見れていない。
無事幕が開き、無事終わりました。京都と違ってプロセニアムの空間で、これはこれで全体の構図が鮮明に見え、私としては新鮮だった。久しぶりの愛知県公演、またやりたいものです。今度は少し名古屋グルメを摂れる時間を持って。さて、いよいよ 来週は最後の地、神奈川、横浜です。
大千秋楽が待っている!
京都で授業やって名古屋駅から長久手入り。仕込み完了。久しぶりの愛知県。いろいろグルメりたいところが…
昨夜日本勝ったものの、指揮官への不信は払拭できず。
今夜は早めに風呂を浴び、日本対イラク戦に備える。小夏、愛、睦も万全の備えである。
シェイクスピアの史劇、薔薇戦争の周辺を読み続ける日々。
愛する三猫に日常が戻る。
両日満席、盛況で幕が下りました。旧知の皆さんとの再会もあり、なんだか人生いろいろの感慨ありの京都公演だった。
無事幕が開きました。翻訳の松岡和子さんに来ていただき、アフタートーク。中日打ち上げ。