公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
1500人超えか。
明後日の稽古初日は予定通りのつもりだが、さて明日の緊急事態宣言は如何なるものとして発出されるか。
2021-01-06 16:47 この記事だけ表示
と、ほらね、威勢がいいこと言ってるそばから緊急事態宣言発出の可能性ざんしょ。
こういうことです。
いろいろな選択肢を考えなければ。
2021-01-02 19:32 この記事だけ表示
みなさま、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
2021年、ジャンジャンバリバリいく所存です。
ジャンジャンバリバリ!いいねえ、ジャンジャンバリバリ。
昨年にできなくなった公演はもちろんのこと、多くの新作上演を予定、準備しております。
ご期待ください。
さらに劇作家育成のためのオンライン・サロン、ドラマ・ファクトリーもいよいよ開講いたします。
今年は自分だけのみならず、鬱積していたエネルギーが各所各方面で爆発する、どうにもとまらない年になるでしょう。
2021-01-02 11:43 この記事だけ表示
大学の講義が今日で年内仕事納めになった。
オンライン授業である。学生のみなさん、本当にお疲れ様でした。
来年まだちょっとあるけど。

講義は終わったが、これから年末、台詞の荒野へと向かう。
短編戯曲祭のキャストがティーファクトリーのHPに発表されております。
ご覧ください。豪華キャスト!

それにつけても、とんでもない一年でした。
今年の二月,『クリシェ』の本番最中の楽屋で武漢でのウィルスが話題になり、伊東潤が「だいじょぶだよ」
と言っていたのが、夢の向こうのことのようだ。
いろんな人と今月久々に一献と言っていたのが、すべておじゃんになった。
というか、もう考えなしに人を誘うことができなくなった。
まだまだとんでもなさが続くわけだが、他人に頑張ろうなどと言える器量でもないので、粛々と生きましょうとしか言えない。
『2020年12月』という短編戯曲を書こうと計画しています。
2020-12-25 16:30 この記事だけ表示

https://kawamura.etcetc.jp/


このアドレスでオンラインサロン、ドラマ・ファクトリーの予告が見られます。

皆さま、是非ご覧ください。

2020-12-23 21:17 この記事だけ表示
今年春に予定していてウイルス禍のせいで中断していた、劇作をめぐるオンラインサロンの準備が着々とされています。
ご期待ください。
2020-12-23 21:10 この記事だけ表示
昨日は短編戯曲祭に出演する俳優諸氏との顔合わせでした。久しぶりの人との再会で楽しい時間を経ましたが、マスクのせいで最初すぐに誰だかわからない。
とにかくみなさん元気ですよ。

私、今日61歳の誕生日を迎えました。
毎年この時期は草臥れているのですが、今年もやはりへとへとですね。
なんだか結果忙しい年になって、それは喜ぶべきことなのですが、格別にヘトヘトです。
が、年内やることまだまだあるんです。
三猫ともどもよろしくお願いします。

M-1は、私、ニューヨークがいちばん好きでした。ファイナルの三組のネタはどれもいいとは思えませんでした。
2020-12-22 18:32 この記事だけ表示
公開審査会が無事終わる。
無事かどうかは、その人の見方によるが。
久しぶりに司会をやって、審査員の方々が応募作品を本当によく読んでいるのに感心した。
しかも公開審査というものは、審査員の性格、人格がけっこう丸裸になる。
おそろしい、本当におそろしい。

2020-12-14 10:16 この記事だけ表示
明後日日曜、劇作家協会新人戯曲賞の公開審査が開催される。
オンラインでの審査会である。
頼まれたので私、司会をやらせていただく。
さて⁉︎
2020-12-11 21:59 この記事だけ表示
エドワード・ボンドの『戦争戯曲集三部作』を読む。
さすがである。
戯曲史に埋もれた感のある教育劇が現在の貌を掲げて現れる。
が、一方、ブレヒトを超えてといった呟きもしてみたくなる。
恐ろしく絶望を語っている戯曲であるが、多様な演出を召喚させ、まさに演劇にとっては希望である。
2020-12-05 15:28 この記事だけ表示