公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
408747A8-203D-4B14-A602-416DEB598179.jpeg
土曜日は鰤の生捌き、刺し身、焼きでぐいぐい呑んだ。
先週は呑み会多く、いささか草臥れたが、ニューヨーク行きが控えている。
3月16日から4月1日までラママ、エレン・スチュアートシアターでジョン・ジェスランとわたしと共同で考えたDISTANT OBSERVERが上演される。
寒いマンハッタンへ向かうのであります。


2018-02-26 13:08 この記事だけ表示
文学座附属演劇研究所・第57期本科夜間部卒業発表会『大市民』を見に行った。
スピーディーな台詞回しをあえて封印したせいで、台詞がよく聞こえ、ゆっくりとしたテンポが絶妙な間合いになっていて実に面白かった。それらを意識した演出と若い演者の無意識がうまく作動し合っている。
若い皆さんの演技は姑息なことをしていないので、ストレートに台詞が伝わってくる。
2010年ティーファクトリー制作で吉祥寺シアターで初演した音楽劇だが、描かれていることは今、さらにリアル度が増しており、日本は結局この8年間何も変わっていないのだなとため息も出てしまう。

久米大作氏の音楽はそれぞれ名曲である。
この公演で勇退される主事の伊藤正道氏の場内アナウンスも見物である。思えば2001年私が初めて文学座アトリエに書き下ろした『牛蛙』からのつきあいで、といっても私生活で飲み食いしたわけではないのだが、とにかく、これが最後となる氏のアナウンスを見逃してはならない。まるで『大市民』の登場人物のひとりのような、相変わらずの不思議な存在感は必見である。ただし、この時点で大笑いしてはならない。
公演は今日と明日。

見終わって、演出の勝也さんと振り付けのJOUとビールを呑む。JOUは『ハムレットクローン』に出演していたダンサーで久々の再会である。
そんなこんなで楽しい夜であった。
2018-02-24 12:51 この記事だけ表示
『嗤うカナブン』がいろいろ話題になっていて、私に関していうと、こういう戯曲を書くのか!と驚かれたりもしているが、ナンセンスに関しては、これが初めての戯曲ではない。
たまたま来週23、24、25日、文学座附属演劇研究所本科夜間部卒業発表会で上演される『大市民』にはコント、ギャグが横溢しているし、80年代の初期の戯曲はほんっとナンセンスに満ちている。新宿の暴れ者とか呼ばれ、ラディカルだアナーキーだと言われているが、なかなかナンセンス・テイストは言及されない。
1982年の『世紀末ラブ-西暦2008年のロミー・シュナイダー』は歌舞伎町のおかまバーが舞台で、劇の途中、有名塾の仲代達子という女装ゲイが登場する。
達子はあんとん・ちーほふの芝居を演出していると言う。「ちー」と長く伸ばし残った息で「ほふ」と言う。「チェーホフね」と聞くと、「ちゃうちゃう」と否定して再び「ちー」と気が遠くなるほど伸ばして、聞こえるか聞こえないかの声で「ほふ」と言う。「だからチェーホフでしょ?」と返すとまた「ちー」と始まる。
達子はさらにちーほふの戯曲の紹介を始める。
『わしゃ伯父さん』という劇のタイトルを叫ぶと、何十人もの男が飛び出てきて「わしゃ、伯父さんじゃ」「わしゃが伯父さんじゃ」と主張して殴り合う。
『かもね』と叫ぶとニーナが出てきて、『かもめ』の台詞の語尾にすべて「かもね」をつけて朗々としゃべる。
なんてものを書いていたのだ、私は。
くっだらねえよな。くだらないの大好き。
思えば、変わっていないとも言えるが、自己解説を始めるとろくなことにならないので、これくらいにしておく。
2018-02-16 13:42 この記事だけ表示
『嗤うカナブン』終わりました。
ご来場のみなさん、ありがとうございます。
辻さん、無事やり終えてよかった。
この芝居はまだまだこれから進化していく予兆が感じられる。

今夜は劇作家セミナーで二時間、喋りまくった。
色々ホッとした。
ウイスキーを飲もうか。
2018-02-14 23:33 この記事だけ表示
劇場に行かない日も、それはそれで気が張っている。
そうしたものだ。
2018-02-13 13:43 この記事だけ表示
前夜に続いて今夜の回も辻さん出演できるようだ。

ところでこれは過去についての劇でもある。
下北スズナリという場所に立つと、ぽろぽろこぼれていった過去が蘇ってくる。
しかもこれはまったく偶然なのだが、今小説の『フランケンシュタイン』を読み返している最中で、次に唐組の次回公演が『吸血姫』と聞いて、その戯曲も久しぶりに取り出して眺めている。

時は1986年、6月、スズナリで第三エロチカ『ラスト・フランケンシュタイン』を上演していた。
あるマチネの回に唐十郎氏が観劇に現れ、上演後a亭に誘われた。二階の座敷席であった。唐氏は私に紹興酒を勧めた。その日はソワレがあったので、辞退しようとすると、「酔ってやる芝居もいいもんだよ」と言うので、少しだけと思って口にすると、氏との会話同様止まらなくなり、いい調子になって楽屋に戻った。
劇は二幕三時間の大作で、私の役柄はヴィクター・フランケンシュタイン博士、二幕はほぼ出ずっぱりだった。
どうなることやらなどと心配もしなかった。酔っているからだ。そのままやっていると、「ゼッコーチョーだな」と劇団員がつぶやいているのが聞こえた。
今思えば、あれこそ唐十郎の唐十郎ばりの洗礼だったのかも知れない。
紹興酒5、6杯ごときで舞台に立てないようでは、たいしたことないぜ、タケシ、と悪魔のささやきのごとく杯に濃い黄金色の液体を注ぐのである。
私は26歳で、唐氏は46歳だった。
いや洗礼などと呼ぶのは穿ち過ぎかも知れない、氏はただ呑みたかっただけということだ。
a亭の過去、a亭の思い出。
過去というか思い出と呼ぶか、どちらが相応しいだろうか?
上演期間中、a亭に立ち寄って確認しようと思う。
2018-02-09 14:20 この記事だけ表示
初稿では最後には全員が死んでいたのだが、タランティーノだなと思ってやめた。
私としては、六人のうち誰が自分と一番似ているかと、あてはめて見ていただくとさらに面白さが増すのでは、などと僭越ながら考えております。
これはレパートリーにでもしていただきたいもので、さらに演出、演者が違うとまたかなり違うものになったりすると思うので息が長い演目になれば幸いだ。
今のところ出版の予定はなく、台本が現在スズナリ、ロビーが販売されていますので、その節はよろしくお願いいたします。

東京乾電池の皆さん、よく動き、働かれるので劇場にいて気持ちがいい。指令系統がはっきりしている。

ほんっと十何年ぶりかの下北で、うっかりそこいらのカフェに入ると、横では「○○プロジェクトの○○さん知ってる?」とかしゃべっている一団がいて、後ろでは「千秋楽はハイタッチな」とかわめいてる二人組がいて、斜め正面からは「演出のクリエイティビティーは」などと聞こえてきて、居心地悪いことこの上ない。しかもみんな大声!なんでそんな大きな声がしゃべってるの、聞きたくなくても聞こえてくる。
この分だと夜うっかり飲み屋にも入れない。おそろしい。
とはいうものの、上演時間80分で、上演後ゆっくり下北呑みできますよ、お客さん!
2018-02-08 12:27 この記事だけ表示
落ち着いたいい出来だった。

辻さんが出られなかったのは残念だが、代役の前田君、頑張っている。
2018-02-07 23:31 この記事だけ表示
1時間20分。みっちり凝縮された劇。
作者としてはゲラゲラ見て欲しい。
2018-02-06 11:51 この記事だけ表示
通し稽古を見た。
面白い。
単純な意味合いにおいて面白い。
面白ければいいのか?いいに決まっている。
演出が気合いに満ちている。
俳優達がいい。
上演時間は一時間半を切る。くたびれませんよ。
当日、劇場では戯曲販売もしています。
2018-02-02 13:29 この記事だけ表示