公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
いやはや、色々な方々が見に来てくれている。うれしい限り。役者もスタッフも絶好調だ。
無事開いた。さてこの調子でまいりましょう。ーー
初日。キャスト、スタッフ、全員気合い十分でございます。
皆さん、よろしく御来場ください。
待ってます!!
午前中、日芸の卒ゼミの第一回目の授業に行ったものの、助手さんが時間の掲示を間違えていて誰もおらず、仕方がないので、いったん帰宅して猫ちゃんたちにご飯やり、劇場入りしてメイクの動向チェックなどし、夕方日芸一年生の学外授業、すなはち劇場ツアーをする。そして座・高円寺毎年恒例の記者会見。いっぱい人が集まってる。一年生も合流。会見は一人持ち時間二分というので、最初の私はきっちり二分で納めて後続にプレッシャーをかけようと思い、本人は二分でやったつもりが、けっこう長くしゃべっていたそうだ。会見終えて、劇場で映像のサイズチェックなど。
吉祥寺でビール飲んで帰る。卒ゼミのみんな、すまない。でもボクのせいじゃない。
衣装を着ての最終稽古。明日小屋入り。やっとビジュアルの全体像が見られる。楽しみだわい。見なきゃソンソン。
稽古休みで今季初めての授業。
授業を終えて手塚さんとばったり会い、祇園での事故を知る。なんで手塚さんが京都にいるんだって?
6時から『騙り。』京都公演のためのプレイベント、トークショーがあるからなのです。
で、パゾリーニ・ルネサンスの仕掛人であり、日本チャップリン協会の会長大野裕之さんと三人でパゾリーニを語ったわけ。大野さんって面白いねえ。
日帰り。明日からまた稽古。
やっております。パゾリーニ初参加の谷部央年氏、真那胡敬二氏、蘭妖子さん、パゾリーニ化しております。思うにパゾリーニ戯曲は一度発語されると決して難解なものではない。
現代人の逃れようのない悲しみがドライにして優しい視線で語られる。この悲しみが手塚とおる氏に乗り移りつつある。
昨日はイタリア人のカティアさんが見学に来て、稽古終了後、カティアさんの故郷レチェ出身のカルメロ・ベーネのことなど話す。ベーネはパゾリーニの『アポロンの地獄』でクレオン役で出ている。
順調に進んでおります。決してやさしい戯曲ではないが、あえて世間に訴えたい。わかりやすいドラマばかりを見ていてどうする。柔らかいハンバーグばかりを食べていると顎の力が退化し、噛む力が無くなる。
世間はわかりやすさばかりを求め、思考力を無くし、幼稚化する。
私たちが60年代70年代に学ぶべきものとは、当時普通にばっこしていた難解さだ。
そういうわけで、難解さに果敢に取り組んでいる『騙り。』の出演者の皆さんには頭が下がる。
ご趣味は?と聞かれるとイタリア語と答えています。数年前ミラノから帰国してから、ラジオ講座でかなり真剣に勉強したものの、数年ほっといたらきれいに忘れてしまいました。そこで去年からまたラジオを聞き出しているのですが、触れているのが楽しく、覚えようという努力をはなから放棄しているという勉強の仕方です。ですからいっこうにしゃべれず、勉強とも呼べないかも知れない、でもいいの、趣味だから。
てなわけで新年度もまたイタリア語ラジオ講座を聞こうとテキストを買ったら、新年度の講師が大崎さやのさんだったのでびっくり。大崎さんは『豚小屋』の翻訳者なのです。
そういうわけで、ますますやる気になってるわけ、イタリア語。
なんかつくづくパゾリーニとの縁も感じる。
読み合わせ二日目。面白いですよ、これ。