公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
既報の通り、『4』で芸術選奨文部科学大臣賞をいただきました。
知らせを受けた時は心底驚き、喜びました。
皆さん、ありがとうございます。
とうげんぼう.jpg

新宿は陶玄房で、南北賞受賞記念で、お世話になった世田谷パブリックシアターのスタッフ方々、さらにわたくしゆかりのスタッフの方々で、小さなお祝いの飲み会を開きました。
久々に会う人もあり、ひどく寒い日でしたが、温まりました。
ありがとうございました。
ただいま『カルデロン』の上演台本を作成中。完成後は『ピュラデス』にかかる。
『カルデロン』、『文体の獣』と比べればやや組み易しだが、油断は大敵である。
詰めて作業すると体が芯から凍る。
このあいだのドラマの撮影現場で、スタッフの方々、酷寒の下だと寒さのせいで吐き気がすると話していたが、よくわかる。家での執筆作業でそんなことはないが、詰めて疲れているらしい体で早朝、寒気にさらされたりすると、その後新幹線で吐き気がしたりする。
まあいい。もうすぐ暖かくなのだろう。
いやはやもともと寒さには弱いところ、50を過ぎるとますます弱いところが直撃されるようで、寒さまけをしている。
まあ、そんなこともいってはいられないのだ。パゾリーニの準備もあるし、土曜は撮影だ。また出演頼まれたんすよ。娘が亡くなって悲しみにくれる父親の役。難しい。
まあ、まだ書けないこと多々あるわけですが、その時になったら一気に記します。
一昨日、アートビートの放映を観た。
観るうちに、これは私の出番はないな、編集でカットされたなと確信した。北野武氏と私の会話が、他の人々の内容とあまりに異質だったからだ。
だが、中盤流れた。適切な箇所を抽出してうまくはめこんでいた。ありがとうございます。
実際はもっとあぶないこと話してて、当日話しながら、これは放映できんぞと内心思っていた。
春秋座舞台上での北野氏と私と学生達の部分だけをまとめても面白いのにな。

ヴェンダースの『ピナ』を観たが、カルト集団のインタビュー集みたい。
ファンの方々、すいません。
鶴屋南北戯曲賞受賞への、お祝いのメール、お手紙、お電話、お声かけ等々、ありがとうございます。
フランスからもメールいただきました。笠井叡さんのご婦人の久子さんから。フランスのツアーの最中だそうだ。うれしいです。
さあて、いろいろいよいよだなあ。お正月気分、完全に抜けたなあ。
『4』が第16回鶴屋南北戯曲賞を受賞いたしました。
世田谷パブリックシアターのみなさん、演出の白井さん、リーディング、上演で演じてくれた俳優のみなさん、論創社の方々、ありがとうございます。
無事千秋楽の幕が下りた。不安要因多い学年だったが、後半追い上げて乗りきった。
清々しい気分だ。
さて東京に帰ろう。雪で中央線が止まっていると連絡が入る。
初日が無事開きました。学生キャスト、スタッフ頑張った。明日もあるが、心底ほっとした。
連日大事をとって眠っているせいか、昨晩の眠りは浅かった。
出張生活はさみしいねえ。
常宿にしていた高野川沿いのホテル・アバンシェルもいよいよ今月で閉館。パチンコ屋になるということだ。
さみしい場所だが下賀茂神社に近くてよく糺の森を午前中散策したものだ。
へび年は脱皮の年というが、確かにいろいろ社会および自分の生活、今年は変わっていくな。猫生活は変わらないが。

昨年のことになるが、『4』は私にとって本当に重要な戯曲だった。これを書いたことによって何かが私のなかで変わった。

さて、これから初日本番。音楽の久米大作さんも激励のメールを送ってくれた。残念ながら来られないとのことだが、また吉祥寺で一杯ということで。

学生諸君、冷静に熱くいこう!