公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
山口果林さんの「安部公房とわたし」を読んで、安部公房に入れあげていた季節を思い起こした。
高校二年の現代国語の自由研究で、安部公房を取り上げ、その時期までの小説は全部読んだ。そして安部公房論を書いた。もし紛失していないなら、当時の現国の山田藤栄という教員が持っているはずである。
演劇にも接した。西武劇場(現パルコ劇場)で見た「友達」が最初だったが、えらく感動した。
昔のパンフレット群を探ると、出てくるわ出てくるわ。劇場で販売していた「友達」の上演台本、パンフレット。バンフの表紙には安部氏のサインがある。当時劇場ロビーにいた氏をつかまえてねだったのだった。氏は快く応じてくれた。奥付には昭和50年とある。わたくし14歳である。寺山修司も唐十郎もわがスターだったが、安部公房もスターだった。なんと気が多いことよ。
安部公房スタジオの会員になり、西武劇場、ジャンジャンの奥にあったアトリエ公演に足繁く通った。
「案内人」の上演台本、パンフ、「ウエー」のパンフ、「イメージの展覧会」のパンフなども残っている。
正統的な戯曲世界の構築から、ポスト・ドラマへと変身していく過程をつぶさに見ていたといっていい。その変遷は大いに刺激的だった。
ただ、同時代を疾るアングラ小劇場の人々は圧倒的に安部嫌いであった。所詮あれは新劇だ、という批判であった。わからなくもないが、「イメージの展覧会」の成果がしっかり論じられているとは今でも思わない。
後に私は別役実氏の詳細な「友達」論を目にすることになる。徹底した批判である。その頃には私の安部熱は冷めていたので、衝撃は覚えなかったが、その執拗とも読める批判の論理にあからさまな安部つぶしを感じた。
かつて太田省吾氏に、なぜあなた方の世代はそれほどまでに新劇否定、批判を展開したのか?とあえて素朴な質問をしたことがある。
「安部公房への批判」と氏は答え、それ以上のことは言わなかった。
戯曲という文学から離れていこうという方向性は当時の先鋭的な演劇人と変わらなかったはずだと思うのだが、当時の感情を土台にした空気は、その時代を生きていないとわからないのかも知れない。
戯曲を読み直してみようと思っている。
いろいろ忙しげになってきた。
来月9月12日、午後七時半、ニューヨーク、ラ・ママ劇場のギャラリーで「AOI」のリーディングが上演される予定です。もちろん私もいます。お近くの方は是非足をお運びください。
しっかし、まだまだ暑いね。
今、久米宏のラジオでマック赤坂氏が出演していた。本当にこの人が好きだ。
最近、知り合いの出演率が高いので珍しくよく見ている。二番組とも超人気ドラマだ。小劇場出身の俳優はしぶとい。なによりのことだ。
終わりが見えてきた。
いやはや暑い夏でした。

しかし汚染水をどうする。
東電とは、問題をひとりで抱えて、なぜか誰にも相談しないことを誇りとして、
にっちもさっちもいかなくなった時点で初めて人に明かすという、よくいるタイプの男のようだ。
「ひとりで抱えて、なんでこんなになる前に言わないの!」と周囲の者たちは憤るのだ。
この手の人というのは、思いの外、多い。

藤圭子の全盛時の映像のなかの美しさに陶然としてしまう。
来月、久々にニューヨークにいってきます。
午後書斎、夕方プール、夜バーの日々。
先週からはBSのオリバー・ストーンのアメリカ史を見ている。こういうのも注意深く見ないとな。
それにしても泳ぎが上手くなってきたような気がする。
年明け三月にリア王が出る劇とドン・キホーテが活躍する劇に立て続けに関わるので、この夏はこの当代きっての狂気のおふたりと大格闘をしている。おかげさまで、私もまたゆっくりと狂気の世界に入り込んできている。おそろしいことである。
リア王とドン・キホーテをほぼ同時にやるというのはまったくの偶然なのだが、調べるとシェイクスピアとセルバンテスは同時代人で、当時『リア王』上演と『ドン・キホーテ』の初版出版は同じ年だったとわかり、静かに興奮した。
だが、あえて申せば台詞をもっと速射砲のごとくのスピードでしゃべってもよかった。そうしたほうが、この戯曲はわかるのである。リーディングの極意とは演技しないことだ。だからリーディングにおいては、稽古は極力やらないほうがいい。つまり技量のある俳優でなければリーディングとはそもそも成立しない。
ジョン・ジェスランの『ピロクテーテス』のリーディングが昨日六本木で行われた。
2005年に故観世英夫氏、長谷川博己氏、久保酎吉氏によってやられたものだ。
今回は笠木誠、真那古恵二、中村崇の三氏が演じる。
ご存じの通り酷暑、猛暑であり、会場に行く折り地下鉄構内で、熱中症のような症状、体が熱く、頭がくらくらするといった事態になり、かなりやばいと思いつつ、どうにかたどりついた。
途中でらーめんを食べたのがいけなかったのかも知れない。つけ麺を考えていたのが、入ったその店ではなかったのである。

舞台はよかった。三人がよかった。以前は理解できなかった戯曲部分が今回のリーディングでかなり明解になった。

ところで『黒い報告書3』がすでに放映されたが、わたしはまだ完ぺきには見れてないのである。
じっくりDVDで観賞しようと思っている。
実は『黒い報告書』は私のお祝い会でも、私の場面だけを編集し直した映像を会場で流したのだが、プロデューサーヒラノ氏の、合間に入れるコメントがまた絶妙で場内大うけであった。
酷暑、頭クラクラさせつつ書いている。書いております。
三猫もぐったりよ。
ところでネコエコバッグ、まだまだよろしく。
お問い合わせはティーファクトリーへ。
ところで会の報告がなぜこんなに遅れたかというと、わたくし只今執筆荒野にてとぼとぼ歩いているからなのです。失礼いたしました。今声を掛けられてもぼんやりしていると思います。よろしく。