公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
お客さん130名ほど入れてのゲネプロである。これだけの人数を入れたのには訳がある。見にいらっしゃればその謎が解けます。
稽古場の通し稽古よりさらに格段の出来。色々書きたいがまだ初日は開いていないので後日。
『4』の通し稽古を見る。
丁寧に立体化されている。なかなかだ。ラストスパート、最後の詰めですな。
お客さんは思いもよらない体験に驚くかも知れない。そんな仕掛けがある。楽しみだ。
テキレジへの不信について書いたが、もっとも私にその旨知らせてもらった上で、私の旧作をいろいろいじって上演されるのは、かまわないんです。知らせていただいて、そのように料理した旨をチラシ等々に銘記いただければ、それで騒ぎは起きないわけです。
最近、チラシや情報覧で戯曲を脚本とキャプションされることが多いが、これはどういった傾向なのだろうか。もちろん戯曲を脚本と呼ぶのは字引の上では、まったく間違いはない。
が、私にはどうしても違和感がある。脚本というと映画のほうのことだという感覚がある。
映画の脚本とは、現場で監督や俳優の意向によっていかようにも変容されるものであり、いつでもそうというわけでもないが、そうした現場直しの運命をあらかじめ担っている、というのが私の映画脚本に対する認識であり、それ故に私は映画の監督はしたいものの、脚本は書きたくない。監督をやる場合ですらも脚本は自分ではないひとがやってもらったほうがいいのではとさえ思う。
つまり、演劇で脚本とキャプションされると、稽古場で馬鹿な演出家がテキレジという便利な言い訳のもと、自分の演出の都合のいいように書き替え可能なもの、それを劇作家がまた容認している事態のもと、その舞台作品はある、という印象があるので嫌なのである。
劇作家の言葉を、現場の恣意性でひょいひょい変えられては、言葉が浮かばれない。
私は、戯曲は脚本ではなく、戯曲、劇作、作、と書かれ、呼ばれたい。
演劇の演出と映画の監督が違う作業とあるのと同様に、戯曲と映画の脚本すなはちシナリオは、言葉の使い方、台詞の案配、構成、すべての面で違うのである。これは至極当たり前のことだ。
どちらが優位に立っているかどうかというような安酒レベルの問題ではなく、両者を同列に扱うのは、間違いだ。
まあ、ひとのことをどうこういうわけではない、気にしない劇作家のことはかまわないが、私の戯曲は、脚本ではない。言葉には字引の意味におさまらない個々人の思い、おおげさにいうとスピリッツがある、ということだ。
おっと誤解しないで。今の現場の憤りを書いてるのではないですよ。
白井晃さんは本当に言葉に誠実な演出家です。
終了しました。みなさん、ありがとうございました。
無事千秋楽を迎えました。
お待ちしております。
『文体の獣』、今日と明日で終わりである。
今回、全体実にいいキャスティングであった。みなさん、実にスマートで真摯にパゾリーニの言葉に取り組んだ。これが皆さんの俳優人生にプラスになったことを希望いたします。
さて、木曜の夜に京都に入り、金曜日、大学で大変楽しい時間を過ごした。大物と軽く対談したのである。
このことはまだ書けない。書ける時期がきたら書きます。いずれわかります。
そして、終演時間に間に合うようにと京都駅に向かうと、新幹線ホームでその大物とばったり遭遇。『4』の単行本を手渡す。
ぎりぎり終演時間前に劇場に着く。忙しいだろうなか、『4』の演出・白井晃さんが見に来てくれていて、公演後、稽古の様子などなど話し込む。
白井さん、俳優のみなさん、大変でしょうが、よろしくお願いいたしますよ!
進んでいます。若者、中年、共に元気です。
それにしても、毎回のことながら、飲食物の差し入れを色々な方々にいただき、人は本当にありがたい。
終演後、高校時代からの友人と飲み、50代のサラリーマンの厳しさを知らされる。
二件目、北口のブリックでハイボールを飲む。久しぶりのブリックだが、やっぱりここはいいねえ。
無事幕が開く。イタリア人のお客さんの涙に、わたくし、感無量。
舞台の出来は今日をベースにして、さらに精進だ。
場当たり無事終わる。色々な人達の力が上手に結集されている。

『4』が出来上がって届いてくる。本のことである。