公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ここ数日間、終日江古田におります。みんな頑張っておる。
さて皆さん、今週金土日、日芸中ホールで『アルゴス坂の白い家』が上演されます。ぜひご覧ください!
片付かないこと多々あり、なおかつやることも多く、アレルギー鼻炎だか風邪だかわからない鼻水、くしゃみとまみれ、まことに日々よろよろとしたものだが、なんとか立って歩いてやっている。

日芸の『アルゴス坂の白い家』、おもしろくなりそうです。
無事幕開きました。大問題はないが、さすがに春秋座の舞台、みな緊張していた。実はわたくし秘かに静かに感動している。学生たちよ、明日も頼む。
ゲネプロ終了。いい仕上がりだ。かつての第三エロチカ公演にはまったく満足していないので、成功させたい。さすがに頭が痺れるかのように、くたびれているが、大丈夫だ。
さて、いよいよ明日、明後日、京都、春秋座で私が90年代に書き、第三エロチカで上演した『新宿八犬伝第三巻・洪水の前』の公演である。かつては歌舞伎町シアターアプルで幕が開いた、バブル時代の鎮魂歌とも読める第三巻が、京都で甦るわけだ。学生たち、頑張っておる。みにきてちょーだい!
サッポロ黒ラベルのWEB、大人のエレベーターにわたくし出ています。島田雅彦氏との対談及びわたくしのコメント。わたくしは現在53歳。本当なんです。大抵10歳ほど上に間違われるんだけどね。思い返せば十代の時は二十代に見られ、それはけっこう得することもあったが、以後二十代では三十代に、三十代では四十代に思われと繰り上がっていき、四十代でやっと実年齢に見られ始めたと思っていた矢先、まさか五十代で六十代と錯覚されるとは。油断していたな。
いろいろな事があり過ぎる。あり過ぎて書けない。逐一書くのがブログ、ツイッターなのだろうか。そうはいかない。もはや大人ですから。
11月、京都では『新宿八犬伝・第三巻洪水の前』を、日芸では『アルゴス坂の白い家』をやる。
もちろん私の演出である。それに加えてというかなんというか、いろいろあってがたがたせわしない。
今回の時差ぼけはかなり長引き、例年通りの酷暑疲れもあって、不意に眠りに落ちたり、明け方ぱっちり目が覚めたりと忙しかった。ここ数日でやっと正常に戻りつつある。

先日『共喰い』を見たが、よかった。後半急速に『キャタピラー』になる。シナリオを書いた脚本家の考えと推測する。賛否分かれるのはここだと思うが、私はそのごつごつさ加減がよかった。
画像 019.jpg
ラ・ママの事務所。現在の芸術監督ミーアにあげたエコネコバッグ。

画像 022.jpg
ストリートは故エレン・スチュアートの名前が冠せられた。

画像 025.jpg
リーディング会場のギャラリア。

画像 026.jpg
グレート・ジョーンズの稽古場。

画像 030.jpg
9・11メモリアル・デイ

画像 031.jpg

画像 037.jpg
カルチャー・ハブでの打ち合わせ。壁のスクリーンに私とジョンが映写されている。

画像 042.jpg
稽古。

画像 044.jpg
開演前。

画像 047.jpg

画像 051.jpg

画像 052.jpg

画像 054.jpg
本番。

画像 058.jpg
ちょっとぼけてるけど、終演後のレセプションで。
左より六条をやったドーン・サイトー、彼女は日系アメリカン。透をやったグレゴリー・ペリー。葵をやったクレール・バッキンガム。
光をやったフェデリコ・ロドリゲスはこの時バイトで帰ったので、いない。

画像 061.jpg
ジョンと。

画像 062.jpg
ギリシャ・レストランでのジョン。

画像 063.jpg
ウゾを頼んだのだが、なぜかウゾを置いていないギリシャ・レストランでの私。

画像 071.jpg
グランド・セントラルで靴を磨いてもらう。

画像 072.jpg
崩落したツインタワー近くでは高層ビルが続々建設中。

画像 075.jpg
バッテリー・パーク。

画像 077.jpg
バッテリー・パークで自分をパチリ。この後、ベンチで熟睡してしまう。
結局芝居、映画一本も見なかった。全然いいの、街が好きなんだから。