公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今日、通してしまったら、1時間33分。長くなっても40分で収まるだろう。
いい時間だ。
皆さん、凄いですよ。
くどいようですが、平日の夜の観劇をお薦めします。吉祥寺は平日が落ち着きます。
観終わって、近場の店でJAZZを聴いて…
いいJAZZBARが周辺にはいろいろあります。
是非ご計画ください。
快調に粛々と進んでおります。
平日の夜観劇をお薦めします。
なぜかって?
平日の夜の雰囲気の劇だからです。
たっぷり、稽古やっております。
すごいもんです。ええ、すごいもんです。

錦織の決勝戦、見たいもんです。
小夏の膀胱炎、大事にならずに済み、只今元気にしております。睦も元気。元気が一番。

稽古、いいねえ、皆さん、いいねえ。おもろいよ。
今日は初の稽古休み。いやいや濃い一週間でした。かなり進みました。
ところで睦がほぼ大丈夫と安心していたところ、小夏が膀胱炎の気配あり。昨日、病院連れて行って大事ではないのはわかったのですが、今日また病院行ってきます。
いやいや稽古と睦が直接関係しているわけではないんですが。
稽古は、順調にススんでおります。皆さん、面白いよ。
で、睦なんですが、膀胱炎は治ったようなのですが、オシッコに結晶が一片発見されたので、
引き続きお薬投与で、ご飯に混ぜて
飲ませようとするのですが、もうお薬だけきれいに避けて残すんですよ。
神経質で頭いいからねえ。
その度にわたくし、敗北感に見舞われるわけです。今晩もまた敗北。
ああ、睦や。
連日、濃い稽古が展開されております。ご期待いただければ幸いです。
横浜に行く。これでやっと去年10月、母が亡くなってからの後片付けが完了した。向かう時の湘南新宿ラインから見える多摩川の緑は相変わらず輝いていた。

夕方、野毛に足を伸ばして、久しぶりに万里で焼き餃子と水餃子を食べる。昔のことどもはまだまだ甘い郷愁にはならない。
書かなければ、ということだ。
これから書こうとしている、これからやろうとしている戯曲、舞台について考えている時が、人生最大の幸せの時間だ。
土曜日は、吉祥寺シアターでお客さんたちと実に楽しいプレイベントの時間を過ごした。
詳細はティーファクトリー日乗をご覧ください。
日曜日は笠井叡さんの芸術選奨受賞パーティーへ。ぼやっと帰ろうと思ってたら、挨拶をさせられたりと、けっこうきちんとしなければならなくなった時間だった。笠井さんとの対話は刺激的で、この日も名言を獲得した。
で、今日はこれからラジオCMの収録で六本木へ向かいます。