公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
鶴屋南北戯曲賞受賞への、お祝いのメール、お手紙、お電話、お声かけ等々、ありがとうございます。
フランスからもメールいただきました。笠井叡さんのご婦人の久子さんから。フランスのツアーの最中だそうだ。うれしいです。
さあて、いろいろいよいよだなあ。お正月気分、完全に抜けたなあ。
『4』が第16回鶴屋南北戯曲賞を受賞いたしました。
世田谷パブリックシアターのみなさん、演出の白井さん、リーディング、上演で演じてくれた俳優のみなさん、論創社の方々、ありがとうございます。
無事千秋楽の幕が下りた。不安要因多い学年だったが、後半追い上げて乗りきった。
清々しい気分だ。
さて東京に帰ろう。雪で中央線が止まっていると連絡が入る。
初日が無事開きました。学生キャスト、スタッフ頑張った。明日もあるが、心底ほっとした。
連日大事をとって眠っているせいか、昨晩の眠りは浅かった。
出張生活はさみしいねえ。
常宿にしていた高野川沿いのホテル・アバンシェルもいよいよ今月で閉館。パチンコ屋になるということだ。
さみしい場所だが下賀茂神社に近くてよく糺の森を午前中散策したものだ。
へび年は脱皮の年というが、確かにいろいろ社会および自分の生活、今年は変わっていくな。猫生活は変わらないが。

昨年のことになるが、『4』は私にとって本当に重要な戯曲だった。これを書いたことによって何かが私のなかで変わった。

さて、これから初日本番。音楽の久米大作さんも激励のメールを送ってくれた。残念ながら来られないとのことだが、また吉祥寺で一杯ということで。

学生諸君、冷静に熱くいこう!
京都にいます。京都造形の三回生の授業発表、今年は『大市民』。なかなかいい仕上がりになった。
この音楽劇おもしろいね。日曜六時、月曜一時、春秋座、大舞台で三回生がはりきります。

木曜から京都入りしているのだが、その日はからだが冷えたのか吐き気と下痢がひどく、どうしたものかと思ったが、とにかく空き時間睡眠をとり、なんとか昨日は神馬に新年のあいさつにいけるまで回復した。
今日はもう全然大丈夫で場当たり後、天下一品のこってりを食べた。
それにしても年々寒いのが苦手になっている。日本が冷えすぎなのか。
年末年始、けっこう書きものに没頭していた疲れがここにきて出たのかも知れない。
とにかく、『大市民』は元気が出る。
これから六時からゲネ。
重要なことを書き忘れていた。高橋一生君が『4』におけるRの演技により、芸術祭新人賞を受賞した。現代演劇の俳優がこの賞を受けるのはそうそうないことらしい。
高橋一生さん、心からおめでとうございます!
あなたは才能ある人だからさらに飛躍するでしょう。
『ハヤサスラヒメ』は是非もう一度見たい。先日、『カルデロン』の打ち合わせでマッチと高田馬場のローマ料理店タベルナで飲食したのだが、その際マッチプロデュースの写真集をもらった。ノムラサキコさんの渾身の写真集。タベルナのテーブルでページを開き、そのまま見入ってしまった。完膚なきまでの孤独感、死の営みとでも名付けたい空気感、死に到る高熱前の微熱、絶対のデジャブ、なんとも素晴らしい。いいものをいただいた。20日には中村崇に女児誕生の知らせ。母子ともに健康ということで、よかった。さて贈り物は何にしよう。
京都の二回生の授業発表『ハムレット』はとてもいい出来だった。杉原邦生の演出だ。戯曲ノーカット、三時間半と聞いて泣きそうになったが、感動的な舞台だった。戯曲の言葉に食らいつこうという学生の必死さがひしひしと伝わってきた。

柊アリスがラフォーレ原宿で開催されたパフォーマンス・オーディションで見事ラフォーレ原宿賞を受賞した。よかった。だがこの結果は十分予想できた。これから人気が出るだろう。

年の暮れ、うれしきことの数々。
昨日の投票所でこれまで感じたことのない緊張を覚えた。自民党の勝ちは納得できるが、勝ちすぎだ。圧勝にはがっかりした。それより落胆したのは、投票率の低さだ。わからない時こそ、政治に失望している時こそ投票しなければいけないと思う。無関心、冷笑、皮肉といった態度を知的と錯覚する雰囲気が横行する世界にはうんざりだ。とにかく私が投票した人と党はいずれも負けた。
来年四月公演の『カルデロン』はパゾリーニ戯曲連続上演の最終章だ。田之倉稔氏の翻訳である。読むとベラスケスのラスメニーナスが重要なキーになっている。そこでフーコーの『言葉と物』の登場ということになる。お勉強の日々である。