公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_kari1705.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/蘭妖子

7月前売開始予定!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
このテレビドラマ面白いねえ。長谷川博己あってるねえ。
NHKスペシャルのこのシリーズはグリコ・森永事件、オウム真理教と続き、昨日は尼ヶ崎死体遺棄事件を扱っていた。この事件の再現シーンは実に恐ろしかった。親族、親戚間の事件は本当に恐ろしい。血の繋がりは逃れられないから恐ろしく、他人事とも思えないところがある。
さらにこのシリーズの醍醐味は事件を未然に止めることの出来なかった日本の警察機構の不便と無能さに容赦がないところだ。
ただいま完全に作家モードに没入。外を歩いていてもそのことばかりが頭によぎり、歩行書斎である。

昨日は京都にやってきたジョン・ジェスランを神馬に連れていく。リチャード・フォアマンがセント・マークス・チャーチから立ち退いたことを初めて知る。
うーむ。ベルナール=マリ・コルテスのこの戯曲はなかなかにやるなあ。しかし今やっと出版とはなあ。
のんきに、へらへらやってる場合ではない。
演劇誌悲劇喜劇の最新号、6月号が、今回当ブログタイトルの特集を組んでいる。自分も書いているので、このように紹介するのは忸怩たるものがあるのだが、書かれていることが、執筆者それぞれで実に面白い。
加藤武さんの内容には泣かされた。戦時中のこうした出来事は、今と無縁ではない、知らない我々年代者は心して読むべきだと感じ入った。
今年に入ってからのおよそ四カ月は、なにやらてんてこまいの日々だった。
鶴屋南北戯曲賞は、最終候補に残っている旨を去年の年末に知らされ、一月の発表を待っていたわけだが、落ちた時のことばかりを想像し、いかに落ち込まないかをシュミレートばかりしていた。
京都の授業発表の時期の一月である。新年の登校の日、新年早々からの執筆で疲労困憊していて、しかも寒さに体の芯まで冷やされ、新幹線で嘔吐をしてしまった。
受賞発表の日は、授業発表公演『大市民』の仕込み前日で、京都のホテルで仮眠していたのだが、言われた時間になっても電話が鳴らないので、外出しようと廊下に出たところ(西村賢太のように風俗に行こうとしたわけではない)携帯電話が鳴った。
受賞の知らせはうれしかった。十年前、私はこの賞を落とされている。その時は新京極の近くを歩いていた。雪がちらちら降りだした夜で、先斗町のバーでしこたまウイスキーを飲んだ。

予想もしていなかったのは文化庁芸術選奨の受賞で、本当に驚いた。
ふたつの受賞によって、家に祝電やらお祝いの花、贈り物が次々と送られてきて、受賞パーティーの準備などで忙しくなり、この家のばたばたに三猫も精神おだやかでなかったのであろう。
三月、睦が嘔吐、下痢をして、まったく食事をしなくなってしまった。
あわてて病院に連れていくと、胃腸炎という診断。繊細な睦はさぞかし人間のてんてこまいに影響を受けたのだと思う。もっとも前日人の目を盗んですき焼き鍋を嘗めつくしたという事実もあるのだが。
睦、入院。ガラスケースのなかでエリザベスカラーをつけて前脚から点滴を受けるその姿はかなしいというかかわいいというか。
睦、入院の夜、小夏、愛に静かな動揺が見られた。「むっちゃん、どこいっちゃったんだろうね」ってなわけだ。
そして翌朝、小夏、愛が下痢をしている。あらーと病院先生に電話してうんちを持って行って診てもらった。
睦は一晩で元気が出たようで夕方退院。
「好奇心が強くて、でもほんっとひとなつっこくて、入院できる子ですね」と先生がいう。睦は「もう治った。帰る帰る」とにぎやかだ。
幸い小夏と愛のうんちに異常はなく、三猫同時というには何か原因があるだろうと考えるが、いまだにわからない。それぞれのストレスなのではないか、不規則な人間の暮らしのせいか。しかもこの気温の変化。とくに睦は私と同様寒さに弱い。

次に休む間もなく、パゾリーニ最終章への旅へと、人間どもは向かうのだった。
怒涛の四カ月が過ぎ去り、今は人間も一応は落ち着き、三猫は元気いっぱいだ。
が、新たなことへの準備、そして執筆は始っている。

小夏、愛、睦への感謝の思い、そしてパゾリーニとの旅の終わりを記念してネコエコバッグを作った。宇野亞喜良さんが三猫の肖像を描いてくれたのである。この収益はすべて福島の置き去りにされた猫たちのために使わせていただく(詳細はティーファクトリー日乗で)。近々福島に行く予定です。

受賞に際して祝ってくれたみなさん、パゾリーニ公演に関わってくれたすべてのみなさん、
本当にありがとうございました!
パゾリーニとの旅が終わった。
正確にいえば、京都での『ピュラデス』のリーディング公演があるが、終わったのである。
いよいよ「カルデロン」が京都にやってきた。
明日、二時と六時です。
京都で「ピュラデス」のリーディングを六月に開催するのですが、その詳細も当日のチラシにありますので、どしどしご応募を。

京都着いたら、「黒い報告書」の新しいシナリオが送信されている。
わーん、忙しいよお、どーすんだよー。台詞覚えなきゃ。
今週土曜日二回公演。
最近、私、酔い方が激しい傾向があるので、気をつけようと思う。起きると必ず身につけていた備品が壊れていたり、スカーフが裂けていたりする。

ところで『ゴッド・ブレス・アメリカ』という、とんでもない映画を見た。アメリカ映画界も、こういう映画を涼しい顔で製作してしまうとは不思議だ。
それとも、涼しい顔でもなかったのか。
昨日無事幕が下りました。プチ打ち上げやったのだが、たいそう酔っぱらってしまい、後半なにをしゃべったのか、よく覚えていない。