公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ここにきてさらに仕掛けてくる者もあり、まさしく男騒ぎの劇である。
このブログを下にスクロールしてください。左側に出版されたばかりの戯曲本の情報が、掲載されております。
読んでから見るか。
見てから読むか。

10日にはロビーでサイン会やります。お名前書きます。
今日も購入していただいた方々、ありがとうございました。
午前中、銀座で打ち合わせ。その後、稽古場へ。
皆さん、いいですよ!

稽古後、三茶で『神なき国の騎士』を見る。後半の掛け合いが、ぐんっと良くなっている。野村萬斎氏と中村まこと氏の息がいよいよ合ってきた。初日も合ってたが、さらに繊細にパワーアップしている。
俳優たちは皆心の底から麿赤兒さんを尊敬している。
たいたいやってるよ。たいたい。
ヘイヘイやってるよ。ヘイヘイ。レオレオとの戦いもやってるよ。
昨日、幕が開いた。
稽古中は稽古に集中していたので、いたって普段通りだったのだが、稽古を終えて三茶に向かう井の頭線車中で初日の緊張感がじんわり訪れて歯が痛くなった。そして幕が開いた。麿さんも客席にいる。いろんな人が固唾を呑んで見守っている。いつもながらこの緊張感はたまらない。怖いが故の快感。

いい出来だった。
野村君、グッジョブだ。
ほっとした。自作のものだからこれ以上は述べまい。皆さん、劇場に足を運んで、どういう舞台か見てみてください。
俳優の皆さん、自信を持ってやってください。
もりもりやってるよ。もりもり。
カツカツやってるよ。カツカツ。
レオレオとカツカツの決闘シーンは見ものだよ!
ふみふみやってるよ。ふみふみ。
今日は稽古休み。昨日、稽古後京都入り。新幹線車中、白ワインやりつつ、ジュリアン・シュナーベルが撮った、ルー・リードのライヴ・ドキュメンタリー『ベルリン』を見る。
1973年当時、このアルバムはまったく売れず、以後ルー・リードは33年間ライヴ活動を封印していたことを、この映画で初めて知る。映画は2006年初めてこのアルバムをライヴで歌っているルー・リードを撮っている。
まあ、今聴くにつけても、お手軽に聴けるものではなく、じっと痛さをかみしめて聴く叙事詩であるから、当時は敬遠されたのだろうな。とはいうものの、1973年ならばまだ受け入れられる時代の空気はあっただろうが、ここらへんよく調べてみないとわからない。
私は90年代、わが演劇活動においてきびしい時代、『薔薇色の人生』という劇で、この『ベルリン』の最初の曲を使用している。この曲を劇のオープニングに使った。タイトルとは裏腹にまったくそのころの人生は薔薇色ではなかった。
ドストエフスキーの『悪霊』を主題にした劇である。
悲痛な曲の響きがこの戯曲に合っていた。
ルー・リードが死んだのは、去年の10月、母親の葬儀の日、横浜の斎場の朝刊で知ったのだった。