公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ところで会の報告がなぜこんなに遅れたかというと、わたくし只今執筆荒野にてとぼとぼ歩いているからなのです。失礼いたしました。今声を掛けられてもぼんやりしていると思います。よろしく。
先週、日本出版クラブで私の「南北賞、芸術選奨を祝う会」を友人知人に開いてもらった。たくさんの方々来ていただき、ありがとうございました。
佐伯一麦、島田雅彦、富岡幸一郎、渋谷和宏、小林勝也、宇野亜喜良、各氏のスピーチはどれも身に染みた。楽しい一夜だった。みんな元気だ。
DSC_0225.jpgDSC_0488.jpg
書き忘れた。今日は愛と睦のお誕生日、六歳。
待っててね。早く帰るからね。
無事終了。昨日のゲネ後、最後の天使の背景に地中海の海の映像を足した。この不意の要求に、今回がたがたあって急遽東京から呼んだ今西君は平然と対応した。学生スタッフだけだったらはなから諦めていただろう。
今日その海の映像が入ったラストシーンを見ていてパゾリーニが殺害されたのは浜辺だと気がついた。

これでパゾリーニ戯曲連続上演企画の本当の終わり。清々しい気分だ。
『ピュラデス』のリーディング京都公演が明日、明後日、上演される。
東京、大阪、京都の俳優たちと学生という混成のキャスティングで東京でのリーディングとは雰囲気の違う仕上がりとなった。仕上がりといってもまだこれから小屋入りだが。
これが本当にパゾリーニ戯曲連続上演企画の最後である。
京都、今日は雨で涼しいが、明日明後日は晴れで暑いらしい。京都の暑さである。
これでパゾリーニとの旅が終わるのである。

ところで、今週福島の動物救援隊 にゃんだーガードにおもむき、ボランティア活動に参加してきました。
詳細はみっちり後日当ブログでやります。
ネコエコバッグの収益はこの団体に寄付するつもりです。
このテレビドラマ面白いねえ。長谷川博己あってるねえ。
NHKスペシャルのこのシリーズはグリコ・森永事件、オウム真理教と続き、昨日は尼ヶ崎死体遺棄事件を扱っていた。この事件の再現シーンは実に恐ろしかった。親族、親戚間の事件は本当に恐ろしい。血の繋がりは逃れられないから恐ろしく、他人事とも思えないところがある。
さらにこのシリーズの醍醐味は事件を未然に止めることの出来なかった日本の警察機構の不便と無能さに容赦がないところだ。
ただいま完全に作家モードに没入。外を歩いていてもそのことばかりが頭によぎり、歩行書斎である。

昨日は京都にやってきたジョン・ジェスランを神馬に連れていく。リチャード・フォアマンがセント・マークス・チャーチから立ち退いたことを初めて知る。
うーむ。ベルナール=マリ・コルテスのこの戯曲はなかなかにやるなあ。しかし今やっと出版とはなあ。
のんきに、へらへらやってる場合ではない。
演劇誌悲劇喜劇の最新号、6月号が、今回当ブログタイトルの特集を組んでいる。自分も書いているので、このように紹介するのは忸怩たるものがあるのだが、書かれていることが、執筆者それぞれで実に面白い。
加藤武さんの内容には泣かされた。戦時中のこうした出来事は、今と無縁ではない、知らない我々年代者は心して読むべきだと感じ入った。