公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
着いてすぐ書いたのだが、通信設定のゴタゴタで送れなかった分のブログ。内容は昨日のと重複します。
現在こちらではメモリアルデイのセレモニーが始まっています。犠牲者の名前がひとりひとり読み上げられます。


久しぶりの12時間のフライトはくたびれた。隣の大学生らしき女子の安香水にも参った。おまけにこの女子、食事中にトイレに立つというゆとりぶりを発揮し、通路側の私はトレイを持ち上げ、行きはよかったが、帰りに見事コップが倒れて私のズボンはコーラまみれとなった。まあ女子は懸命にティッシュ出してくれたから悪い子ではないのだが。コーラと見てあれ?と思われる方もいると思う。最近、乗り物でアルコールを口にしたくないのだ。
楽しみは映画かゲームということになるが、なぜか私の目の前の画面は感度が悪く、言うことをきかない。こういうことは以前にもあった。乗務員に言っても、そう壊れてるのねと告げられるだけだ。
持参した小説を読み耽って、集中してしまったせいか、首肩がバリバリになってしまった。
たどり着いたニューヨークは秋晴れで清々しい。ACCが便宜をはかってくれたアパートはイースト44ストリート。部屋は八階。ビルが密集しているせいか、風の音が大きい。いろんな人に到着の連絡を入れると俄然元気が出て、夕暮れのマンハッタン、42ストリートからタイムズスクエアをぶらぶら散策する。警官の数多く、路上に50メートルぐらいの間隔で立っている。ここまで書いてくたびれた。続きは後程。
マンハッタンは44丁目のアパートにおります。
久々の12時間のフライトはかなりこたえたが、着いた日のニューヨークは秋の清々しさで、やたら元気が出て、早速歩き回った。
今日は一転して、暑く蒸し蒸ししている。
ブロードウェイの演劇専門店The Drama Book Shopで私の英訳戯曲集を発見。
店員に、これオレオレと訴える。というのは冗談だが、いい本屋だよ!
スーザン・ロリ・パークスのを三冊買う。
明日が9・11のせいか、シリア攻撃表明のせいか、街に警官が多い。
夜のテレビでまだジェイ・レノ・ショウをやってるのでびっくり。いいとものタモリ並みの長さだ。
かつて葉巻を買い求めていたナット・シャーマンは今はもうない。
来週の木曜日12日、7時半、ニューヨーク、ラ・ママのギャラリーで「AOI」のリーディングが上演されます。ギャラリーは一番ストリートのほうなので、お間違えなく。
ニューヨークはもうすっかり秋とのことです。
久しぶりの飛行機、やや緊張するな。
山口果林さんの「安部公房とわたし」を読んで、安部公房に入れあげていた季節を思い起こした。
高校二年の現代国語の自由研究で、安部公房を取り上げ、その時期までの小説は全部読んだ。そして安部公房論を書いた。もし紛失していないなら、当時の現国の山田藤栄という教員が持っているはずである。
演劇にも接した。西武劇場(現パルコ劇場)で見た「友達」が最初だったが、えらく感動した。
昔のパンフレット群を探ると、出てくるわ出てくるわ。劇場で販売していた「友達」の上演台本、パンフレット。バンフの表紙には安部氏のサインがある。当時劇場ロビーにいた氏をつかまえてねだったのだった。氏は快く応じてくれた。奥付には昭和50年とある。わたくし14歳である。寺山修司も唐十郎もわがスターだったが、安部公房もスターだった。なんと気が多いことよ。
安部公房スタジオの会員になり、西武劇場、ジャンジャンの奥にあったアトリエ公演に足繁く通った。
「案内人」の上演台本、パンフ、「ウエー」のパンフ、「イメージの展覧会」のパンフなども残っている。
正統的な戯曲世界の構築から、ポスト・ドラマへと変身していく過程をつぶさに見ていたといっていい。その変遷は大いに刺激的だった。
ただ、同時代を疾るアングラ小劇場の人々は圧倒的に安部嫌いであった。所詮あれは新劇だ、という批判であった。わからなくもないが、「イメージの展覧会」の成果がしっかり論じられているとは今でも思わない。
後に私は別役実氏の詳細な「友達」論を目にすることになる。徹底した批判である。その頃には私の安部熱は冷めていたので、衝撃は覚えなかったが、その執拗とも読める批判の論理にあからさまな安部つぶしを感じた。
かつて太田省吾氏に、なぜあなた方の世代はそれほどまでに新劇否定、批判を展開したのか?とあえて素朴な質問をしたことがある。
「安部公房への批判」と氏は答え、それ以上のことは言わなかった。
戯曲という文学から離れていこうという方向性は当時の先鋭的な演劇人と変わらなかったはずだと思うのだが、当時の感情を土台にした空気は、その時代を生きていないとわからないのかも知れない。
戯曲を読み直してみようと思っている。
いろいろ忙しげになってきた。
来月9月12日、午後七時半、ニューヨーク、ラ・ママ劇場のギャラリーで「AOI」のリーディングが上演される予定です。もちろん私もいます。お近くの方は是非足をお運びください。
しっかし、まだまだ暑いね。
今、久米宏のラジオでマック赤坂氏が出演していた。本当にこの人が好きだ。
最近、知り合いの出演率が高いので珍しくよく見ている。二番組とも超人気ドラマだ。小劇場出身の俳優はしぶとい。なによりのことだ。
終わりが見えてきた。
いやはや暑い夏でした。

しかし汚染水をどうする。
東電とは、問題をひとりで抱えて、なぜか誰にも相談しないことを誇りとして、
にっちもさっちもいかなくなった時点で初めて人に明かすという、よくいるタイプの男のようだ。
「ひとりで抱えて、なんでこんなになる前に言わないの!」と周囲の者たちは憤るのだ。
この手の人というのは、思いの外、多い。

藤圭子の全盛時の映像のなかの美しさに陶然としてしまう。
来月、久々にニューヨークにいってきます。
午後書斎、夕方プール、夜バーの日々。
先週からはBSのオリバー・ストーンのアメリカ史を見ている。こういうのも注意深く見ないとな。
それにしても泳ぎが上手くなってきたような気がする。
年明け三月にリア王が出る劇とドン・キホーテが活躍する劇に立て続けに関わるので、この夏はこの当代きっての狂気のおふたりと大格闘をしている。おかげさまで、私もまたゆっくりと狂気の世界に入り込んできている。おそろしいことである。
リア王とドン・キホーテをほぼ同時にやるというのはまったくの偶然なのだが、調べるとシェイクスピアとセルバンテスは同時代人で、当時『リア王』上演と『ドン・キホーテ』の初版出版は同じ年だったとわかり、静かに興奮した。
だが、あえて申せば台詞をもっと速射砲のごとくのスピードでしゃべってもよかった。そうしたほうが、この戯曲はわかるのである。リーディングの極意とは演技しないことだ。だからリーディングにおいては、稽古は極力やらないほうがいい。つまり技量のある俳優でなければリーディングとはそもそも成立しない。