公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
日曜日はラフォーレ原宿の例の『循環』いってきた。
柊アリス、くるくるやってた。でも私から言わせればもっとくるくるできるんだけどね。
音楽のPolar Chalorsってののサックスよかったなあ。CD買っちゃったよ。
会場のクラブのり、けっこう、私これいける。

で、月曜日は三茶で取材。なんと野村萬斎氏と麿赤兒氏と私。
雑誌の編集者の方が、デジタル写真を見て、「なんかすごい絵だ」とつぶやいたのを耳にして、私笑いが止まらなくなり、麿さんに「なにをそう笑ってんだ」と言われる。
その後、『神なき国の騎士』の稽古につきあう。

どうも風邪が長引くのは、髪の毛を短くしたせいだと気がつく。
セゾン文化財団の懇親パーティー、今回はやはり堤清二氏の追悼の色が要所要所あった。私も色々な人としゃべった。閉会の仕切りがあっても、皆さんなかなか帰らない。つまり舞台人が世代と立場を超えて交流するという機会と場がなさすぎるのだ。初めて会ってしゃべるとお互い様々な発見があってスリリングなのだ。

ところでパゾリーニ戯曲連続上演で天使としてくるくるしていた柊アリスが2月の2日、ラフォーレ原宿で自身の本格的なイベント・ショーをやる。
二年前ラフォーレ原宿賞ってのを取ったご褒美らしい。私は勝手に受賞を予想していた。彼女のくるくるはそんじょそこらの一朝一夕でできる芸当ではないからだ。
そういうわけで、皆さん、行ってみてください。
花組芝居の俳優、水下きよし氏の訃報。
水下君は第三エロチカ時代、客演で出てもらった。『わらの心臓』というオウム真理教を扱った劇で水下君は、冷徹な幹部信者を演じた。その役柄は実に合っていた。
私と同い年54歳。
ご冥福をお祈りいたします。
先週の月曜に『神なき国の騎士』の顔合わせ、読み合わせがあり、薄着ではりきっていたところ、二日後、唾を飲み込むのもつらいほどの喉の痛みを発症し、医者さまいって薬などをもらい、それを飲むと眠気で頭がモーローとし、そのなかで京都いったり、江古田いったり、上野の蕎麦屋で打ち上げしたり、劇作家セミナーやったりと、大変な一週間だった。
とにかく眠れる、眠れる。脳みそ腐ってんじゃないかと思うぐらい、寝ていて、起きてる時は読むものが多くて、まぶたが腫れているのは、寝すぎなのか、目の酷使のせいなのかよくわからない。
なんだかぼんやり暮らしてる。
まあ、すぐ稽古が始まるから、そうしたらシャキっとするのだろう。
前回、あんなこと書いたら、三月の『神なき国の騎士』、『荒野のリア』の執筆のことと思った方が多数あったようで、多方面からやいのやいのお問い合わせがあった。
「大変だね」とか、
「正月返上ですね」とか。
違います。もう二作の戯曲、台本はとっくに上がっております。残念でした。

今かかっているのは戯曲ではありませんので。
なんだか予想外のことばかりの、濃すぎる2013年。でもまだ終わってないのね。色々あって締め切りかっ飛ばしていた原稿、申し訳ありませんと言いつつ文字を埋める日々。
活字の荒野。冬の旅。
ある意味、奇跡の公演となってしまったと言っていい。全員のやる気と才能、他人の意見を聞く素直さと集中力、晴れやかなライバル心が発揮、凝縮された。
語り継がれる舞台となったのではないか。
こんなことを書く私はやっと疲労から復活しつつあるようだ。
『アルゴス坂の白い家』千秋楽、なんと唐十郎氏が見に来てくれました。

画像 026.jpg

私は事故以来、初めての再会だったのですが、非常にお元気そうでなにより!
息子さんとふたりでいらしたのだが、なんというか、もうふたりとも劇の登場人物のようでした。

画像 032.jpg

公演後もいろいろ話しました。本当にひさしぶりに唐十郎さんと話ができてうれしい。

公演も盛況のうちに終わり、本当にいろいろな方が見に来てくれました。
やはり、日芸、江古田の公演となると注目されるので侮れません。別に全然最初から侮ってないが。
とにかく、今年の学生は豊作で、実に完成度が高かった。
よろよろと打ち上げに向かったが、学生たちに会うとくたびれたとも言うまもなく、わいわい共に騒ぐ。
無事幕が開きました。完成度の高い初日となった。昨日のゲネプロ終了後の炎のダメ出し、見事に乗り越え、みんな集中していた。浮かれず明日に向かおう。
ここ数日間、終日江古田におります。みんな頑張っておる。