公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ジェスランが書いてきた後半部分を訳しているのだが、ジェスラン節炸裂!訳してる最中、えーっ!って声があがる。
森下スタジオでやるリーディングのジェスランのパートも送られてきた。これから訳す作業。ざらっと読んだが、キテレツである。
書き物の日々なので、どうしてもブログから遠ざかってしまう。
今は銀杏のアレルギー。所沢校舎行くとてきめんにやられる。
錦織の試合、残念で眠れなかった。それにしても、あの動揺ぶり。まったく人間の感情、心理ってやつは。ドラマ・ドクター講座、今月は多し。
今日から講座、再び始まりました。楽しいですよ。どしどし応募してちょうだい。
扇田昭彦氏、逝去を知り、驚き、色々思い出してしまっている。思えば、お世話になったという言い方もできる。私の舞台に関する記述は、昨年の『荒野のリア』の新聞評が最後のように思う。
まともに、文芸として戯曲を読める人をひとり喪った。長生きされる方とも思っていたのに。
もっぱら書き物に没頭しております。
アレルギー、今はヒノキだろうか。日によって症状が違う。
この秋の新作『ドラマ・ドクター』のキャストが発表されました!詳細はティーファクトリー、ホームページで。

新作小説がen-taxiに載ってます。小夏、愛、睦が大活躍。小難しい、かっこつけたものじゃありません。心を込めて書きました。
吉祥寺シアターで開講しているドラマドクター講座の二回目が、今日終わった。
受講者の真摯さに心底、打たれた。みなさん、頑張っている。戯曲をとにかく書こうという意気込みが素晴らしい。
これからも続くので、皆さん、どしどし参加してください。
戯曲が完成されていなくてもいいのです。シノプシスでも登場人物表だけでも、ちょっとしたメモだけでもいいのです。
詳細は吉祥寺シアターまで。
戯曲について、お話しましょう。
ニューヨークで今回一本だけ舞台を観た。
Signature Theaterでリチャード・ミーのBIG LOVEが上演されているのを知って足を運んだ。
2000年頃の戯曲で、面白かった。演出はプロジェクション・マッピング多用で感心しなかったが。
戯曲はミーが得意とするギリシャ悲劇の換骨奪胎である。
ご承知の通り、ミーは全戯曲をウェヴサイトに上げていて、誰にでも読める。
そういうわけで、帰国後、戯曲を読み、わからなかった細部を確認する。
リチャード・ミーのラディカリズムを信用する。
image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg
ジョン、アリンカ。

image.jpg

image.jpg

リーディングの日は快晴。その日から徐々に暖かくなり、フランク、「タケシカワムラが、春を連れてやって来た!」
ピーター、ジョン、フランク、フィリップ、グレッグ、オスカー、フェデリコ、カイル、アスター、アリンカ、ジョン、マイケル、本当にありがとう!