公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『アルゴス坂の白い家』千秋楽、なんと唐十郎氏が見に来てくれました。

画像 026.jpg

私は事故以来、初めての再会だったのですが、非常にお元気そうでなにより!
息子さんとふたりでいらしたのだが、なんというか、もうふたりとも劇の登場人物のようでした。

画像 032.jpg

公演後もいろいろ話しました。本当にひさしぶりに唐十郎さんと話ができてうれしい。

公演も盛況のうちに終わり、本当にいろいろな方が見に来てくれました。
やはり、日芸、江古田の公演となると注目されるので侮れません。別に全然最初から侮ってないが。
とにかく、今年の学生は豊作で、実に完成度が高かった。
よろよろと打ち上げに向かったが、学生たちに会うとくたびれたとも言うまもなく、わいわい共に騒ぐ。
無事幕が開きました。完成度の高い初日となった。昨日のゲネプロ終了後の炎のダメ出し、見事に乗り越え、みんな集中していた。浮かれず明日に向かおう。
ここ数日間、終日江古田におります。みんな頑張っておる。
さて皆さん、今週金土日、日芸中ホールで『アルゴス坂の白い家』が上演されます。ぜひご覧ください!
片付かないこと多々あり、なおかつやることも多く、アレルギー鼻炎だか風邪だかわからない鼻水、くしゃみとまみれ、まことに日々よろよろとしたものだが、なんとか立って歩いてやっている。

日芸の『アルゴス坂の白い家』、おもしろくなりそうです。
無事幕開きました。大問題はないが、さすがに春秋座の舞台、みな緊張していた。実はわたくし秘かに静かに感動している。学生たちよ、明日も頼む。
ゲネプロ終了。いい仕上がりだ。かつての第三エロチカ公演にはまったく満足していないので、成功させたい。さすがに頭が痺れるかのように、くたびれているが、大丈夫だ。
さて、いよいよ明日、明後日、京都、春秋座で私が90年代に書き、第三エロチカで上演した『新宿八犬伝第三巻・洪水の前』の公演である。かつては歌舞伎町シアターアプルで幕が開いた、バブル時代の鎮魂歌とも読める第三巻が、京都で甦るわけだ。学生たち、頑張っておる。みにきてちょーだい!
サッポロ黒ラベルのWEB、大人のエレベーターにわたくし出ています。島田雅彦氏との対談及びわたくしのコメント。わたくしは現在53歳。本当なんです。大抵10歳ほど上に間違われるんだけどね。思い返せば十代の時は二十代に見られ、それはけっこう得することもあったが、以後二十代では三十代に、三十代では四十代に思われと繰り上がっていき、四十代でやっと実年齢に見られ始めたと思っていた矢先、まさか五十代で六十代と錯覚されるとは。油断していたな。
いろいろな事があり過ぎる。あり過ぎて書けない。逐一書くのがブログ、ツイッターなのだろうか。そうはいかない。もはや大人ですから。