公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『神なき国の騎士』の旅公演、最終地、新潟におります。
今日はソワレ。よくなっております。
さて原稿用紙の荒野へ。
一刻も早くシェイクスピアを振り落とさなければ。

文体、文体、文体。
大浜で打ち上げ。
その日観劇した四谷シモン氏、篠原勝之氏も合流。
シモンちゃんとガヤガヤしゃべる。
再演を誓い合って散会。
その後、しょうちゃんで飲む。
ここでは有薗、ヘアーメイクの川村和枝さんらと、ギャーギャーしゃべり、
ベロベロ。
今日は死んでいる。どうやって帰宅したのか記憶なし。
無事終演しました。
ご来場の皆さま、ありがとうございました。
これから打ち上げです。
今日はレオレオの誕生日。開演前、ハッピーバースデーやって、マチネ、ソワレ。問題なし。
いよいよ麿さん、いい意味で肩の力が抜けてきて、いい感じ。今日はスタッフとの食事会。店を出たら寒いのでびっくり。
いやはや、俳優陣いよいよ境地に達してきた。
嵐山光三郎さんが、ひどく喜んでくれているのが、実に嬉しかった。

終演後、制作部と屋台の焼鳥屋で飲む。色々楽し。
アフタートークで佐藤信氏と話す。『リア』にまつわる興味深いことが聞けた。
『神なき国の騎士』の人々が見に来てくれて、リア組と共に飲む。ああ、なんと滅多にない体験だろうか。春一番の吹いた宵、楽し。麿氏、絶好調。有薗、程よい酔い。
ドン・キホーテ組は明日兵庫入り。健闘を祈る。祈ってばかりの日々だな。
幕が開いて比較的落ち着いてくると、知的欲求が湧き上がって、空いている時間に乱読を始める。その時間が楽しくて仕方ないので、やはり舞台俳優は当分やらなさそうだ。舞台に立っていると、こうはいかない。台詞以外の言葉を入れてはならない、というか単純に読む気がおきない。
堤清二氏のお別れ会でいただいた氏の回想録『叙情と闘争』を読み終えた。
「母の死」という章はこう結ばれている。
「母が息を引き取った時、僕はこれで何をしても親不孝にならないという、妙なことを考えた。親の死は、悲しみと共に一種の安堵をもたらし、同時に、自分が生きている者の最前列に立たされてしまった、という意識を与えるものであることを知った。」
深く共感した。

今日はソワレ。キャスト、スタッフ全員の無事とよき仕事を祈る。