公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
台風の東京から北陸新幹線に乗り、大変な一日になるだろうと思いきや、長野市は半分青空の曇天で、まずは市内のラジオ局SBCへ。ここでなんと番組のMCを担当している天井桟敷の根本豊氏と会うのである。
根本氏は数年前からこちらに移住し、番組担当をしているという。
はい、そこでわいわいと二回分収録。やたら根本氏が「友人・川村」と強調するので、また私60代70代と思われたな。実際にはこれまできちんと話したこともなかったんだけどね。でも私も蘭妖子さんや若松武史さんや福士恵二さんや高田恵篤さんらと親しくしてもらってるから、根本さんともう友人という気もしなくはないのだな。
次に『荒野のリア』の会場となる長野市芸術館・アクトスペースを下見。
FM長野の電話取材。ここでかつて1989年、第三エロチカ時代、松本市で行われた松本演劇祭に参加し、あがたの森の講堂のど真ん中にボクシングリングを建て、ボクシング芝居『ジョーの物語』をやったことを話すと、このFM局は松本にあるというので、MCの方より、「あがたの森の講堂にボクシングリング!」と大歓声が上がり、私は『荒野のリア』についてがんがん語る。
次に地元の長野市民新聞の取材。ありがとうございます。

そして市内の古い小劇場だという、善光寺に近いネオンホールに向かう。この地の演劇人の方々と会いたいと思ったからだ。公演時は時間がなくて結局地元の方々と交流ができない。
このネオンホールを仕切っているのが、これまたなんと天井桟敷の俳優であったという中沢さんである。
天井桟敷のマッチ芸を開発したのは自分だと中沢さん。わたくし、中学生の時最初に見た天井桟敷の舞台『疫病流行記』について興奮して語ってしまった。
そしてなんとここ長野、ここネオンホールで第三エロチカの元役者・西村和宏が暗躍、じゃなかった活躍していることを知る。9月にネオンホールで岸田國士の芝居をやるという。そこでスタッフの方から不意に「西村さんです」と携帯電話を渡され、電話の向こうは西村で、「こんどビアホールやるんですね」などというから何度も「は?」「なんだ?」と繰り返していたところ、私の空耳で「ビアホール」は「リア王」であった。

そんなこんなでみなさん、ありがとうございます。
台風上陸直前ですが、『荒野のリア』長野公演の準備、情宣のため長野市にいってまいります。色々な方々に会う予定で楽しみです。
公園のベンチで流れる雲を見上げています。
人並みにオリンピック鑑賞に熱中してくたくたです。本格的な稽古はまだで、劇を途中まで書いたのですが、書き進めるにはお勉強が必要だと感じ、お勉強の日々。
人並みに昨夜はバドミントンに大声を上げていました。ばてとる。
劇作家・小松幹生氏が亡くなった。7月に入院先を見舞って少し話をした。私にとってそれが最後となった。明日お通夜にいく。
明日10時、『荒野のリア』、東京、神奈川、前売開始です。
左側の公演情報からクリック、クリック!
昨夜の朝日新聞夕刊に笠井叡、麿赤兒、山田せつこ三氏の記事が出ている。
命がけで突っ立った個として世界と向き合い、対峙するという舞踏の思想。この超個人主義とでも呼びたい舞台思想に深く感銘、共振する。

改憲政策に向けて日本国憲法と2012年の自民党改正案読み比べ、勉強しなければ。
カフェ・ゼノンで『荒野のリア』の新聞取材、麿赤兒さんと。
稽古は8月から。熱い夏になりそうだ。

葛井欣士郎氏の『遺言』を読み返したばかりだが、この時代を生きる私たちは、かつての新宿とは別種の熱さを模索、獲得しなければならない。都市に祝祭は必要だ。テロと無差別殺人の時代の祝祭とは?
を問い続ける。
大駱駝艦の新作『パラダイス』、面白かった!
クールだよ、クール!
衣装、照明、音楽もいい、クールだ。
なんでこんなに面白いのだろう、なんで私はこんなに面白がるのだろう?
いずれ細かに考察したいものだ。
『愛情の内乱』が終わって一月。やっと疲れが取れた感じがする。
さて9月、10月は『荒野のリア』の再演ツアー。
来年1月は私、京都の最終授業発表公演『新宿八犬伝第五巻・犬街の夜』
皆々様よろしくご贔屓のほどを!
京都の大学の学科長も専任教員も辞めたが、客員教授としてこの一年残っている。これで本当に最後だ。
日帰りで1月の授業発表『新宿八犬伝第五巻』に取り組んでいる。
今週は明日大阪で劇作家協会の月いちリーディングがあるので、久しぶりに京都に泊まる。
久々に神馬に行けるのである。

『カラマーゾフの兄弟』再読、読了。『白痴』に向かう。