公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
劇作家・小松幹生氏が亡くなった。7月に入院先を見舞って少し話をした。私にとってそれが最後となった。明日お通夜にいく。
明日10時、『荒野のリア』、東京、神奈川、前売開始です。
左側の公演情報からクリック、クリック!
昨夜の朝日新聞夕刊に笠井叡、麿赤兒、山田せつこ三氏の記事が出ている。
命がけで突っ立った個として世界と向き合い、対峙するという舞踏の思想。この超個人主義とでも呼びたい舞台思想に深く感銘、共振する。

改憲政策に向けて日本国憲法と2012年の自民党改正案読み比べ、勉強しなければ。
カフェ・ゼノンで『荒野のリア』の新聞取材、麿赤兒さんと。
稽古は8月から。熱い夏になりそうだ。

葛井欣士郎氏の『遺言』を読み返したばかりだが、この時代を生きる私たちは、かつての新宿とは別種の熱さを模索、獲得しなければならない。都市に祝祭は必要だ。テロと無差別殺人の時代の祝祭とは?
を問い続ける。
大駱駝艦の新作『パラダイス』、面白かった!
クールだよ、クール!
衣装、照明、音楽もいい、クールだ。
なんでこんなに面白いのだろう、なんで私はこんなに面白がるのだろう?
いずれ細かに考察したいものだ。
『愛情の内乱』が終わって一月。やっと疲れが取れた感じがする。
さて9月、10月は『荒野のリア』の再演ツアー。
来年1月は私、京都の最終授業発表公演『新宿八犬伝第五巻・犬街の夜』
皆々様よろしくご贔屓のほどを!
京都の大学の学科長も専任教員も辞めたが、客員教授としてこの一年残っている。これで本当に最後だ。
日帰りで1月の授業発表『新宿八犬伝第五巻』に取り組んでいる。
今週は明日大阪で劇作家協会の月いちリーディングがあるので、久しぶりに京都に泊まる。
久々に神馬に行けるのである。

『カラマーゾフの兄弟』再読、読了。『白痴』に向かう。
立ち消えになった話は実はもうひとつある。蜷川幸雄氏との話だ。
確か21世紀に入ってすぐの頃だったと思う。氏の側近の制作者からシアターコクーンで蜷川演出でハイナー・ミュラーの『ハムレットマシーン』をやるので、私に翻訳を依頼したいがという打診だった。
私は困惑した。訳せと言われても自分は英語からでないと無理だ。上演台本を作成してほしいということかなどと考えたが、以後連絡はなく、事は消えた。
上演していれば氏の初めてのポストドラマ戯曲の演出となるところだったが、やっぱり自分向きではないと翻意したのだろうか。
ご縁がなかったのだ。
公演無事終わりました。
観客の皆様、キャスト、スタッフの皆様、吉祥寺シアターの皆様、吉祥寺の飲食店の皆様、ありがとうございました。

わたくし、ただいま草臥れております。
例年通り、この季節、気圧のせいで顔が腫れている。わたくしに会った方、顔色悪いわたくしを見て、病気ですか?とか、酒焼けですか?とか聞くなよ。

『ズートピア』と『レベナント』と『ヘイル、シーザー!』見に行こうっと。
いよいよ皆さん快調。疲れなし。

今日はマチネー終わりなので『レベナント』見ようかと映画館前まで行くが、上映時間二時間45分と知ってめげる。長過ぎる。アメリカ映画長過ぎる!90分で見せろ、90分で!