公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_kari1705.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/蘭妖子

7月前売開始予定!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
image.jpg

朝はさすがに少ない。

image.jpg

寒いんだが、建物のなかは暖かくて蒸れる。
そういうわけで、昨日午後、着。ホテルペンシルヴェニア。ここは初めてなんだけど、巨大老舗ホテルで、もうチェックインするのに、フロント長蛇の列で一時間かかりやがんの。ロケーションは絶好なんですけどね。
雪、雨で寒いっすよ。
明日からニューヨークです。
背中がぼろぼろなので、節酒の日々ですが、マンハッタンで飲むウィスキーは、美味しいんだなあ。困ったもんだ。飛行機では、『白鯨』を読む予定です。
ふーっ、終わった。俳優、お客様、関係者すべての皆さんに感謝します。でも終わってないんだな。ニューヨークもあるし、ジョンとの作業は続くんだな。なんかジョンとの縁も不思議だな。なんでこんなに気が合うんだろな、わからないな。
花粉症で目がしょぼしょぼする。
大勢の方々に来ていただき、いろいろ貴重な感想、ご意見をいただいた。ありがたい。
要するに、共同で書いた戯曲を日本語、英語で、日本語版の演出は私、英語版のはジョンがやるわけです。短いです。
小難しいもんじゃないっすよ。簡単じゃないかも知れないが、不必要に小難しいもんじゃないっすよ。
昨日は、稽古場にACCの方々が見学にいらして、その後、グランティの人たちと飲む。
旧知の面々との再会もあり、がやがややった。それにしても、みんなよくしゃべるなあ。
今週いよいよリーディング。
ジョンとの共同戯曲リーディングの稽古が始まっている。実に刺激的な日々である。
稽古場及び開催場所が森下スタジオなので、いろいろな人と会うのも楽しい。稽古場にもいろいろな人が遊びにくる。今日は土井君とすがぽん。すがぽんは去年、ついにたいこもちを襲名し、お座敷に上がっているという。人生いろいろだ。
山内ケンジさんには、心より、おめでとうございますを言いたい。山内さんとは、深浦加奈子のお別れの会で初めて会い、その後、山内氏が監督するSoftBankのCMに、私はキャスティングされ、出演した。仙人役である。またキャスティングしてくれないかなあと思っていたら、知らないうちに劇作家になってしまっていた。なってしまっていたという言い方もないだろうが。
確か山内さんは私より一歳年が上ではなかったろうか。この年には吉田鋼太郎がいる。五十代は元気この上ない。