公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ティーファクトリーの五月公演『愛情の内乱』のチラシが完成した。ティーファクトリーのサイトで劇場で街で是非見ていただきたい。その後吉祥寺シアターに足を運んでいただきたい。白石加代子さんとの初めての舞台作りである!
いよいよ始動です!
突然、柄本明さん角替和枝さん来場。
小規模の公演。いい公演だった。ご来場くださった皆さん、新たな歴史の証人である皆さん、ありがとうございます。
反応が想像以上に良いのでなによりだ。『マスクマン』はあり物、翻訳物かと思ったという方がひとりではない。翻訳物でこの文体が出てきたら驚きだ。反対にこれを外国語に翻訳するとしたら、相当難しい。
まあとにかく笠木誠の演出デビューはどうやら成功したようだ。

本番の合間に『ブリッジ・オブ・スパイ』、『サウルの息子』などを見てしまう。『サウルの息子』はまいったな。詳細はまたいずれ。
幕が開いた。五人の男優陣いいですよ。30分二本立て。休憩無し一時間。ぶらりと来て見て、三丁目で一杯。さまざまな呑み屋。
最終稽古、通しを見る。
面白く仕上がってきてます。
あともう一息だ。大丈夫。

昨夜は昨夜で高円寺でツキイチリーディングでしゃべりまくって、帰って来てサッカーで盛り上がって、やや草臥れたな。
短編戯曲は書いていて楽しい。短編戯曲の愉楽。美味いモルトウイスキーの香りが出ればとも思う。
笠木さん、がんばってます。いいみたいですよ。
短編戯曲、書き続けたいです。
私は今書斎荒野におります。元気です。
新宿の稽古場で顔合わせ、読み。
私の短編二本、笠木誠初演出、個性的な俳優陣といろいろ面白くなりそうですよ。
久しぶりの新宿三丁目、この匂い、やっぱりいいねえ。
昨夜、森下スタジオでセゾン財団の懇親会。
いろいろな方と話せて貴重な時間を過ごした。
杉原と木ノ下とも久しぶりだ。今年、木ノ下歌舞伎はパリ公演をやるという。
「パリ、テロ大丈夫っすかね?」と杉原。「これが先生が僕たちを見る最後の姿かも知れない」と木ノ下。
「そうだね」と俺。

image.jpeg

写真には写ってないが村川拓也とも久しぶりに会った。
京造出身者、やっとる。俺はうれしい。
「神なき国の騎士」2ステージ目、いやはや素晴らしい出来であった。驚いた。学生たちが裏も表も出せる力を惜しみなく出し切った。指導、演出の私が言うのもなんだが、感動してしまった。これだから授業発表というやつは侮れない。
この戯曲には臆面もなくストレートなメッセージが書かれている。私には珍しいことだ。
反原発。動物愛。陰翳礼讃。陰翳礼讃するあまり、私のドンキホーテは電気の否定をする。ドンキホーテだからである。さらに彼は原発と闘うことを決意する。現在の彼にとって原発が風車だ。そして動物。人間の阿呆さによって命を失ってしまう動物。死んでいった動物への哀悼。
こんなにわかりやすい劇はない。わかりやす過ぎる。
このわかりやすさを学生たちが素直に真っ直ぐ造っている。
みんな、明日千秋楽、バッチリいこうぜい!