公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
お越しいただいた皆様、ありがとうございます。
渋谷氏とのトークも実に興味深く、聞いていて面白かった。バブル期、バブル後の日本について話すことができ、演劇、アート全般と経済の関係性が話せた。
俳優のみなさん、ありがとう、また会いましょう!
2019-08-20 14:13 この記事だけ表示
明日、リーディングです。1時間ほどです。
その後、渋谷和宏氏とトークをやります。渋谷氏とは高校同窓ですが、高校時代の話など一切しないつもりです。『わらの心臓』で取り上げられ、新作にも通底する、日本の90年代について語ります。渋谷氏はその時代、日経アソシエの編集長であり、様々な側面から話題が出てくると思います。
バブル破裂後、日本はどうなり、それが現在にどう影響を及ぼしているかです。
みなさん、ぜひご来場ください。
2019-08-18 11:51 この記事だけ表示
伊藤克さんが逝去されたのを数日前に知った。
亡くなったのは先月ということだ。
『アーカイヴス』、『ワニの涙』、『生きると生きないのあいだ』、『ドラマドクター』に出ていただいた。
私の劇の老人役を一手に引き受けてくれた。
克さん、ありがとうございました。
2019-08-16 19:02 この記事だけ表示
『全裸監督』が大話題で、私のまわりの若い俳優達も面白いと絶賛している。
そこで記憶が蘇る。映画のモデルになったAVの奇才村西とおるをモデルにした戯曲を上演しようとしたのは、何を隠そう私である。
およそ三十年前、某有名俳優に書き下ろし戯曲及びその演出を依頼された私は、この俳優は村西とおるをやるのにぴったりだと思い、シノプシスを書いて渡した。『はだかの王様』というタイトルでその時代のトリックスターを描こうとしたのである。
私はまじめであったが、某有名俳優は激怒して、企画は流れた。私はやはりいつも早すぎるのである。
山田孝之氏は立派だ。闇金ウシジマ君もよかった。
映画の尻馬に乗って今からやるか、『はだかの王様』。

2019-08-14 12:51 この記事だけ表示
ブログに書こう書こうと思っていて、今まで放置してしまっていたのだが、矢橋透氏の著書『ヌーヴェル・バーグの世界劇場』はヌーヴェル・バーグの監督たちと演劇の親和性を論じていて、こうした観点から彼らを捉えたものは日本では見あたらない。恐らく本国フランスではあるのだろうが、なんせ日本のシネフィルたちは演劇嫌いが多い。
ゴダールのブレヒトへの親和性は知っている。『万事快調』などはほとんどブレヒト理論の実践である。トリュフォーの『終電車』で描かれる舞台愛も承知済みなのだが、今回啓蒙されたのは、アラン・レネとジャック・リヴェットの演劇へののめりようだ。
知っている人は知っていたのだろうが、レネが後期、こんなにまで演劇に入れあげていたとは知らなかった。『戦争は終わった』以後、レネの映画は配給されなくなった。『ミュリエル』がATGで公開されて当時見に行ったが、何をやりたいのか不明な印象を受けて帰ってきた。今思うと演劇をやりたかったのだ。
それからほとんど日本では話題に上がらず、というか私が知らなかっただけかも知れないのだが、アラン・エイクボーンの戯曲とのコラボで映画を撮っていたとは驚きである。
あのレネが大衆性を受け入れて自身の作家性を持続させていたことに敬意を覚える。ヌーヴェル・バーグの監督たちのなかで一番娯楽に寄ったとみなされるクロード・シャブロルとも違い、安定した巨匠ルイ・マルとも違う。アラン・エイクボーンの戯曲をもとにした『六つの心』、『愛して飲んで歌って』は安定した物腰で撮られてはいるが、恐ろしく不安定な空気に満たされた人間の関係と意識の時間が描かれている。『去年マリエンバートで』の時間を少しわかりやすくやってやると、こうなるんだよってなふうにも見える。
リヴェットはレネ以上に日本で上映されなかった。だから70年代においてヌーヴェル・バーグと言えばゴダール、トリュフォー、マル。ちょっと知識があってレネ、シャブロルで留まっていた。おふらんす研究者は別ですよ。
リヴェットが日本で正式公開(そこいらの映画館で上映したって意味でね)されたのは1991年の『彼女たちの舞台』が初である。
タイトルが示す通り、これは延々演劇のリハーサル光景が主軸になっていて、当時リヴェットの知識のない私は、これは額面通り演劇に関心がある監督として見ていいものかと戸惑いつつ、実に素直に感動した。
映画で演出家ピュル・オジェ演じる演出家が、矛盾するダメ出しに苛立つ俳優に言い放った台詞は忘れられない。
「肝心なの傷つくこと。あなた達は傷つき常に解体しながら歩む。解体と疑いを持つこと。そうやって築き上げ、創造し、産み出していく。解体と疑いよ。私が教えたいのはこの事だけ。」
演劇のリハーサルというふと思えばわけのわからない時間、なんのために誰のために捧げているのかわからない不安定な時間と、現実の社会、政治、殺人事件から生まれるサスペンスという不安定な状況が互いに引きつけ合い、やがて融け合ってしまう。
長編第一作『パリはわれらのもの』もまさしくそうした時間が描かれていた。
2019-08-13 14:38 この記事だけ表示
会員の先行予約が今月11日から始まります!
73DC133D-2A8A-49DC-934C-B92190F6AA5F.jpeg

むさしのFMでしゃべってきました。
2019-08-09 01:02 この記事だけ表示
明日午後5時10分、生放送出演します。
2019-08-06 18:02 この記事だけ表示
暑い。
死にそうだ。というやつは死なない。
生きたい、と願う人が死んでしまう。

自分の劇世界を書けという原稿を頼まれたが、なかなか厄介だ。
2019-07-31 14:15 この記事だけ表示
コント大デザインの3人が、コント合わせ。
代官山スタジオにて。

FBE59A86-A7C4-419E-A6AE-E3B1E10281A5.jpeg

誰がボケるか。

39362B6D-C66C-4040-8ECD-ED3D88DD0E07.jpeg

白熱する議論。

8B3D0685-2FF1-445F-8042-DC624803AC0B.jpeg

いざネタ披露へ。



2019-07-09 21:38 この記事だけ表示
今日は代官山スタジオで午前中から夕刻まで大撮影。何を撮ったかは近いうち大開帳いたします。
写真はコントグループ、大デザインの三人。
左からマッチ、ノニータ、タケ。

B5576B74-D266-4CE2-A910-7E3D03F6A00F.jpeg





2019-07-08 22:55 この記事だけ表示