公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
去年ロンドンに行った時、話題になっていて、この間のニューヨークでもトピックだったクシュナーのこの芝居を吉祥寺オデヲンで映像で見たが、実に面白い。演出のキレがいい。そして俳優陣がいい。ロイ・コーンとハーパーをやるのはけっこう難しい。なぜか日本の上演では若くて痩せた俳優がロイ・コーンをやるケースが多いが、じつに貧相だ。
この劇のユーモア、ウイットもなかなかに日本人には難しいとあらためて思った。
ただでさえ滅多に劇場で笑わない日本の観客席だ。エンジェルスに笑えというのは土台無理な話だろう。
2018-04-13 01:21 この記事だけ表示
DISTANT OBSERVER は決してわかりやすい舞台ではない。上演してどういう反応がくるのか、予想がつかなかった。予想以上に好評を博した。ニューヨーク、マンハッタンのパフォーミング・アーツはしっかり生きている。
こんな事は言いたくはないが、どうしても東京と比べてしまう。自分達がわからないと決めると即座に扉を閉ざしてしまう文化全般の状況である。
そして未だに欧米輸入戯曲を無批判に有り難がる。まあこれは日本の劇作家が頑張らなければという事だが、それにしても日本人の咀嚼力は、無用な物は排除という間違ったプラグマティズムによって、ますます弱っていく。大丈夫か、ニッポン・カルチャー!
マンガ、アニメだけではないぞよ、と、やろうぜ、ニッポン・パフォーミング・アーツ!

2018-04-04 12:30 この記事だけ表示
千秋楽の写真が送られてきた。
終わった。実にワンダフルな日々だった。

4850DD3B-2721-4117-AEE3-8F041D885A1B.png
2018-04-02 14:09 この記事だけ表示
さあて今日、千秋楽だ。
無事を祈って。
2018-04-01 23:10 この記事だけ表示
ステファン・ブレヒトの事をもっと知りたい。ブレヒト研究の大御所にしてみれば、アメリカ・アングラに入れあげてしまった馬鹿息子程度の認識なのだろうが。
まあ、ニューヨークで調べるしか術はないのだろう。
2018-03-30 00:28 この記事だけ表示
いよいよ公演、ファイナル・ウィークである。
ニューヨーク・タイムズをはじめ、いろいろな劇評が出ているようだ。

さて観光について書こう。
美術館はハドソン河沿いのホイットニー美術館がお薦め。展示の企画がいいし、各階に広いバルコニーがあり、鑑賞に草臥れた時、新鮮な外気を吸ってかつては食肉市場だった周辺、ダウンタウンのウエストを眺望できる。
現地でホイットニーと言っても通じない。ウィットニーと発音するのでご注意を。
美術館を出ると、すぐにかつて高架線路だったのを歩道にしたハイラインの出発点があり、アップタウンまで、ここも素晴らしい眺めを堪能できる。

今回初めて知らされたのは、ベルトルト・ブレヒトの孫が経営しているチョコレート店だ。
トークバックの後、ドイツ人であるフランクに連れていかれると、なんとラ・ママから数秒、通りを挟んではす向かいのこじんまりとした店であった。

6F0B3112-ABC0-4F2C-AC0C-B1DA6A5D672C.jpeg

33F5C2B7-8139-4D80-8B8E-87BF643AAFBF.jpeg

セバスチャン・ブレヒトの店である。
ベルトルト・ブレヒトとへレーネ・ヴァイゲルの息子ステファン・ブレヒトは親の遺産やら上演権料などによって、かなりの資産家だったらしく、チャールズ・ラドラムのリディキュラス・シアトリカル・シアターのパトロンになったり、ヨーロッパツアーに同行して自身も出演したり、その際のドイツ公演ではブレヒトの息子としての威光を発揮して劇団を助けたり、とここまではラドラムの伝記に書かれていることだが、ジェスランによれば、当時のダウンタウン演劇シーンに深く関わり、記事を書いたり、ウースター・グループやロバート・ウィルソンにテキストを提供したり、私生活ではマンハッタン近郊に大邸宅を築き、そこに子供から愛人までを住まわせたとかで、とにかく大活躍だったらしい。
ベルトルトの息子ステファンがニューヨーク・ダウンタウン演劇において重要人物であることが、どれほど日本に伝わっているだろうか?
そのステファンの息子セバスチャンの店がここなのである。
店員の女性がよく目にするブレヒトの写真に目元口元が似ているように思えたのは、単なる先入観からだろうか。
とにかくフランクに大いにチョコレートをおごってもらった。
2018-03-29 17:51 この記事だけ表示
91C85242-ED9A-45FA-A32A-A02C7EB86DAC.jpeg

日曜日マチネーの後、トークバックの模様。
必死にしゃべっておる。
2018-03-27 20:49 この記事だけ表示
FACC847C-07BD-40C2-B331-931B43B69AA8.jpeg

グレート・ジョーンズ通り、劇場から徒歩三分、ラ・ママ・ギャラリエの前で。三年間にわたり、ここでリーディングが上演された。稽古場はこの上。

7B131C89-48E6-4432-BE71-D99BA34A5841.jpeg

ラ・ママ正面玄関前。
百年前に建てられ、倉庫、学校、テレビ・スタジオ、稽古場などを経て現在、一階ボックスオフィス、二階劇場、三階事務所、そして四階のドミトリーに宿泊したのであった。

3D5FECE0-2FEE-40B4-AD51-A8AD99CB3B7F.jpeg

28DC6766-801F-47BC-AECC-A825B43C91C7.jpeg

階段を上がると、

FFB611A2-239D-4C00-A7C6-134B5D875066.jpeg

入り口扉。

A10CC024-C7E2-419F-96DE-60A8F40F1C87.jpeg

広い居間。

D6A5E717-9BBB-4C30-BCE1-1D883B61326F.jpeg

平井佳子が来るまでのおよそ二週間、この集団用のドミトリーにひとりで暮らしたのである。夜も更けると建物には文字通り私ひとりだ。テレビはなく、週末は窓の外から四丁目の喧騒が流れ込んでくるが、平日はシンとしている。バーで一杯やってベッドに横たわり、いろいろ物を考えるという、なんとも風情満載の日々であった。
幾千もの演劇人の微かな気配。そして、確かめなかったが、エレン・ステュアートが生前暮らしていたフロアーらしい。
とは言うものの、私に霊感の類いの能力はかねてより皆無で、しかし味方になってくれるという確信があった。ここに棲まう見えない方々がである。
それにしても階上から降りて劇場に入る私を見て、まるでオペラ座の怪人だと言われ、私こそが、なにやら不思議な存在だったのかもしれない。

9E35286A-B126-4E8C-97D5-79D5E5BC315E.jpeg
朝食。

DCFC0025-A952-42B4-A6FC-A52D3A0FA573.jpeg
窓からの眺め。百年前から様々な人々が見てきた風景。


2018-03-26 11:44 この記事だけ表示
DISTANT OBSERVERは三年間をかけて行われたセゾン森下スタジオでの、翻訳ワークショップ及びリーディング上演を経ての成果だ。
戯曲はジョン・ジェスランと私でリレー形式が書き継がれていった。
エピソード1『路上にて』をまずはジェスランが書き、後半私が書き継いだ。
エピソード2の『森にて』はまず私が書き、次にジェスランが書いた。
エピソード3『わたしは黄金の破片の上を歩く』はジェスラン、私の順であった。
それぞれのエピソードは独立しているわけではなく、1から3までストーリーは繋がっている。
1、2のタイトルは私が考え、3はジェスランがつけた。
こうして通常の日本のページ分量から計算すると一時間半ほどの上演と予測できる一本の戯曲が完成した。

ジェスランはラ・ママ・シアター経由でニューヨークの日本国際交流基金に予算を申請し、それが通って今回の上演とあいなった。
演出も共同でということで、私の書いたパーツはジェスランが演出し、ジェスランのパーツを私が演出した。結果的にこれがお互い、自分たちが想像だにもしなかったものとなり、功を奏した。それでも全体の統一感は損なわれることはなかった。劇評では共作というのに、縫い目が判別できないほど自然な仕上がりと評価しているが、もともと戯曲の段階でお互いにそれを意識して書いており、リーディング公演において、殊にニューヨークで「どこまでがジョンでどこからがタケシかわからなかった」という感想を受けてはにんまりとしていたのだ。
これこそが、三年間の翻訳ワークショップの成果だ。もっともこのことが上演パンフなどに説明がなかったせいで、ニューヨークの人々の多くが知る術を持てなかったのは残念だ。

さらに演出においても、ジョンのセットデザインのなかで、しかもジョンの十八番ライブ・カメラとプロジェクター使用の演出のなかに入り込み、それらを使うことに私はわくわくしていて、それを実行させた。だから演出においてもふたりの縫い目が見事に消えていたと思う。
初日が開くと、さっそくニューヨークタイムズ、シアター・ワイヤーなどに好意的な批評が出た。
面白いのはふたつの批評ともシュールレアリズムの手法「優美な屍骸」をキーワードとして使っていたことだった。共同戯曲の成果を「「優美な屍骸」というオートマティズム手法から評価しているのだが、実際はそれほどの偶然性は求めてはいなかった。
しかし、書き継いでいく過程に一切の打ち合わせはなかったので、確かに「優美な屍骸」手法の応用とは言える。

さらに照明のジェフリーはジョンとの長いつきあいということで、ライブ・カメラのこつを熟知しており、コンピューター映像担当のディビットの仕事も、なるほどねえと感心して観察していた。
五人の若い俳優達が素晴らしかった。アナスタシア、クレア、カイル、サム、こと葉。
私の演出においては、とにかくスピードとクレージーを求めた。
それでマシンガンの速射のように英語の台詞ががんがん放たれた。それが聞いていてなんとも心地よい。
しかし、まだ幕は下りてはいない。
千秋楽は4月1日である。なにがあるのか私は東京でじっと見守るしかない。

さらにレポートを観光も入れつつ続けたいと思っています。
2018-03-24 13:08 この記事だけ表示
昨夜帰国したら、深夜ニューヨークからニューヨークタイムズに劇評が出たとメールが届く。
Congratulations!とあるから好意的な劇評だと思う。自分で読めば分かるのだが。
起床すると雪が降っている。帰国すれば春だと思っていたのが、雪である。まあいいけど。
夜まで降っていれば雪見酒をやるつもりだ。
2018-03-21 12:28 この記事だけ表示