公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そういうわけで、今回のリーディングは絶妙キャスティング。
現さいたま芸劇、かつて情報誌シティロードで演劇を牽引していた渡辺弘氏とのトークも見もの。『フリークス』上演時の80年代ふきんのあれこれを話すつもり。
若者たち、いろいろなヒントが見つかるぞ!
2018-08-12 16:57 この記事だけ表示
26歳の時に書き、パルコで上演して大スキャンダルを起こした『フリークス』を今改めて読み直すと、フランス時代のルイス・ブニュエルをやりたかったのだなと発見する。但しブニュエルに徹底することは出来ず、当時のアングラ小劇場テイストに律儀に義理立てしていて、そのために不思議な仕上がりになっている。
上演では演出、演技がさらにアングラ小劇場テイストに義理立てしてしまって戯曲の言葉を薄めてしまっていたと思う。
だから何を描きたかったのか実は伝わっていなかったのではないかとも思う。
だから今回のリーディングは実は当時より明晰に言葉、台詞が伝わるのではないかと思う。
ブニュエル的装置のもとで、描かれるのはパゾリーニという名の男が仕掛ける資本主義の悪意と悪夢だ。
こういう劇を20代で書いてしまった男とは、さぞかしその後、生きづらかっただろうと想像する。こういった作家は47、8で死ぬのが具合がいいのだが、思いのほか厚顔無恥だったらしく、生きている。
2018-08-12 14:14 この記事だけ表示
新作に集中していて、めっきりブログをさぼっていた。
辻孝彦さんの通夜にいったのは、先月の初めだ。その席にいた金井君が「最後はえみちゃんと同じ緩和ケアでした」と言った。
えみちゃんとは、吉村恵美子のことだった。金井君は吉村とは青年座養成所で一緒だったらしい。

これも先月のことだが、ある晩、たまたま旧友の島弘之さんの話しになり、彼は今どうしているのだろうと、ググったところ2012年死去とあって愕然とした。
それから不意に以前飲み会の最中、そのことを聞いたのを思い出した。たぶん、私が賞をもらった際に行ったパーティーの二次会、新宿の深夜、「そういえば島はどしてる?」といったことから、その死を知らされたことを思い出した。その時点でだいぶ酔っていたので私はそのまま忘却の向こうに置いていってしまったのだ。
すると、晩年は会えなかったということだ。30代の折り、共に飲み歩いていた折り、みんなでオーストラリアに移住しようと彼がまじめな顔で言ったことがあるのを思い出す。自分はギターを奏でてそこで過ごすのだから、川村はそこから少し離れた場所で芝居をやり、お互い気が向いた時に車かバイクで行き来すればいい、などと語った。
本当に真の意味合いにおいて繊細で傷つきやすい人だった。
聞かされたその死を忘れてしまっていた私とはとぼけた輩である。
物書きとして生き残っていく輩とは、良くも悪くも厚顔無恥なところがある。
島弘之の『〈感想〉というジャンル』を本棚から取り出す。
2018-08-06 14:27 この記事だけ表示
8月25日に新作の『レディ・オルガの人生』を巡ってのワークショップを開催します。演技経験不問です。恐れずどしどしご参加ください!
27日には、新作の前身とも言える『フリークス』のリーディング及び80年代を巡って渡辺弘さんとトークを行います。未来に向けての生きた演劇史。
リーディングではかつて初演の際私が演じたパゾリーニ役を私がやります、などなど様々発見がありそうなリーディング及びトークだと思います。是非いらしてください。
2018-07-26 12:01 この記事だけ表示
このくだらない、どうしようもなくサイテーな日本(まあ国会の惨状についてですが)で、とにかく面白い芝居をやる!ってクソガキの気合い。結局それだけ。58歳のクソガキですよ。頭よさげなふりは若手に任せます。
知としての演劇といった回路は、もう日本現代演劇においては心配なし。ほんっと若手賢し。皮肉ではない。
初老の私は、面白さにドンっと身を捧げます。
レディ・オルガの人生、お待ちしております。
2018-07-22 00:18 この記事だけ表示
カワムラ流エンタメとは何か?ここ数年の舞台はこうしたことを主に考えつつ書き、作ってきた。
真の意味において面白い舞台だ。「真の意味において」というところがミソだ。
今回の戯曲、舞台はさらにそうした面白さが鮮明になると思う。
いろいろ先行予約中!
この秋は『レディ・オルガの人生』。
お待ちしてます。
2018-07-21 11:04 この記事だけ表示
午前中は映画を観て、午後から書斎に籠る。窓からのギッラギラの陽光を出来るだけ防いで。
ひと段落したところでプールに向かい、泳ぐ。
夏休みの子供のような日々。
宿題の目処はついた。

昨日観た映画はハネケの『白いリボン』。ハネケだよなぁ。
2018-07-19 21:50 この記事だけ表示
唐組の辻さんが亡くなったというメールを受け取った。
蘇る今年スズナリでの光景。千秋楽の日、幕が下りたスズナリの前の路上で彼は自分の容態について饒舌に語った。それが私の最後の彼だ。
2018-07-06 00:52 この記事だけ表示
初稿160枚書くが、破棄。ふりだしに戻る。
これから打ち合わせだが、w杯が気になって仕方がない。スポーツバーで打ち合わせするか。
2018-06-19 20:19 この記事だけ表示
キャストが決まる。チラシの撮影が始まる。 
着々と進んでいく。

朝日新聞からラ・ママ、トニー賞受賞についてコメントを求められ、昨夜の夕刊に掲載されています。
2018-06-08 11:59 この記事だけ表示