公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ジョンとボニーとランチ。ウエストヴィレッジのしにせのピザ屋、アルトゥロに行くが、やっていないので近くの中華屋。味噌汁、茄子と豚肉の味噌炒め。
今年亡くなったサム・シェパード、亡くなって30年のチャールズ・ラドラムの回顧と、この秋は追悼公演ばかりだ、とジョン。
食後、ふたりと別れてウエストヴィレッジをぶらぶら。ここのまったりとしたボヘミアンの空気は変わらない。

ストランド・ブック・ショップで来年の新作の資料を探す。求めていた三冊のうち一冊はあった。
夜、ラママでラドラムの『CONQUEST OF UNIVERSE OR WHEN QUEENS COLLIDE』を見る。1時間40分。
ジョンは、ラドラムの劇はもっと小さい小屋でやるべきと言う。さらに彼が言う通り、やはりいささかオールドファッション。
歌だダンスだと長過ぎる。
9番ストリートの蕎麦屋で天ざるを食べながら、来年の事を話していると、11時を過ぎている。タクシーでホテルに帰る。
2017-11-11 00:34 この記事だけ表示
ANA機は快調に飛び、予定よりも早く着き、そのせいでというわけではないが、ホテルのチェックイン時間にはまだあるので、ブライアント公園をぶらぶらして、ドラマブックショップまで足を伸ばす。私の戯曲集はアジアンコーナーにしっかりある。ということは、一年間売れてなかったってことか。それとも補充してくれているのか。まあ、どっちでもいい。
シェパード、ロリ・パークス、そしてジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・リビングデッド』をミュージック舞台化した戯曲などを求める。

チェックインして、昼寝をし、夕方いそいそダウンタウンのマクソーリーパブに向かい、たまたまテーブルが相席になったパレスチナ人の俳優と喋りながら、ダークを二杯、ライトを二杯。
飲むうちに思い立ってラママ・ギャライエでやってるチャールズ・ラドラムの戯曲リーディング『ブルジョワ、アヴァンギャルド』を聞きに行く。さすがラドラムの毒が効いている。が、時差ボケは隠せず、途中完全に落ちる。
今年はラドラムが亡くなってから30年にあたり、ラママではリディキュラス・シアトリカル・カンパニーの元メンバー達による公演もやられている。いい時期に来たものだ。

ホテルに戻り、フロント近くのインフォメーション係りに相談していると、パット・モリタに似ていると不意に言われる。
誰だそいつは?と返すと、pc画面をこちらに見せる。『ベスト・キッド』の俳優である。
2017-11-10 08:23 この記事だけ表示
ジョン・ジェスランとリレー戯曲の新タイトルが決まった。
DISTANT OBSERVER
ノエル・バーチの日本映画評論、To the Distant Observer から付けたタイトル。
リーディング情報はティーファクトリー日乗をご覧ください。
このリーディングを経て、来年3月、ニューヨーク、ラ・ママでいよいよ本公演上演となる。
2017-11-07 20:11 この記事だけ表示
花園神社の熊手屋さんから御酉様の知らせが来る。今年は三の酉まである。
ついこの間、熊手を買ったばかりという感、三ヶ月前の感じだ。
来年の新作準備でもうせっせとしている。首肩がびっしびっし。

とはいうものの、先週、不意に思い立って、阿佐ヶ谷ジャズストリートというのを初めて行って午後早くから晩までジャズライブを堪能した。阿佐ヶ谷駅を降りると、駅前広場の演奏がプラットホームに響いていて、一気にボルテージが上がった。
プラットホームにライブのジャズが響き渡るなんて、なんと高度な街だろうか!
教会での増尾好秋のライブに痺れた。

そういうわけで、来年二月の東京乾電池、唐組公演のタイトルも決まった。
それにしてもこういちねんが経つのが早く感じると、このままあっという間に死ぬのかと思う。
2017-11-01 11:16 この記事だけ表示
11月12日日曜日、午後4時、ニューヨーク、ラママで、ジョンと私のコラボ、リーディングが上演されます。
『東京ーニューヨーク往復書簡』です。
アメリカ人俳優達による全編英語上演です。
お近くの方はぜひお越しください。

2017-10-27 11:52 この記事だけ表示
セリフの荒野。荒野の台詞。

4227097F-58E4-4A43-B538-C001B63BC176.jpeg

愛です。あたしも応援しています。
2017-10-26 12:29 この記事だけ表示
台風にも見舞われるし、意味から過程から最低最悪の選挙だが、投票は行かないとな。
腹は決まった。
2017-10-21 12:03 この記事だけ表示
公演が終わって二週間を過ぎて、活字の荒野の真っ只中。
先日岡田と飲んだが、顔が稽古中、本番中と違うという。
そうなのだろう。人間モードが活字にスイッチしているのだろう。
寒くて、寒冷アレルギー。くしゃみ、鼻水。
2017-10-20 16:47 この記事だけ表示
ニューヨークからボニー・マランカ氏が訪日している。ボニーは演劇批評家で、演劇批評誌PAJの編集発行人である。PAJからは様々な批評、戯曲の本も刊行されている。
東京で何か見るものはないかと相談を受け、座・高円寺でちょうどやっている舞踏に行こうということになった。台詞劇はどうしても字幕がないとつらいということだ。そりゃそうだろう。
当日、高円寺への行き方がわからないので、新宿で私が拾うということになった。日本が初めてというボニーは心細げに南口に立っていた。
とにかく、駅のどこから出ていいかわからないし、出てもそこがどこかもよくわからない、とぼやくボニーと私は帰宅で混雑する構内を歩くのであった。
確かに外国人目線で電車に乗ろうとすると、まだまだ圧倒的に英語が少ないし、説明が足りない。五輪はこれでだいじょうぶなのだろうか?
ロンドンは五輪の名残りでそれはそれは丁寧なマップが路上のあちらこちらに立っていてとても便利だった。
まあ、ふと俯瞰すると東京の大きな駅は、意地悪してるのかと思うくらい、よくわからない。迷路だ。
街自体も広い。私なども新宿といっても歌舞伎町、三丁目方面は得意だが、南口、西口方面となるとよくわからない。
マンハッタンではほとんどバスか歩きというボニーである。
そう、マンハッタンというのは実は狭くて、コミュニティの結束が固い、いい意味での村なのだよ。

そういうわけで、高円寺で工藤丈輝氏の舞踏を見た。私にとっても氏の舞踏は初見であったのだが、その真摯さに打たれた。また見たいと思う。
で、ボニーを大一市場の焼鳥屋に連れて行く。
「こんなところが東京にあるなんて。クール!」と大いに喜んでいただいた。
そう、こじゃれていて大して美味くもないところより、わっさわっさエネルギーがあって美味しい店のほうが、インターナショナル・ピープルは喜ぶ。
ニューヨークの演劇は今まったく面白くないとボニーは言う。ダウンタウンの劇群のことである。
どれもこれもコラージュばかりで、おもしろい戯曲がない。コンサバで巧い戯曲はあるが、刺激的でおもしろいものが出てこない、というわけだ。
帰りもまた新宿の都営線の改札まで送る。
金曜日の夜で人でいっぱいだ。
ああ、東京。と雨空を見上げる。選挙はどの党にいれればいいのだろう?私はまだわからない。

2017-10-15 16:57 この記事だけ表示
とはいうものの、新作の準備だ。
11月にはニューヨークリーディング。航空チケットを手配していただき、ホテルを予約して、esta申請などをする。
突然だが、50代なんてのもまだまだガキだ。

2017-10-11 15:28 この記事だけ表示