公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『レディ・オルガの人生』はチラシの裏などに書いた通り、ジョゼフ・ミッチェルのルポから想を得ている。柏書房から出ている『マクソーリーの素敵な酒場』に収録されている。マクソーリーはマンハッタンのまさに素敵なパブで、ニューヨークにいった際には必ず足を運ぶ呑み屋なので、タイトルに惹かれて買った。読んでみると面白い、面白い。そしてレディ・オルガと出会った。
公演には柏書房の方も見に来ていただいて楽しんでいただいたようで、ほっとした。
ジョゼフ・ミッチェルの著作は第二弾『港の底』が出されていて、出版されたばかりの第三弾『さよなら、シャーリー・テンプル』は出版社から送っていただいた。これもまた、ぞくぞくするタイトルだ。年末に第四弾が出て、ミッチェル全集が完結すると言う。
ミッチェルはアメリカでは有名だが、日本では知られていない。知らない方、おすすめします。
2018-10-27 13:53 この記事だけ表示
春秋座でのモノローグ研究会、盛況のうち、当初の目的も十分達することができて、みなさん、ありがとう!
色々書きたい話題満載なのだが、それらは日を改めてゆっくり記述します。

久しぶりに神馬にも行けた。
松茸と鱧の土瓶蒸し、絶品。
フグの唐揚げ、舌とろける。
のど黒、骨までしゃぶる。
牛テールの味噌仕込み、喉が鳴る。
そして、締めは鯖寿司、口腔全体に広がる甘みと酸味のハーモニー。
酒は聚楽第に獺祭。
私の京都を堪能。
2018-10-20 22:52 この記事だけ表示
前回の「商才」はもちろん間違い、誤字で正しくは「詳細」。あまりに面白い誤字なので残しておく。
2018-10-16 21:14 この記事だけ表示
じんわり疲れがとれないが、今週末、京都春秋座でモノローグ研究のトーク、リーディングをやります。私はMC。
ひさびさの京都。商才は京都造形、舞台芸術研究センターのwebをご覧ください。
2018-10-16 12:26 この記事だけ表示
日芸の総合実習の演出を数年ぶりにやる。平成最後の総実である。
今日はその顔合わせ、キャスト、スタッフ総勢38名という大所帯。
出し物は『大市民』、12月20日から22日、日芸中ホール。
がんがん、いくぞ。
2018-10-12 21:35 この記事だけ表示
終わった。
みなさん、ありがとうございます。
今回は稽古、本番、あっという間だった。
なんか、終わってしまって寂しいぞ。

観客の皆さまのための、アフターステージ・ワークショップというのを初めて吉祥寺シアター主催で11月開催します。詳細は吉祥寺シアターまで。
2018-10-09 12:37 この記事だけ表示
公演中止の振替、払い戻しに立ち会っていると、お客さんの顔と直に向き合える。
会社を休んで見に来てくれている方。振替はどうしても不可能という方。この方は高齢のご夫婦で中止にした翌日から入院の予定なので、とおっしゃられた。ご夫婦のどちらかが入院、その前日に舞台を見ると予定されてたというわけだ。
本当に公演とは一期一会。決して私たち作り手は手を抜いてはならないし、来場者する方々のそれぞれの思いに応えられなけばと、身が引き締まる。
2018-10-02 13:22 この記事だけ表示
深夜大音響が響き、何かが起こったと思ったが、嵐の中で確かめることが出来なかった。今朝お向かいの大木が倒れていて、これだとわかった。
昨日は、雨風が強かろうと公演はやるつもりでいたが、8時にJRすべて運休と聞いて諦めた。運休の時間をもっと遅くてもいいのではないか、日曜だと思って舐めやがって、と憤る。終演時間はちょうど8時だ。
30数年やってきて公演中止は初めてだ。仕方ないことだが、決めた瞬間、体のどこかが傷つけられたような痛みを覚える。
楽屋で「無念!」と叫ぶ。
振替いたします。
みなさん、よろしくお願いします。
2018-10-01 12:20 この記事だけ表示
無事開く。
俳優陣の緊張が伝わってくる、絵に描いたような初日舞台。
2018-09-30 00:07 この記事だけ表示
さあて、さあて!
2018-09-25 23:40 この記事だけ表示