公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
公開審査を終えると、雪やらで高速バスが遅れがちなので、早く乗った方がいいと、とっとと乗車したところ、もう渋滞で動かず、大分空港まで1時間45分、膀胱地獄、ぱつんぱつん。ほとんど出そう、ギリギリ。間に合って放尿3分、なかなか途切れない。
久方ぶりのションベンゴーモンであった。
2019-01-26 20:31 この記事だけ表示
劇作家大会で大分入り。初めての土地で、まずは月いちリーディングにゲストとして出演。
貴景勝が白鵬を破ったのを知って歓喜。もうつまらんと見るのをやめかけた初場所が俄然活気を帯びてきた。
明日、公開審査。

C0DE8385-20AC-46C7-829D-F11139AE8B63.jpeg
大分の猫たち。


4123EA99-2606-421D-959F-840F531B3F38.jpeg
名物琉球丼
2019-01-25 22:18 この記事だけ表示
パゾリーニの関係から知り合ったカティアさんがヴェネチア大学で教鞭をとることになり、日本を離れるので、浪漫房でお別れ会があった。
着くとさっそく働いているコーヘイ、アーボーと久しぶりに会う。
中に進むと、久しぶりにシモンさんと会う。
やってきた四方田さんと会う。
志賀さんと会う。
さらに色々な人と会う。
アレッサンドロとはミラノ以来である。
彼はピッコロでの『AO I』リーディング公演で伊訳をした方である。
またイタリアに行く機会を授かりたいものである。
翌日だるく、インフルエンザかと疑ったが、ワインの飲み過ぎであった。
2019-01-25 09:17 この記事だけ表示
明けましておめでとうございます。
昨日、一昨日と芝居の稽古の夢を見た。
中身は言わぬが花。
2019-01-03 12:50 この記事だけ表示
『嗤うカナブン』執筆。
ニューヨーク『DISTANT OBSERVER』演出。
ソウル演劇祭『4』観劇。
『フリークス』リーディング公演。
『4』京都リーディング公演。
『レディ・オルガの人生』上演。
『大市民』日芸総実、演出。
『エフェメラル・エレメンツ』玉川大学公演、観劇。

無事生きました。
皆さま、ありがとうございました。

2018-12-27 14:58 この記事だけ表示
玉川大学のEE公演、学生のみなさんがまことに真摯に台詞に取り組んでいて心地よかった。台詞をシャキシャキ、テンポ良く発語させているところに、理解度の正確さを感じる。
最後の四年生の挨拶にもらい泣きしてしまった。
みんな頑張ってるなあ。 
演劇の未来は暗くはないぞ、皮肉屋で冷笑ばっかで暗い顔してる大人の業界人達よ。
2018-12-26 13:43 この記事だけ表示
劇作コース、今年の授業が終わる。
『エンジェルス イン アメリカ』の第二幕を読み終えて、続きは来年。
明日は玉川大学で『エフェメラル・エレメンツ』を観る予定。
いよいよ暮れも押し詰まってきましたな。
2018-12-24 19:26 この記事だけ表示
若者、学生が、「どいつもこいつもガタガタうるせい」と歌う表情には真実味があり、「俺たちはそんなに陽気じゃない」と捨て台詞のように舞台の奥に向かう背中は恐ろしいまでに迫真的だった。
1FC505EF-7493-47C8-B52B-C13201CA7A94.jpeg

2018-12-23 13:38 この記事だけ表示
千秋楽の本番前客席で昨晩のノートを終えたところ、不意にハッピーバースデーがかかり、舞台のシャッターが上がり、蕎麦屋役の小西が岡持ちを下げて現れ、蓋を上げると中にはバースデーケーキ!憎い演出。
全く予想外の文字通りサプライズ、私の誕生日などみんな知らないだろうし、こういうことをやる余裕もないだろうと思っていた。やられた。
本番、客席は満席で出来も好調であった。
大市民の台詞が今の若者たちの身体を通過して放たれると、今のリアルが浮上する。恐いほどのリアルだ。
なんとも幸福感に満ちた59歳を迎えたものだ。
みんなに感謝します。

E8550715-698B-4C63-AC12-535E7FD856CE.jpeg

1A82E47A-0B88-4C6F-9E33-804A2C68C7CD.jpeg
ケーキ食った。

2018-12-23 00:46 この記事だけ表示
さあて59歳になった今日、『大市民』千秋楽。
D8A169AB-BAE6-4185-BBE3-1F3F655C502E.jpeg
2018-12-22 10:07 この記事だけ表示