公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
昼間ベタな観光。埠頭の人魚姫見に行く。ちょっと離れたところなので電車に乗るのに切符の買い方がわからずに溜息ついてると駅員がすぐに助けてくれる。着いた駅から歩くのにまた方向音痴の面目躍如をさんざっぱらやって、やっとたどり着く。

IMG_5132.JPG

どうです?ベタでしょ。
夜は田中壮太郎君に聞いた和食レストランを検索したところ、なんとホテルから徒歩5分の近さなので、向かい、壮太郎の名前を出すとそれはそれは歓待してくれたのだった。ワイン飲み過ぎた。

そして今日は最終稽古。最後の最後まで翻訳チェック。

IMG_5137.JPG

これは劇場のある区域。かつての精肉工場がギャラリー、カフェ、劇場などになっている。

IMG_5139.JPG

これが入り口。

IMG_5140.JPG

仕込んどる。

IMG_5141.JPG

客席。

あとは本番。今夜は女優ひとりの『ハムレット』というのを見に行く。また壁で見えない芝居じゃないだろうな。

稽古、二日目。なんとか最後までやり終える。

IMG_5128.JPG

トンボが好きなホテルから稽古場まで徒歩10分。

IMG_5126.JPG

稽古場、文化の家。

IMG_5127.JPG

こんな感じ。俳優を交えての翻訳のブラッシュアップもあり、ジェスランとの翻訳ワークショップの経験が活きる。
劇場のマネージャーであるターニャに大衆食堂の香りのするレストランに連れて行ってもらった。雰囲気から期待した豚肉料理は期待通りであった。そこで北欧を中心に戯曲の売込みのエージェント手掛けているという方と落ち合い、SH劇場へ向かう。そこはかつて精肉業の工場でレンガ造りの建物が並び、その一部が劇場になっている。
今見終えたばかりの『We are the world』はとんでもないもので、上演時間が2時間か3時間だとアナウンスされている。つまり即興であり、いつ帰ってもいいとターニャから説明される。舞台の前面に壁があって何も見えない。見えないまま劇が続く。壁の向こうからセリフが聞こえ、壁は消える気配はまるでない。上手の部分が20センチほど開いている。50分ほどして席を立つ人が数名ある。私も程なく立ち、帰り際に20センチの隙間から舞台を覗く。舞台では男優、女優が下半身を丸出しにしている。私に続いて続々と覗きに来る。やがて舞台に上がってしまう者も現れる。なるほど、つまりこうしたことが狙いであるわけだ。舞台上では下半身を丸出しにした俳優達が上がってきた観客に何やら話しかけている。私は客いじりされるのが大嫌いなので上がらずに帰った。
こういう舞台であった。
普通思いついてもやらないような事をやっているというわけだ。

ホテルのテレビでは専らアルジャジーラを見ている。
市内中心部にあるSH劇場で『4』のリーディングが企画され、演出するためにコペンハーゲンにおります。
今朝一日目のリハーサル。午前9時からで、この時間からの稽古はコペンハーゲンでは珍しくないとのこと。ほんとかね。

IMG_5120.JPG

IMG_5121.JPG

IMG_5122.JPG
午後は時間があるので街をぶらぶら。いい気候っす。

IMG_5123.JPG
これはチボリ公園を見るアンデルセン。そう、コペンハーゲンといえばアンデルセン。

今夜はこれから現地の演劇人と会って、観劇ということだ。

先ほどコペンハーゲンのホテルにチェックインしました。色々あるのでまた後でゆっくり。
さてコペンハーゲンでのリーディング準備、整った。
参りましょうか。
だらだらと過ごしておりますが、GW明け一気に忙しくなりそうなので、さらにダラダラしよう。
ヨーロッパ行くことになってるのよ。『4』のリーディングがあるのですよ。
準備しないとな。ダラダラもしてられないぞ。
新作のキャスティング、ティーファクトリーHPで発表いたしました。

今日は新宿の事務所で税理士さんと会い、青山一丁目でマッチと新作のチラシデザインについての打ち合わせ。
高田馬場で久しぶりに俺の空のラーメンを食べる。美味しかったです。
ここ数年、ノースカロライナの学生、フィレンツェの大学院生などから私についての卒論を書く故の問い合わせなどがあり、不思議な気持ちだ。
あと数日でティーファクトリーHPで発表します。

なんか昼夜の気温差に体がついていけないなあ。