公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ニューヨーク滞在中、パブリック・ライブラリーで書いていたのは、マスクマンです
今日、ワープロに打ち直し、書き直しで、ほぼ完成。

image.jpeg

ニューヨーク・パブリック・ライブラリーの前で。
外ではスモーキング、いいんですわ。
こんなふうに午前中の図書館で書いていただよ。
やらせじゃないのよ。

image.jpeg
image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

そして稼ぎを山分け。ってウソウソ。終わってうどん屋で食事後の会計。
ジョンとトシ。

オスカー、アリンカ、アスター、カイル、スーザンと、ジョンのキャスティングはいい!
私のセンスと合う。
ラママでミア、かおりとミーティング。その後ジョンと今後について話し、イーストヴィレッジの『蕎麦屋』という名の蕎麦屋で蕎麦を食べる。ここの蕎麦は確実に美味しい。
ハドソン川沿いに今年新しく建ったホイットニー美術館にジョンと行く。
アーチボルド・モルターというエドワード・ホッパーと同時代の黒人の油画の展覧会に感銘する。
美術館には各階にバルコニーがあり、マンハッタンを眺望できる。
ホイットニー美術館、お薦めですよ。
美術館を出てハイラインを歩く。かつて『フレンチ・コネクション』のポパイ刑事が車で追跡した高架電車の線路部分が公園になってミッドタウンまで歩ける。ここからも眺めもまた心がせいせいする。

image.jpeg

ハイラインからの夕日。

image.jpeg

image.jpeg

夜はフィオナ・テンプルトンの小さな劇をシアターラボで見る。
フィオナさんはジョンが尊敬する詩人、劇作家、演出家で、今回会えてよかった。
出演者に日系のドーンサトーさんがいた。彼女はかつて『AOI』のリーディングで六条を演じた女優で力のある人だ。やあやあと再会を喜ぶ。

で、今はもう空港なんですが、スーツケースが閉まらずに一時間格闘し、サウナかというぐらい汗をかき、泣いた。
空港まで車を予約していたのだが、やってきたのはなぜかアメリカでしか見られないような長い白のリムジンである。こんなの乗り込むのは初めてだ。

image.jpeg
ブロードウェイでかかっていたアル・パチーノ主演、ディヴィッド・マメット作の『チャイナ・ドール』を見た。
アル・パチーノとは縁がある。およそ30年前、マメットの『アメリカン・バッファロー』を見ている。確か23ストリートあたりの決して大きくはない劇場だった。アル・パチーノは大熱演で、よだれを垂らしながら絶叫していた。
およそ20年前、第三エロチカの『マクベスという名の男』のニューヨーク公演の時にはパチーノ主演の『サロメ』がかかっていて、私は見なかったが、確か吉村とか宮島はみたと記憶している。彼らは終演後、なんと楽屋から路上に出てきたアル・パチーノと写真も撮った。その写真を自慢気に見させられた。
で、見た。70代のアル・パチーノである。アメリカン・バッファロー同様、二人の登場人物しか出てこないが、ほとんどパチーノが喋りまくる。もうそれだけで感激だ。今回マメットの戯曲はたいしことはない。全部理解はしてはいないが、わかる。
アル・パチーノが元気にたっぷり台詞を喋っている、それだけで観客は満足なのだ。
休憩ありの二幕二時間、アル・パチーノ独演会。
満足マンゾー、スタンディングオベーション。
劇場外の楽屋出口には路上に止められたリムジンに乗り込むパチーノを待つ人だかり。警官が歩道にと制しても人々は聞かない。私もしばし待ったが、なかなか出てこないので歩き出した。
セントジェームス劇場の前を通る。映画『バードマン』の舞台だった劇場だ。『バードマン』は実に面白い。二回見た。近くのバーでウイスキーを二杯。
そのまま暖かい夜を歩いてホテルまで帰る。幸福感。
昨日はけっこう時間があったので、アッパーウエストのクロイスターズに向かう。ここはメトロポリタン美術館の分館でその日のメトロポリタンのチケットで入場できるのだが、遠いし、メトロポリタンを見るだけで大変なので、滅多に行く人はいない。クロイスターズだけを目指していくのがいい。
で、行った。地下鉄Aトレインの急行から各駅に乗り換えるところ、一駅前に降りてしまった。
やたら悔しかった。国内でもたいてい初めて行く場所にスムーズに着かない。地図を読むのが下手で直感で向かって、それが成功する時もたまにある。
190ストリート駅を降りてハドソン川沿いの公園を通って歩く。
なんとまあ気持ちのいい、川沿い、木々の光景であることか。

image.jpeg

やがて顔を出す美術館。

image.jpeg

まあこの美術館がなんなのかについては、いろいろあるだろうから、個々で調べて欲しい。
中はこんななってる。

image.jpeg

image.jpeg

で、堪能して建物の坂を下りると、調度ペン駅行きのバスが来たので乗ったのが失敗した。渋滞で42ストリートまでたどり着くのに一時間半かかってしまった。振り返ると、最初から乗っている人間など私以外いない。
みなしゃあん、バスは時間あてにならんですよ。
続きはまた。
毎日暖かいので助かる。今日も秋の気候で持ってきていた冬仕様の重装備が無用だった。
昨日も午前中は、パブリックライブラリーで戯曲に取り組み、午後はニューヨーク市立大学大学院の一室で、インタビューを受ける。インタビュアーはトシ・パウという今年デューク大学大学院を卒業した演劇研究者だ。
トシ・パウには日本、韓国、中国、ヴェトナムの血が流れている。大学院の卒論のテーマがタケシ・カワムラで、すでに『東京トラウマ』を英訳し終えている。大学院内でこのリーディングを計画しているという。
彼はさらに『オイディプス、WHY?』,『オブセッション・サイト』を訳す予定だという。
なんと頼もしいヤングジェネレーションであることよ!
インタビュー後、ちょいと買い物をしてから、夜、ユニオンスクエアで待ち合わせをしていたピーターとトシと会い、18ストリートのオールドタウンバーに向かう。この老舗のレストランバーには一度来てみたかったので、大いに盛り上がり、スープにチーズバーガーと、アメリカ〜ンなオーダーをしてインド、ネヴァダそれぞれのペールエールを飲む。今東京で流行っているクラフトビールというやつね。
はしゃぎすぎて草臥れ、ホテルでバッタリ眠る。
12時前だった。朝は8時にきっかり眼が覚める。
なんとまあ健康な日々であることよ!
『東京/ニューヨーク往復書簡』のニューヨーク、リーディング公演は大成功となった。
何を成功と呼ぶかというと、このプロジェクトの目的である作家の台詞を正確に芝居言語として他言語に翻訳するということが、うまくいった。作家本人、日米の俳優達とのしぶとい共同作業の賜物だ。
これは翻訳物を演出家がテキレジすることとは、まるで違うということは確認しておきたい。この作業は、あくまで作家の書いた言葉を重要視するもので、上演しやすくするのとは違う。しばしば愚かな演出家は、自分の頭の身の丈に戯曲世界と言葉を縮小させて、それをテキレジと称する。こうした作業とは違います。
私の書いた翻訳部分は要所要所、笑い等々的確な反応があり、これは東京においても言われたことだが、ジョンと私のパート部分の切れ目がわからないほど自然な台詞になっているという感想が多数あった。
いつもの通り、ジョンがキャスティングする俳優達は今回もとてもいい。というか初対面のスーザン以外の四人は、前回の往復書簡、『4』に参加したメンバーだ。
みんな、面白がってやってくれた。
アメリカは、お客さん良いと思っているかいないか、うまくいったか、いってないかがけっこう即座にわかる。反応が直接的だからだ。
午前中はホテルから徒歩5分ほどのニューヨークパブリックライブラリーで原稿を書いている。三階の読書室は広くて静かでとてもいい。

リハーサル前、ブライアントパークに行くと、

image.jpeg

スケートリンクになっていた。

image.jpeg

背後にはツリー。
演出家の名前はどう発音するのかわからない。クロアチアの国立劇場のディレクターも務めたとバイオにはある。
裸と汗と肉体の芝居で、男どうし、男と女が全裸で抱き合う。パゾリーニの台詞はほとんど日常の口語ではないから、その齟齬を埋めるかのように、台詞を吐きながら、腕立て伏せをしたり、とにかく身体を酷使する。まるでジムの光景を見ているかのようだ。最後のシーンでは男が3人で全裸で議論をするのだが、私はなんだか銭湯でおっさん達がぶらぶらさせながらケンカをしているようにも見えた。
銭湯の言い合いとか小競り合いって可笑しいんだよな。顔は真面目なんだけれど、下じゃぶらぶらさせてるから。
で、主演のピラデは中盤で性器に唾を垂らしてしごき、懸命に勃起させようとするのだが、なかなかうまくいかない。演出家の指示は完全勃起と想像できるが、あーた、それは無理ですよ。芝居の本番中なんか一番縮んでる時だし、そのシーンに至るまで汗かいてゼーゼーしてるんだから。かわいそうに。
で、ほとんど半立ち前のをぶら下げて、スイカとナイフを取り出してきて、スイカにナイフで穴を開け、そこに性器を押し込んで自慰態勢で台詞を言うわけ。
なんたる過酷さ!
60、70年代のリヴィングシアターの『パラダイスナウ』かはたまたシェクナーの『ダイナソス』か。もちろん私はこれらをヴィデオでしか見ていないが、こいう感じだったのではと想像できて、得した気分になった。
カルメロ・ベーネへのオマージュもあるのではないか。ベーネはパゾリーニが生前唯一認めていた演出家だ。
全裸、同性愛と一般人が抱くパゾリーニのイメージに実に忠実な舞台とも言える。
私は、こうしたイメージ、日本ではことさらに強すぎる『ソドムの市』のパゾリーニ像からひたすら離れる演出をしたので、対極のパゾリーニ劇とも言える。
とにかく要所要所で笑った。銭湯劇だからだ。
やれやれとも思ったが、こうしたものは、まず日本では見られないし、まったく寝ずに見きった。