公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
大相撲春場所、WBCと忙しい週に突入してしまったが、往復書簡、第二章『森にて』について書こうと思う。
タイトルを決めたのは私で、書き出しも今度は私からであった。
19歳で殺人を犯したとされ、十年間服役して出所し心機一転立ち食い寿司を始めたものの、やはり立ち位置が不安定で自殺を決意し、樹海に向かったという設定が『森にて』である。
そこで主人公は同じく死にたいと思いつつ躊躇している自殺志願者や、自殺をしたい人のボランティアだから死ぬのを助けるという奇妙な論理を持つボランティアに遭ったり、ひとりでマグロの解体ショーをやってみたりするうちに、さらに混乱の深みへとはまっていく。
その混乱を受け継いだジェスランの後半は、Xという主人公のアルターエゴを登場させ、実は森の光景とは主人公が獄で見ている妄想で、彼は未だに服役中であるのではないかと思わせる展開を繰り広げていく。終わり近くになるとやはり森にいるらしいという展開になり、どうやら主人公は森に火を放って大火事を起こし、そのために多くの自殺志願者達を焼死させたらしいことがわかってくる。わかってくるというか、それもまた現実か妄想かははっはりしない。難解になっていくのだ。この件が全編中一番難解な箇所だ。物語の種明かしも謎の解明もないままに第二章は終わる。

私の書いた前半部分の英語はサラ・マクドナルドさんが下訳してジェスランに送り、ジェスランはその先を書いた。第一章同様25分ほどの作品となった。
森下スタジオで第一章第二章続けての都合50分ほどの日本語リーディングを私の演出で行い、第二章の一部分の英語リーディングがジェスラン演出で行われた。
数ヶ月後、マンハッタンのラ・ママ・ギャラリエで第一章と第二章の英語リーディングが第一章の時と同様、ジェスラン演出、キャスティングで上演された。
ニューヨークリーディングの模様は当日乗で見ることができる。
第一章は2015年3月「NY日記」で、第二章は201512月「冬のマンハッタン」で。
興味をもたれた方はそちらをご覧ください。
では、続きはまた明日。
最初にこの企画を口にしたのはジェスランのほうからだった。私たちは別のプロジェクトを立ち上げようとしていた頃で、その際に使用するテキストはふたりのリレー戯曲にしようと提案してきた。
私は即座におもしろいと答えた。そのプロジェクトの実現は無しとなったが、リレー戯曲の企画は是非やろうということになり、劇作にとっては多言語への翻訳という作業も常に問題であり重要なので、それをもう一本の柱にしようとなった。
三年前、セゾン文化財団の助成によって『東京/ニューヨーク往復書簡』がスタートした。
第一章『路上にて』のタイトルを提案したのは、私だった。このタイトルならどのようにでも書けるとジェスランは同意した。それ以外、わたしたちは何の事前の打ち合わせもなく、ルール設定もなかった。ただ最初に書くのはジェスランと決めて、時間にしておよそ15分のピースを書き下ろした。観劇している方はわかると思うが、最初からスターバックスのシーンまでだ。それを受けて、私は喫茶ルノワールのシーンから始めて最後までを書いた。ふたつを足して30分ほどの第一章となった。
森下スタジオのワークショップではジェスランと私、参加する日米の俳優四人で下訳をもとに(下訳は英語から日本語は私がやり、日本語から英語は参加俳優の岩崎麻由さんが行った)英語から日本語、日本語から英語の翻訳作業を一日およそ四時間ほどの五日間みっちり行った。
ひとつひとつの台詞を俳優が発語してチェックし、台詞として不自然ではないか、言葉のニュアンスが作家の意図と合っているか、もっと見合った言葉があるのではないかなどなど細かい確認をしながらの濃密な時間だった。
作家が生存しているのだから、こうした翻訳作業が有りなのではないかという探求と実験である。
俳優諸氏は日英バイリンガルの方に集まってもらった。こうしたことに興味を覚える方が集まったのである。ネィティブ・スピーカーは、ニューヨーク英語を理解する方々を人選した。私が書いた日本語の台詞を生きたニューヨークの口語にしたかったからだ。
翻訳された第一章は30分の長さで、日本語版英語版両方が森下スタジオでリーディングされた。
その数ヶ月後英語版がニューヨークのラ・ママ・ギャラリーでジェスランがキャスティングしたニューヨークの俳優達によってリーディングが行われた。
続きはまた明日。
とにもかくにもお客さんが笑って見てくれて非常に嬉しかった。
ゲネ終了。
なんだか奇妙に面白い。
三年間、ジェスランとリレーで書き継ぎ、その間全く打ち合わせも話し合いもなく、ついに一時間半の戯曲が完成したのである。この誕生の瞬間に立ち会っていただきたい。
さてさて、いよいよ明日明後日、リーディング発表である。
俳優諸氏さすがの力量である。
スピードである。
わたくし、稽古が終わるとどっと疲れる。走り切ったレーサーのような気分。
ってレーサーになったことないけれど。
つまり、前回前々回に比べてより作品を創り上げるモードになっているのだな。
みんなスマートで本当にこの企画を楽しんでしまっている。快調に学んでおります。
森下スタジオ通いが昨日から始まった。
今日はびっちり四時間、みんなで翻訳作業。
メンバーの意見、指摘、的確。
今さらながらこういう作業はすごく面白い。
ジョンからニューヨークのトランプ反対のデモの様子などを聞く。
60年代を超えるデモの盛り上がりという。
今回のテキストも、こうした時代の今が如実に反映されている。
これが募集チラシ。

IMG_4784.JPG

よく見えない?
もうすぐティーファクトリーHPに上がります。
新作、全力を注いでこしらえたいと思っています。
ティーファクトリー秋の新作のキャスト、オーディションを四月に行います。
もうすぐティーファクトリーHPに詳細が上がります。
また、都内劇場、公演時、募集チラシが配布されます。