公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
困ったことに、不謹慎ながら、このようなディストピア状況下に創作意欲が増大する。
2020-03-07 20:46 この記事だけ表示
『4』の上演は5月である。
前売開始は3月である。
状況はどうなっているのかわからない。
刻々と変わっていくので、大きい言葉はすぐさま無効になる。
いろいろ考えます。
2020-03-04 12:35 この記事だけ表示
しっかし、劇場街、エンタメ界、大騒ぎの大混乱だ。もう朝からいろんな情報が入ってきて、落ち着かず、こうやってまた無力なブログを書いている。
倉持裕氏のフェイスブックの「泣いた。」の一行に泣いた。
2020-03-02 15:55 この記事だけ表示
前述したリトアニア演劇祭について説明を補足します。
独立して一年後、首都ビリニュスにはまだソ連軍の戦車の砲撃による瓦礫が散逸して、物も不足。電力も不足で夜は電燈ひとつもなく、しかしそうしたあかりひとつ無い夜というのは夜空の星明かりで全くの闇ではない。
そこにベルイマンの『サド公爵夫人』をはじめとしてテアトル・コンプリシテとかさまざまな演劇がリトアニアの独立を祝して集まってきたのです。
電力不足で複数の舞台が同時刻に上演が不可能とか、上演最中も電力が不安定とか、冷蔵庫というものがないとか、とにかく当時の日本人、今の日本人にとっても想像もつかない独立後の不安定な生活の中で行われたわけです。
前述した開催主旨はこうした状況下で高らかに宣言された演劇の声だったのです。
以上。なかなか想像できない状況でしょうから補足しました。
2020-03-02 14:10 この記事だけ表示
もし今自分が公演を持っていたとする。
公共劇場でならば中止要請に従わざるを得ない。いまの政府と首相を日本国民は選んでしまったからだ。
民間の劇場での公演だとしたらまず幕は開ける。そこは独立地区だ。
公演中止の要請、決定とは舞台人にとって死の宣告に等しい。簡単に決められてはならない。
1993年、第三エロチカは第一回リトアニア演劇祭に招かれた。ソ連邦からの独立後初めての演劇祭だった。
⚫️ロシア演劇でもない、プロパガンダ演劇でもない演劇を観たい。
⚫️食糧と同じように人間は演劇を希求する。パンを求めて、演劇を求めて。

開催の主旨にこのような事が書かれていた。
二番目の事は今でも強く心に残っている。
私はよく楽しく演劇をやることを口にするが、自分達が楽しければ、自分達が潤えば、それだけでいいわけがない。
人に見せる舞台は、人のためだ。
どんな時代の、世界の不安、混乱のなかであっても演劇は必要だ。そうした状況であるからこそ必要だとも言える。
人のために中止せよという批判があるだろう、
しかし、見たい人の独立性もある。
問題は、アソコが中止ならコチラもといった右にならえ、外堀固め現象が世間の良識としてまさしく蔓延することだ。
思考停止がなにより恐ろしい。
現政権とは国民に思考停止を求めるような案件を大量に生産してくる。
それが恐ろしい。

買い占めとはデマゴギーに操作された思考停止行為だ。
2020-03-02 13:02 この記事だけ表示
次々と公演中止のメールが届く。
公共劇場は今本当につらい。
全国学校の休校要請もでた。
とりあえずコメント、ということができない。先のことが予測不能だからだ。
ただ、言いたいのは、このような重要事項を発表し、国民に理解を求める一国の首相は、しっかりと正面のカメラを見て丁寧な説明をしていただきたい。
原稿読んで下向いて顔色悪く、なんの説得力も無い。ヤジ飛ばす時の元気はどこへいった?
こういうところに器の小ささがどうしようもなく出てしまう。しかも「休校」を「休業」と読み間違えて。情けない。
2020-02-28 00:40 この記事だけ表示
日本工学院専門学校の『エフェメラル・エレメンツ』の公演、コロナ感染防止のため中止の報が演出の田中壮太郎氏から届く。
今週金曜初日で私は土曜日観劇を予定していた。
学生諸氏はずっと稽古をしてきて舞台を創り上げ、さあ本番という時にバッサリ断ち切られたわけだ。
絶句。茫然。号泣と想像する。
ほとんど何も言えない。
諸君は世の中、人生の不条理をわかりやすく体験してしまったのだ。こんなことは滅多に体験出来るものではない、とプラス思考へと転換させよう!
と言っても今は無理だよな。
バカヤローと夜空に向かって叫ぼう。
壮太郎、近いうちメシを食べよう。
2020-02-25 19:13 この記事だけ表示
世田谷で打ち合わせをして、吉祥寺で今度久しぶりに音楽をつくってくれる杉浦英治、世界のスギウラムと打ち合わせ。杉浦、さまざまな都市伝説を炸裂させ、盛り上る、盛り上る。
F86F9678-F4B8-4793-BAF2-86BE76E0664E.jpeg

町口覚氏よりチラシのデザインが送信されてくる。『ノート』、『クリシェ』ともまた違うテイストで素敵だ。
金曜日は旧知の仕掛人からさまざまな仕掛けプラン及び『パラサイト』アカデミー賞の裏話などを聞き、盛り上る。
そんなこんなでコロナに気を遣いつつ、普通に暮らしている。
2020-02-23 12:34 この記事だけ表示
オモロイ光景!
49FD43F5-13B7-45D8-9E39-5C28744E0601.jpeg

E1DFF6C7-9EB3-4DFC-8240-BC325A42224B.jpeg
2020-02-07 00:16 この記事だけ表示
濃い時間でした。
皆様、ありがとうございました。
どうしたことか、疲れはありません。
舞台に立つと元気になるということなのでしょうか。
『クリシェ』はこれで終わりではありません。
またの機会をご期待ください。
2020-02-04 14:34 この記事だけ表示