公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
地震、台風に怯え、100年に一度のパンデミックに襲われ、私の最晩年には富士山噴火か、はたまた首都直下地震か。

今日25日は『4』のトークをやる日であった。いろいろ話すことがある。可能なら来年やりたい。
収束後の世界を想像する。人間の個々の孤立が普通になる社会か、あるいは生き延びた者たちの喜びから優しさと寛容に溢れた街々だろうか。
1990年代のニューヨークを思い出す。80年代前半によく行っていたのだが、およそ10年ぶりのニューヨーク、そこはガツガツした猥雑さと生の剥き出しのエネルギー(これはこれでかなりの魅力だったのだが)が消え、柔らかい空気に満ちていた。エイズ禍を潜り、生き延び、生き残った者たちの優しさだった。
グッゲンハイムで開かれていたナン・ゴールディンの写真展を思い出す。70年代から80年代前半の写真で笑顔でいたパーティーピーポーたちが、後半の写真で棺桶に横たわる遺体となって現れる。飲み会、パーティーばかりだったのが、葬儀の光景が続く。
90年代のニューヨークは、皆本当に他人に優しかった。
東京は変わった、寛容さで柔らかくなった、と早く書きたい。
2020-04-25 13:58 この記事だけ表示
非常事態宣言が出てからも、やる気まんまんでいた。期間が一ヶ月ほどと知り、ならば五月七日を稽古開始として初日の29日には開けられるだろうという目算があった。
一月後、さらに初日には事態は現在よりは好転しているだろう、好転していて欲しいという観測だった。
演出、上演において様々なことをシミュレートした。
入場時の検温、手の除菌はもとより、前売り開始時から座席に緩衝席を設けた。
演出上では舞台の前面、客席前列との境にアクリル板を設置する。これは感染防止のためだけではなく、実はリチャード・フォアマンがセント・マークス・チャーチという自身の小劇場で1990年代実践していた演出で、無論それは感染防止のためではなくて、あくまで演出上の試みなのだった。照明の当て方によってアクリル板に客席全体が映り、舞台の動向にオーバーラップして見えるという効果がある。
感染予防対策としても、演出の試みとしてもこのアイデアをやってみたいと考えて、舞台監督に相談しようと考えていた。
が、盲点にすぐに気がついた、アクリル板を立てて俳優の声が聞こえるかどうかだ。フォアマンの劇はほとんど台詞らしき台詞は無かったのだ。
しかし、舞台前面に寸分もなく立てるわけでもないので、可能かな、とにかく相談だ、ということで保留にしていた。
次に俳優間の接触を演技でさせないということも決意していた。絶えず二メートル程度の距離を保ち、俳優はお互い絶対に触れ合うことはしない。
そんなことが可能なのだろうか、『4』という劇においては、それは可能であり、不自然であるどころか逆にその世界像が粒立つのではないか、という目算があり、これも稽古で大いに確かめつつ進めたいと考えていた。

さらに五月に稽古を開始してから、何事かの宣言があり、公演中止に見舞われた時には、すぐさま映像化に切り替えるという案を考えていた。
その映像作品とは舞台記録でも稽古記録でもなく、稽古を踏んだ上での映画作品である。
私の描いていたイメージの映画はピーター・ブルックがペーター・ヴァイスの戯曲を映画化した『サド侯爵の演出のもとにシャラントン保護施設の演劇グループによって上演されたジャン・ポール・マラーの迫害と暗殺』であり、ラース・フォン・トリアーがノーセットでひとつの町の出来事を映像化させた『ドッグヴィル』だった。

と、様々なアイデアがあったのだが、世田谷区が都の宣言とは別に五月一杯まで公共施設を一切閉館すると決めた。
閉館とは観客のみならず、一切人は入れないという意味である。とすると、29、30、31日は確実にできない。
幕を開けようとするならば六月一日から仕込んで三日もしくは四日初日ということになる。
しかしながら、これまでの事態を振り返ると、この閉館も伸びるということも考えられる。
やれるという保証はなく、限りなく不透明な賭けである。
さらに、劇場周辺のみならず、映画現場、テレビ現場も休止した状況に見られる通り、主催側、製作サイドは、キャストスタッフの安全を考えなければならない事態にあるという結論に到り、次に延期の可能性を探ったところ、運良く見つかった。
というわけです。
映画のアイデアも来年の上演時に実現させたい。

数々の舞台が本番前に断たれ、劇場周辺はついに観客の目には見られることのないまま廃棄された舞台装置が山となっているという。
稽古中、本番前に断たれた舞台とは、まさに精魂込めて育てた生鮮野菜の廃棄である。
そう、舞台は生鮮野菜で、寝かせて保存というわけにはいかない。
私たちは稽古前に決断できたので、まだ幸いだったということが言える。
これが先週一週間凝縮して起きた出来事だった。
延期の案に速やかに対応してくれたスタッフ、俳優方のプロダクションの方々に感謝します。
私個人としては、久しぶりの世田谷シアター・トラムへの帰還が適わなかったのが、じんわりとさみしい。
と数時間ほどセンチメンタルになった。

みなさん、お待ちください。
そして早く舞台が開けられるよう、祈りましょう。
神なき国で誰に祈ればいいのか?という問い。
とりあえず、私たちは演劇の力を信じて演劇本体に祈りましょう!




2020-04-14 12:13 この記事だけ表示
ウイルスでそれどころではないが、花粉がけっこうきつい。
少し間、外に出ただけで顔が真っ赤になる。例年だとこれで人会って陽気にはしゃぐと、「酔っぱらってるんですか?」とか言われる。
アルコールを飲むと花粉アレルギーの症状は増し、くしゃみと鼻水でだるく、昨日はとみにひどく、これは感染したなと思ったが、今日はケロリとしているので、やはり花粉だったのだろう。

ティーファクトリー、世田谷パブリックシアターの告知の通り、『4』は延期いたします。
キャスト、スタッフ丸ごとそのまま来年八月に移ります。
楽しみにされていた方々、申し訳ないです。が、中止ではなく延期なので、来年に期待していただければ幸いです。
取り急ぎの報告です。
また書きます。
2020-04-13 17:49 この記事だけ表示
ホーホフートの『神の代理人』、ペーター・ヴァイスの『サド侯爵の演出のもとにシャラントン保護施設の演劇グループによって上演されたジャン・ポール・マラーの迫害と暗殺』を読んだ。改めてドイツ語圏戯曲の容赦のない思考回路と方法に感嘆した。
少し前にドナルド・スポトーが著したテネシー・ウィリアムズの伝記を読んで、ウィリアムズへの興味が再燃したところだったが、このドイツ戯曲に比べると、テネシーは、傷ついたボクをみんないつも想ってとばかりほざいてるカマってちゃんにしか見えなくなる
ペーター・ヴァイスの戯曲を、その後、『追求』、『被抑圧者の抑圧者に対する武力闘争の必然性の実例としてのベトナムにおける長期にわたる解放戦争の前史と過程ならびに革命の基礎を根絶せんとするアメリカ合衆国の試みについての討論』、『亡命のトロツキー』、『ヘルダーリン』と読み継いだ。これらの方法論はいまだ有効だが、ヴァイスの名があまり言われなくなったのは、存命時のソ連邦社会主義、共産主義への支持という政治的立場のせいだろうか。
微温的に処理しようとしないヴァイスの方法を若い劇作家は学んでもいい。
『亡命のトロツキー』を読んで、トロツキーへの興味が増して、書棚に積んであった『永続革命論』、『レーニン』を読んで、瞠目であった。
トロツキーのことをまるで知らずに生きていたのに愕然とした。これほど誤解されたまま名が残されている人はいないのではないか。
『わが生涯』も読むつもり。トロツキーは文章が上手い。翻訳が上手なのだろうか。
名著は読んでいないのに知っている気になる。読むと世評の印象とまるで違うことが圧倒的に多い。
読まなければならない本がまだまだ山ほどある。

続けて大岡昇平の『成城だより』に手を出したわけは、二週間ほど前、西荻の古本屋で、神奈川近代文学館にてこの三月から五月まで開催される「大岡昇平の世界展」のチラシを手にしたからなのだ。『成城だより』の広告があって、そういえば読んでいないと思い立った。
世界展にはイヴェントとして島田雅彦氏の講演会なども企画されているが、多分もはや展覧会自体が開かれていないと想像する。
で、読み出したのだが、いまさらながら、まあ面白い。
日記は1980年から始まっている。私は20歳、第三エロチカ旗上げの年、荷風の『断腸亭日乗』と違って、知っている時代だから尚更にスリリングだ。と言って断腸亭がつまらないわけではないが。
大岡昇平、この時70歳。頭はしっかりしているが、体の衰えはかなりのもので、自分もあと10年でこうなるのかと愕然ともする。
以前から尊敬する作家で、このような老人になりたいと秘かに思いを寄せていたが、改めて、この老人がスゴイと呟きたい。
まあ、当日乗も、かくありたしだが、まだ足元にも及ばない。
精進します。
8年後の1988年に氏は逝去されるのだが、それが昭和天皇崩御と同じ時だった。故になんだか追悼の声が縮小されてるなあと当時悔しかったのを思い出す。


2020-04-11 14:24 この記事だけ表示
まさに、紛れもなく未曾有の世界。
日々変わる状況。
今のところ公演は予定通りの心づもりでいるが、何が起こってどう変更するか、まったくわからない。
しっかりこの世界、この時代を意識に刻印しておくつもりでいる。
2020-04-02 14:58 この記事だけ表示
短編戯曲を書き継いでいる。
四本になった。
今の空気を書き残しておこうと、『2020年3月』というのも出来上がった。こういう時だったなあ、とこの戯曲を落ち着いて見られる日が早く来ることを望む。
2020-03-29 18:15 この記事だけ表示
さあ、明日、会員様先行予約開始!
2020-03-21 19:42 この記事だけ表示
『4』前売り、いろいろなところで販売開始します。
詳細はティーファクトリーHPをご覧ください。
2020-03-16 11:33 この記事だけ表示
そう、9年前午後2時46分、『4』を書いている最中だった。三猫と身を寄せ合っていた。
今年、『4』の公演前、こうした世界だ。
自分の生きてる時代を未曾有だとして表現者は思考するが、まさに未曾有の時代を生かされているという感覚がひしひし迫る。
短編戯曲を書き継いでいる。

劇場、映画館、本。
自分にとっては、このどれもが欠けてはならない。
2020-03-11 17:28 この記事だけ表示
阿佐ヶ谷で伊東潤の演出する舞台を見る。柄本さんと久保井君に会う。その後、吉祥寺で久しぶりにヴェトナムフォーを食べる。
数日前は渋谷和宏氏と北海道でしこたまワインを飲む。居酒屋北海道っすよ。
日本国の観光立国の道を進めてオリンピックで完成させるというヴィジョンは頓挫した。
まったく個人の人生がそうであるように、国、政府の将来プランも思い通りにはいかない。
そもそも思い通りにいくものではない。
思い通りにいったとしても、その時はいいがその後にしわ寄せが必ずやってくる。
個人の場合は子孫に必ず悪いことがある。
なんてことなどをムニャムニャしゃべる。

まあ、演劇人舞台人はそれぞれ知恵を絞り、しぶとく生きてる。
今辛く、地獄に落ちたとしても、人間死ぬ間際まで幸不幸はわからない。
自分の頭で考えて進むしかない。
演劇はまず死なない。
2020-03-09 01:03 この記事だけ表示