公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_kari1705.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/蘭妖子

7月前売開始予定!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ガンガンやった。

帰宅してW杯最終予選タイ戦を見て、くたびれる。
勝利したが、日本が強かったのではなく、相手が弱かったのだ。
あと3点は入っていたろうが。なんでこういうところ決められないんだろう、いつも。
麿さんのラジオ生放送を聴き、小夏、愛、睦の爪切り。睦は機嫌が悪く、軽く引っ掻かれる。
お掃除。
小夏たちの好物のスープ、お買い物。
原稿書き。
あっという間に日が暮れて、今日は酔っ払いの父の命日。
暑かったね〜。
なんだか日常が不思議だ。
みんな汗だくの演技のなかで、わたしは冷房で冷え切ってしまっている。
タケは寒いよ、ブルブル。
わかる人にはわかるだろう。
今日の稽古は良かった。
明日はむさしのエフエム、14:30頃、私と手塚さん出演します。
さあ、また明日だ。

それにつけても昨日のWカップ最終予選UAE戦はどうしたもんでしょ。
日本人選手の動きといい審判といいヘボ試合!
充実した稽古だった。

生徒の皆さんは新学期ですね。私、小中高と新学期ぐらい憂鬱なことは他になかった。ホント学校嫌いだった。
それでも今はとりあえずちゃんと生きているから、今新学期嫌な人、大丈夫ですよ。一生続くわけじゃないから。
とは言うものの、そうそう簡単には仕上がらない。試行錯誤しつつ前に進むのである。
快調。新キャスト三人いいですよ。
昨日は新キャスト三人の抜き稽古。今日は全キャストとスタッフで稽古場はわっさわさ。いいかんじ。新作こしらえるのと同じ気分。
かつて私は小松さんと不仲であると噂されたことがあった。私が三十代の頃だ。それまで面と向かって会ったことも話したこともない小松さんを私が一方的に嫌っているというのだ。そのことを知ったのは某劇作家邸宅での打ち合わせの折で、時間差で遅れて現れた濃い顔の人、それまで劇場あたりでたまに目にしていた、印象的な顔立ちなのでこの人は誰だどこぞの俳優かと思っていた人が、小松幹生氏だとその日初めて知ったのだった。
私は稽古があったので小松さんが現れてすぐに邸宅を後にしたのだが、これがまた誤解を呼んだらしく、主の劇作家氏は私が噂通り小松氏との同席を嫌ってすぐに席を立った、私には悪いことをしたと気遣いをされていたことを後になって某から教えられ、そこで私は小松さんとのことで見当違いの噂が流れているのを初めて知った。テアトロの編集部にいる劇作家ということぐらいしか知らなかった方をなぜ嫌いになれるのだろうか?
いやはや世間というのは本当に不条理演劇そのままだと私は恐ろしくなった。

「せりふの時代」が創刊されてから編集委員として定期的に顔を合わせるようになった。この時もまた私が小松さんと一緒でだいじょうぶかなどと訳知り顔の心配をしているむきがあったようだ。だいじょうぶどころか、私は小松さんという人柄が好きだった。編集会議で時間通りに来るのはたいてい私と小松さんだった。会議が始まるまでふたりで交わしたどうでもいい話題の会話が心地よかった。
「せりふの時代」に連載していたエッセイ「てーま主義」には独特の味わいがあった。イケイケドンドンの劇作家たちには書けない渋みに満ちていた。
劇作家協会の公開審査で司会を私にふったのは小松さんだった。
「自分は司会だめだから」と言っていた。それから私の司会が続いたのだが、一度司会を小松さんがやる羽目になった会があった。私は審査員として隣にいたが、よたよたしていて本当にヘタな司会だった。私がいらいらして口出しすると、「あんたやれよ」と小声で反撃してきた。
鬱屈と屈託を苦い笑顔とジョークと鼻歌で抑えこんでいる、ある意味典型的な昭和の男だった。が、威張ることをせず、若々しかった。だから私は享年75歳と知って多少意外だった。まだ60代かと思っていた。

塩梅が良くないと劇作家協会の勢藤さんから聞いて六月、仏子の病院を見舞った。夜になっていたので病院の裏口から入り、教えられた病室を見回しても見あたらず、看護師さんに尋ねて、あっと思い、眠っている人に声を掛けた。眠ったままのようなので帰ろうとしたところ、目を開けて私をみとめ、「よくわかったねえ」と言って微笑んだ。それからとりとめのない会話をした。
「デジャヴだ」と言った。「君がこうして見舞いにきた光景が前にもあったような気がする」
 私は何も言えなかった。握手をした。「来てくれてうれしいよ」と言ってくれた。
 外には霞んだ月が浮かんでいた。
 不思議なご縁だった。