公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『カルデロン』は21日から配信らしいです。
このサイト、一度観ると後は今月中何回も観られるということです。
2020-05-19 21:27 この記事だけ表示
自分らもまったく無傷なわけではなくて、自分らの興行がまるまるひとつなくなってしまったわけで、中小企業助成申請等を研究しているが、なかなか引っかからない、というか当てはまるかどうかが微妙なところがある。
情勢はまことに厳しい。
2020-05-19 12:15 この記事だけ表示
パゾリーニ戯曲、『豚小屋』、『文体の獣』に続き、『カルデロン』も配信されます。
パゾリーニ戯曲と私の演出について書いた「舞台芸術」掲載の文章「パゾリーニ、その実践と方法」が、只今「舞台芸術アーカイブサイト・開演を待ちながら」で読めます。
です。
観賞の手引きにご利用ください。
2020-05-19 11:26 この記事だけ表示
もともと人混みは大嫌いで近づかないし、人とあまり無駄話もしないし、おまけに閉所恐怖なので、三密避けはまるで苦にならない。
留守番がないので猫たちは絶好調。
来年2月、短編戯曲フェスをやろうとしていて、その為でもあるのだが、つらつら書いていって8本になった。
そのうちの数本は、まさに今の空気を書いて残しておこうと目論む中身のものだ。だから後数本は書けるだろう。
地震、津波、原発事故の月、この不安を残しておこうと『路上3・11』を書き、すぐに新宿の雑遊で上演したものだ。
短編戯曲はライブ感が生かせる。
2020-05-17 20:19 この記事だけ表示
私演出によるパゾリーニ劇『豚小屋』が配信されています。
もうすぐ『文体の獣』も見られます。
皆さん、よろしくお願いします。
2020-05-10 13:42 この記事だけ表示
『メリー・ポピンズ』、『メリー・ポピンズ リターンズ』
二本続けて見る。退屈ですけどね、まあ部屋をウロチョロしながら見ました。楽しかったですよ。
『アントニオ・ダス・モルテス』、『狂乱の大地』
グラウベル・ローシャの映画。今やこの名前を知らない人も多いことだろう。
ブラジルのヌーヴェル・ヴァーグ、ブラジルのニュー・シネマ、ブラジルのゴダール。
子どもの頃、映画誌で名前は見るものの見る術がなく、数年前、DVDボックスを購入してみたものの、面白くなかった。途中でやめてしまった。
今回、あの時は集中力が足りなかったと背を正して見たが、やっぱり面白くない。古臭い自主映画を見ている感じがする。
映画館で見ないと成立しない映画かも知れない。ホドロフスキーの映画のように。ホドロフスキーはDVDで見るとやたら退屈する。もっとも『メリー・ポピンズ』の退屈さとは異質なのだが。

来週はフリッツ・ラングを見直すつもりでいます。
2020-05-09 13:50 この記事だけ表示
日芸のオンライン授業が始まるので準備中です。
テキストに三好十郎の『冒した者』を使う授業があるので、読み直したところ、やっぱりこれ面白いね。
かつて三十代の時分、一番お金に困っていた時期、ハイナー・ミュラーと三好十郎を熟読していて、四十代になってパタッと両者とも読まなくなり、『冒した者』がどういうものだったかもすっかり忘れてしまい、なにやら面白いものだったという記憶だけはあったのだが、果たして記憶は正解であった。
そういうわけだから近年、若い演出家の手でこの戯曲は上演されているのだが、記憶があいまいだったせいで観劇には至らなかった。見ておけばよかったと今思う。
作者は前書きでシュールレアリスムの手法を用いたと書き留めているが、今読むとどこがシュールレアリスムなのだろうか。
恐ろしいまでに旧くない戯曲である。だからこそ、若い演出家たちが上演に手を挙げたのだろう。

そこで、三好十郎の評論集『恐怖の時代』、戯曲『斬られの仙太』を読む。どちらもかつて途中まで読んで面倒になってやめてしまっていたものだ。今回読んで、かつて面倒になった理由がよくわかった。とにかくしつこいのである。評論の批判の書き様がしつこい。さすが吉本隆明が私淑しただけあると思わせる頑固な執拗ぶりだ。『斬られの仙太』はまた今の戯曲と比べるとト書きが執拗で、しかもみんなよくしゃべるわしゃべるわで、くたびれる。
しかし、ともども面白いのである。気合が入っているのである。

2020-05-07 19:57 この記事だけ表示
この運動に賛同して、パゾリーニの『豚小屋』が配信されています。
まもなく『文体の獣』も登場します。
是非、SAVE THE THEATREにお立ち寄りください。
2020-05-02 11:20 この記事だけ表示
小林勝也さんと電話する。
「私にはもう抗体がある」と元気いっぱい。
私もまた、大っぴらには口に出せないことをベラベラ喋る。
ニューヨークのピーター・エッカサールとお互いの生存確認。彼のアパートメントはユニオンスクエア近くだが、通りに人はいないものの公園にはけっこう人が出ているという。公園とはユニオンスクエアのことだろうか。
マスク、手袋姿の写真が送られてくる。
昨夜ジョン・ジェスランからメールがやっと届く。心配だった。
彼は去年の秋からローマにいて、『ピロクテーテス』のリーディングなどを公演していたという。今年の8月まで滞在の予定が、イタリアが疫病の国土になり、帰米すべきところが、ニューヨークのアパートは8月まで人に貸していて帰るに帰れず、3月21日、シカゴのシスターのところにやっと落ち着けたという。
話題はそして亡くなったラママのマエダさんのこと。
決して日本に帰らなかったという謎多き方。
日本でどなたかご存知の方がいれば情報をいただきたい。
2020-05-01 12:06 この記事だけ表示
ニューヨーク、ラママのスタッフで舞台美術家のマエダジュンさんが四月六日に亡くなった。
70年代からラママに関わってきた今日まで、英語を一切話さずに、しかし図柄、スケッチ、図面で充分コミュニケーションをはかり、多くのスタッフから信頼されてきた、言わば名物日本人だった。
今日、ラママ代表のミアからメッセージが届いた。マエダさんは新型コロナウィルスに倒れたということだった。
ラママ及びダウンタウン界隈の悲しみとショックは相当なものだと想像する。
ラママは現在オンライン、ストリーミングでステージを配信している。
悲しみを堪えて。
謎多き日本人、マンハッタン、ダウンタウンの劇場で半生を送ったこの人をどなたか調べ、書く方が現れないだろうか。
それとも私自身が‥
2020-04-29 12:45 この記事だけ表示