公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
台本が上がった。
チラシも土曜に上がる。
今回のチラシ・デザインは見物ですぞ。
始動であーる。
で、今、睦さんが膝の上で寝てるわけ。
この生活を無下にはできない。
美しさとは、退屈を友達とするもの。
我はそこで退屈さと上手く友達にならなければ、新作もまた産まれないと心しなければならない。

こんなふうに1日に三度も更新して、要するに情緒不安定なのよ。
で、早速夜の徘徊生活について質問されたわけよ。若い頃、ほんっとそれで肝臓の数値上がるし、精神状態とかも最悪。20代で劇団とかの主宰なんかやるとこんなもんで、楽しいことなんかめったにないのよ。
ただそれで若死にすれば伝説だけど、生きてんのよ、おれ。
だから伝説作るのはこれからってことなのよ。
劇団やめてほんっと自由になりましたよ。
これで現役で75ぐらいまで生きれば十分。
なんでいきなりこんなこと書くなかというと、今パーティー帰りでいろんな演劇人と会って楽しかったからなのだ。
これでいーのだ。
美しい生活もやや飽きる。まあ生活というものはこうしたものだが、たまに良識やら常識やらを罵倒しつつ夜の街を徘徊していた日々が恋しい。ま、今もたまにやってんだけどね。

授業公演のため、『新宿八犬伝』を20年ぶりかで読んだのだが、若い戯曲だねー。
普段戯作指導でCG処理でしかできないようなト書きは書くなとか言ってるおれが25歳の時は「八犬士、巨大化して、超高層ビルの上に乗り」とか書いてる。ま、これでいーのだ。
若者よ、人のアドバイスなど信じるな。
このアドバイスもだ。
新学期が始まった。
いやー、今年の桜は例年にましてムッチムチですな。
京都の桜もムッチムチよ。
昨日、京都入りしたのだが、数週間ぶりに元気が戻ってきた。

で、今日は午前中からチェーホフを講義したのだが、その準備で行きの新幹線、ずっとチェーホフの短編を読んでて、すっかりチェーホフ・モードで京都駅に降り立ち、いろいろわが身について考えたわけよ。
サハリンへ行こう、サハリンへ!
京都の夜、たまたまその日、取材で来ていた渋谷と神馬で合流し、がぶがぶ酒飲んで、木屋町に繰り出し、バー・ホッピングで相当酔っぱらった。
翌日は入学式であった。

隅田公演をぶらぶらして桜を見、アサヒ・スクエアでやってる開幕ペナントレースの十分間のパフォーマンスを見たが、おもしろかった。

そういうわけで新学期が始まる。
今年は下半期、京都は春秋座で『新宿八犬伝・第一巻』、日芸では中講堂で『アルゴス坂の白い家』と、学内の公演上演とはいえ、大作続きだ。

それにしてもイタリアの地震、だいじょぶだろうか。

私は小沢がどうあれ、政権交代はすべきと民主党を支持する。
しかしこの党が今の自民党よりも舞台芸術への予算を減らすというなら、支持しない。
演劇にも予想より早く金融危機の波がきているな。うーん。
これもまた猫バカの人に「くるねこ」を読むように薦められて、読んだら涙出ちゃってしっかりハマりましたよ。
ほんっと猫ってのは、不思議で奥が深いっすよ。

そういうわけで明日は入学式だ。
『路上3』のチラシ・ポスター用の撮影をする。
さてさてどんなもんができあがるか、お楽しみ。
撮影後、勝也さんとマッチとで大飲み。

それにしても最近高齢者とのつきあい(勝也さんのことじゃないっすよ)が、多くなって、それに影響されてか、動作が老人くさくなっているようで気をつけようと思う。
大体ほんっと、何度も書いてしつこいけど50代ならまだしも、ひとのこと60代だと思ってるおとぼけ旦那がいるからねー。
そんなに態度がでかいのかな。全然無意識なんすけどね。
それにしても、この季節気合いが入らないことおびただしい。
WBC、アジア勢強かったすねえ。まあ、どすこい大型アメリカ車より小回りが効いて燃費のいい日本車が今の時代勝つってことね。でも最後まで侍ジャパンって呼び名はピンと来なかったなあ。
「侍になる」って言い方が「男になる」って言い方のマチズモっぽくて嫌だし、負けたらみんなで切腹しちゃう気だったの。
それに侍って要するに江戸時代のサラリーマンなわけだからさ、原監督の言葉の意味って、優勝してみんな本当のサラリーマンになりましたってことじゃないの。
おら侍になんかなりたかねー。町人でけっこう。町人の戯作者だ、おいら。戯作すっぞ、戯作。
そういえば式で大学院長の浅田彰氏が、我々は美しい生活を志向すべきだといった主旨のことを述べていた。

そこで美しい生活について考えると、私は自然とそれをやってるのではと気づいた。
がつがつとした業界政治はとんと興味がない。政治とか運動が好きな人は演劇など無駄なことはやめてほんまもんの政治に関わればいい。
わたくし、
物欲、まるでなし。
金銭欲、必要以上なし。
食欲、大いにあり。
創作欲、大いにあり。
権力欲、まるでなし。
うちの女子たちが健やかに過ごす、ただそれを第一に望む。
美しいと思うけどなあ。
毛皮のマリーじゃ、やたら汚いマリーとか言われたけど。