公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ここへきて配信プラットフォーム関連企業はウハウハだね。
2020-06-04 01:04 この記事だけ表示
という事を考えています。
新しい上演形式です。
つまらない生活様式と同じにならないようにと慎重です。
2020-06-04 01:01 この記事だけ表示
6月末まで続くらしいです。
パゾリーニ三作、是非三本続けて見ていただきたい。
2020-06-03 01:10 この記事だけ表示
リモート演劇って、これすぐ飽きられるな。
2020-05-31 02:07 この記事だけ表示
今日は初日でした。
さっき気がついた。
偶然ですが、安く買ったシャンパンで乾杯し、本来なら初日カンパイだったのに、という言葉にハッとしたわけです。
今ぼんやり「家政夫のミタゾノ」を見ながらワインを飲んでいます。
『4』は来年8月上演致しますので、皆さまよろしくお願いします。
2020-05-29 23:36 この記事だけ表示
リモート演劇、オンラインライブ配信及び観客入場と配信による同時ライブなど、ウィルス終息まで様々な試みが為されていくだろう。
これらは劇場に通常の半分しかお客さんを入場させることができない故の、言わば苦肉の策なわけだが、新しい観客層の獲得に繋がるかも知れない。劇場に出向くのがきらい、億劫という層に。
終息後もこの形態は残り、ライブ配信無し上演、有り上演といったことがアナウンスされるのが普通になるだろう。
それで劇場が廃れれるわけではない。
芝居は絶対劇場で、そうでなければ観劇体験とは認めないという人と、ライブ配信のスイッチングがたまらなく良いという人、その日の気分或いは演目によって見方を決めるという人も生まれるだろう。
ライブ配信の場合、画面のスイッチングが命になるだろうから、演出家がやるという事態も生まれるだろう。
演劇誌は、リモート演劇の可能性なんたらと特集を組み、批評家は配信演劇と身体とかなんとか、論じだすだろう。
こうした事態を演劇の堕落とみるか将来性と取るかだ。
2020-05-29 11:42 この記事だけ表示
58B2DF8A-E930-4D8D-914F-E648F14793FF.jpeg
上のが初版。下が今回の重版。
間違い探し。
答えは、重版にはタイトルにfourがない。
要するに、『4』は「よん」でもいいし「し」と読んでもという初心に返りました。
2020-05-26 17:45 この記事だけ表示
週末初めてオンライン呑み会をやる。
若者とである。楽しい時間を過ごす。
その後たまたま、そのメンバーとは別の、若い演劇人と電話で喋り、大いに興奮する。興奮したのは、いい事を言うからである。
いいぞ、いいぞ。
若い演劇人たちよ、50代以上の演劇人の言う事なんざ信じるな。この私の言う事もだ。
2020-05-25 23:28 この記事だけ表示
重版されました。
公演に合わせて重版しましょうという事だったのが、このように公演は無いのですが、とにかく売り切れなのでと、本は動きました。
興行が停止し、ゼロを前に呆然としているなか、うれしい事です。
重版に際して新たに、この時代に触れた後書きを添えています。
お手に取ってみてください。
2020-05-22 12:49 この記事だけ表示
さて、『豚小屋』、『文体の獣』、『カルデロン』、パゾリーニ戯曲三作が揃いましたぞ。
2020-05-21 21:56 この記事だけ表示