公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
新幹線のぞみに乗って帰京中だす。自ら望んだわけでもないのに、移動と旅の日々、不思議だなあ。
やっぱりN700系は快適ですよ。喫煙ルームが、なんか昔の旅の風情を呼び覚ます感じでいいんだよねえ。 心配なのは小夏の体調。まだジャンプができないという。
明日は『大市民』のオーディション。みなさん、楽しみましょう!
シルバー・ウィークっすか。いいっすねえ。今京都行くんで、のぞみ乗ってるんすけどまわりは観光、帰郷の方ばっかっすよ。いいっすねえ。
あっしは無論お仕事で京都入りですわ。で、すぐオーディションで、すぐアルゴス坂。京都では八犬伝。

で、昨日は猫ちゃんたちワクチン注射にいったんですわ。体重測ったところ、睦はスマート。愛は肥満気味と出ました。
で、小夏は帰宅してからはなんでもなかったんだけど、夕飯食べずに、たいぎそうにしている。
やっぱり注射の後は安静にしておくべきなところ、来客でばたばたしたり、愛と睦は全然平気なもんだから、小夏に仕掛けたりとかで、小夏くたびれちゃったんだな。
今朝はご飯食べたが、いつもはひとっとびで上がる棚に上がれなくて、ご飯も少し残した。
たいぎそうにしている。
実は私も小夏ちゃんと同じで、だるくてたいぎで仕方なく、おじいさんのような仕草で新幹線に乗り込んだ。
大丈夫か、小夏!
それにしても、元気なのは肥満児愛だ。医者様に行く途中でのキャリーバッグのなかでは、悲痛な声あげてたけど。この点では睦って動じないんだな。
『大市民』オーディション、たくさんのご応募ありがとうございます。いよいよ来週ですね。みなさんとの出会いを楽しみにしています。
日芸、総合実習の『アルゴス坂の白い家』の稽古も始まるし、夏の疲れとか言ってられない。
民主党政権にも期待する。やって欲しい。
私もやります。
ただいま三月公演『大市民』のオーディション告知されております。
みなさま、奮ってご応募ください。
歌、うまくなくても全然だいじょぶ。

詳細は、

http://www.tfactory.jp/
昨日はひとのお通夜に参列した。って自分のお通夜のわけはがねえわな。

で、日々書き終えた、やったあ!ってんで、かんぱーいって飲むわけよ。で、少し経つと、これやっぱだめってんで書き直して、またやったあ、かんぱーいって飲むわけよ。でもまた…
この繰り返しで飲み過ぎんだ。って自己分析。
でも二日間断酒したんだ。よかったですよ。
とりつかれたかのように書く数日があるわけよ。その間ってのは執筆の熱を冷ませるので、書いた日の夜は、ウイスキー飲むわけ。そんな時のウイスキーがまた至上の味で知らず知らずのうちに飲み過ぎてるわけ。
でも、そんな調子がいい日々が続くわけはなくて、昨日今日と最悪で、体にあせもだかじんましんだかが出て、体を動かそうってんでプールに行くと、更衣室の鏡には腹がでっぷりと膨らんだ白髪の男がいて、唖然と絶望するわけ。
イタリアですわ。帰国して体重計に乗ると71キロ。今まで70超えたことはなかったんだけど。
さらに買って帰ってきたプロシュート、白トリュフが70をなかなか切らせない。この間は、スプマンテから始めてチーズ、プロシュート、トリュフなどをつまみ、肉料理を食べ、最後にパスタを食べる。本来ならばパスタとメインのお肉は順番が逆だが、私はこれがいい。
この間スプマンテは飲み干されワインに替わっている。
食後にアイスクリーム食べて、ウイスキーを飲む。この時のウイスキーが口のなの肉の脂とアイスクリームの名残とが混ざってまた絶品なわけ。
書いていて、これじゃ体重増えるわなと思う。毎日これやってるわけではないが、当分は茶漬けでいこう。まだまだ先は長い。
しっかし帰国して一番たまげたニュースが石田純一と東野理子の婚約で東野父が、めでたくねーよって怒ってるって聞いて笑ったけど、それからバタバタいろいろあるねー。ダメ男多いねー。でもパートナーって結局自分の鏡だからダメ夫婦、ダメカップルってことなんだよな。
今回ウンブリアに来ているラ・ママのスタッフはミーア、ビリー、藤藪さん、ディビッド、パコで、このうちディビッドは普段はラ・ママのスタッフということではなく、ウンブリアには毎年従事し、パコはローマに住んでいるひとだ。
とにかく、この人々、驚くほどによく働くので、感心、脱帽してしまう。受講者、講師の世話、食事の支度、部屋のそうじ、料理の手伝い、洗濯までしてくれるのだ。このうち洗濯までしてくれるのには驚いた。いいのかなと思った。私の黒の靴下、誰かが間違えて持ってったらしくて、見つからなかったけど。
いやー、よく働くねえと言うと、このようにエレン・スチュアートに教育されるのだという。
部屋には鍵はなく、また貴重品も置きっぱなしだ。そのような相互の信頼関係から、ここの生活は始まっているということだ。
ミーアとビリーは夫妻であり、まだ一歳に満たない娘のユナは私の指を握るとなかなか離さない。このユナは賢い顔つきをしていて、滅多に泣かない。
このユナもいずれ舞台人として育ち、どこかで私と再会するのである。あのときの君と会ってるぞと老人である私は告げ、美しく育ったユナを抱擁するのである。
短期間の滞在だったが、このスタッフのみなさんの適切なホスピタリティーで快適に過ごし、ローマに向かう車のなかで、少し感傷的になってしまった。私には珍しいことだけど。年とったかな。

DSCN9992.JPG

ディビッド。

DSCN9995.JPG

ヒップホップシアターのダニエル。

DSCN9996.JPG

左がミーア、右が藤藪さん。


それにしても日々、暑いっすね。
私、もうこもりっきりで物語紡いでます。元気になったり、憂鬱になったりで。
アッシジが車で四十分ほどと聞き、、ロッセリーニの『神の道化師、フランチェスコ』にお世話になっている身にとっては是非行かねばと思い、車の送迎を主に担当するパコに頼んで連れて行ってもらった。ローマ住まいのパコもアッシジは子供の頃行った以来で、何も覚えていないという。

田之倉稔氏の『林達夫・回想のイタリア旅行』のなかのアッシーシ゜の光景は美しいが、現在のアッシジはどうも一観光地といった印象を免れ得ない。しかし、聖フランチェスコ教会の地下のフランチェスコの墓で、私は自分自身が静謐さに満たされていくのをされるがままにして、しばしその場に留まった。

DSCN9928.JPG

アッシジの小道。

DSCN9929.JPG

石で造られた町である。

DSCN9930.JPG

教会の外観。

DSCN9932.JPG

教会の丘からの眺め。ウンブリア。

DSCN9935.JPG

丘の上の城。坂道を上がっていくのだが、暑くて途中でばてて、ここまでにして、降り、カフェでビールを飲む。

翌日の午前、今度はスポレートの町にディビットに連れて行ってもらい、日本で買うと馬鹿高いワイン、モンテファルコ、オリーヴオイル、プロシュート、黒チーズ、バルサミコ、白トリュフなどを買い込んだ。

DSCN9940.JPG

スポレート。森の上の水路跡。ここの雄大にして深遠なる光景はゲーテが『イタリア紀行』で書いているらしい。これを私はまだ読み通していないのだ。
一休みして元気が出てきたので、続けます。

翌日、みんな緊張の面持ちで発表。
一組目は外から始まり、中へ導いていく。

DSCN9960.JPG

冒頭の映画監督である男の語り。

DSCN9964.JPG

老婆が上の階段から現れる。

DSCN9965.JPG

中が映画館という移動演劇仕立て。

DSCN9967.JPG

二組目もやはり男の語りと共に移動し、屋外の舞台へ導かれる。

DSCN9971.JPG

三組目もまた語りとともに地下のリハ室に行く。

DSCN9972.JPG

すると役がスイッチして違う役者が男として横たわっている。

DSCN9974.JPG

傍らの釜から老婆が出てくる。

DSCN9976.JPG

階段を上がっていく老婆。

DSCN9977.JPG

老婆、老人、男のやりとり。

ここでタイム・アップとなったが、まだ二組残っている。本来なら翌日の午後になるのだが、午後の部のダニエルが、このまま午後続けたらどうか、自分は明日午前午後続けてやれればいいから。ヒップホップと私のものはずいぶん違うから受講者も生理の切り替えが大変だろうか、と提案があり、昼食後の午後引き続き私がやることになった。

DSCN9979.JPG

で、四組目。釜でポルノ画像を鑑賞している老婆。
たまたまアン・ボカートのワークショップを受けた同級生というこの四人はきわめてポスト・モダンふうの演出で仕上げた。非常に脱構築的で、おもしろかった。

DSCN9981.JPG

これも四組目。いかにもニューヨーク実験テイストのKOMACHI。

DSCN9986.JPG

最後の組。今は使われていない地下のカフェの空間でパペットの男が歩きながら語る。

DSCN9987.JPG

さらに3人の役者が入れ替わり立ち代り男を演じ、影絵、仮面なども使われ、様々な演劇言語が駆使されて飽きなかったが、どの手法もいつか見たことのある光景とも言えた。

というわけで、五組の『KOMAGHI』、それぞれなかなかに趣向を凝らしていた。
その後、個々のパフォーマンスについて批評しあうディスカッション・タイムがあったのだが、けっこうみんなお互いのものに対して意見を言うのに遠慮気味なのが、特徴的で、私にとっては不思議だった。

終わり時間も近づいて私個人と私の仕事についての質疑応答となり、終わったのであった。

DSCN9989.JPG

ディスカッション。バッテリー不足でぼやけてしまった。

DSCN9990.JPG

終了後、みんなで記念撮影。ぼやけてしまった。

グループ分けして、自分たちで作り、発表するというのは、これまでのワークショップのなかでも初めてのことだったということで、みんなけっこうプレッシャーだったらしく、夕食後は打ち上げのようにリラックスして普段より騒がしい面々であった。

ちなみにこれまでの日本人の講師はヨシ笈田氏と人形遣いの田中純氏だということだ。

この夜、私はウイスキーで酔っ払って大騒ぎ。
というのはウソ。受講者の大量の質問に応じ、静かに就寝したのである。