公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
新春のカミングアウト。
デーブ・スペクターが好きだ。
ケーシー高峰が好きだ。
土曜午後のTBSラジオの「宮川まさるのパカパカ行進曲」が好きだ。
やっと今年の仕事納まった。
新宿で人と打ち合わせあり。その後久米さんに初稿を渡し、なんやかんやしゃべる。
そして阿佐ヶ谷のtpt『キレイじゃなきゃいけないワケ』を見る。ニール・ラビュートのこの戯曲、弾けたものと予想していたら、思いの外正統で劇作コースの一年生に手本にさせたいような保守であった。
いやはや、やはり米英の戯曲は保守だねえ。ドイツ戯曲のぶっ飛び方が逆に際立つな。
日本の現代戯曲はそれらとさらに古典の生理、手法までを咀嚼せんとする雑食動物なわけですな。
ま、少なくとも、私はね。
とにかく『大市民』の執筆。こりゃ二十代に書いてたスタイルに似たドタバタ・ラディカル・コメディになりそうでっせ。
「喜劇は批判精神だ」という観世栄夫さんの、かつての言葉が身に染み渡る。『黒いぬ』ご出演の折り、いただいた言葉である。
今日は暖かくて助かる。いよいよ五十代に突入。よくぞ生きた、書いた。ま、でもさしたる感慨もない。執筆を続けます。
とにかく人のこと60だ五十の半ばだと言ってる人々、おれ今日から五十だからね。
大掃除も忘年会もクリスマスもなし。とにかく『大市民』の執筆!
今日で年内の日芸の劇作授業は終わり。
で、セゾン文化財団の懇親会、銀座へ。
この会に出るのは五年ぶりだろうか。堤清二氏の顔を見るのも久しぶり。
きたまりもいた。
ペーター・ゲスナーとも、宮城聡とも久しぶり。宮城さんには、あなたは本当に我慢強い人だと労を労った。タニノ氏とも会った。私にとっては安藤玉恵の旦那という言い方のほうが近い。
高山明氏と初めて会う。いろいろ話す。

さて仕分けに舞台芸術はどうした論戦を張るか。
劇作家協会新人賞の公開審査で座・高円寺へ。
終わって授賞式、忘年会出てヘロヘロや。
京都のみんな、打ち上げ出られなくてゴメンね。おにーちゃんいろいろあるんや。堪忍やで。
渡辺えりと久しぶりによくしゃべった。
千秋楽、無事終了。みんなよくやりました。戯曲に書かれた仕掛け全部やっちゃった。なんかラストの玉出てきたところとか涙出てきちゃった。来年の第五巻に向かって、いよいよ新宿八犬伝シリーズの開始といった気分だ。
キリシマを演じた馬場君のお父さんは初演を見ているということだ。さらに初演でルドルフを演じた香取早月も見に来ていた。うれしさと同時に何やら時というものの恐ろしさを感じる。
春秋座に「騒乱情痴遊戯性愛」の八個の玉が輝く。ゲネなんとか終了。
6時開演!
いよいよ春秋座での『新宿八犬伝』が明日開幕だ。
昨日、通しを見たのだが、良くなっているので驚いた。
一体なにがあったというのだろうか。
底力のようなものを感じた。あとはインフル感染者が出ないよう願うのみだ。いやいやこれから場当たりだが、なにが起こるかわからないのが舞台だから気を引き締めなければ、ね。