公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

今日はアメリカ行きのビザ取得のため、朝の八時半、アメリカ大使館へ行き、なんだかんだ用事足して、杜のホールはしもとに1時頃着。
はーるばるきたぜはーしもとって感じだが、いい劇場だわ。 そいで七時半から「AOI」のテクリハだったが、少しこぼれて、長谷川の車で八王子まで送ってもらった。長谷川の話だと八王子には医療刑務所があって、脱獄者が出るのだという。あとやくざとキャバクラが多いんだと。
そういう話をふーんと聞いて明日に備える。いつもの通り初日が開くまでの劇場での一日は長い。

稽古場に撮影のために見学で天才カメラマン宮内氏、おうおう現れる。
宮内氏、見て帰る。
滞りなく稽古が終わる。
制作部からツアー、アメリカ入国のためのビザ取得の説明など。

佐伯一麦から本が届いたので行き帰りに読む。『石の肺』というタイトルで自らのアスベスト禍について書いたノンフィクションだ。
私どもといたあの日あの時、佐伯は実はこんなに大変だったのだと思い知らされる。私と飲んでいる時はそんなそぶりを露ほど見せなかった。それどころか、こちらが世話を焼かれるほうで、ニューヨークに三ヵ月滞在する前に飲んだ時は、「あっちにいけばこういうもんも食べられなくなるだろ」と焼鳥を大量に注文するのだった。
その優しさに、焼鳥ぐらいニューヨークにあるとは言えず、頬張った。佐伯には佐伯の意地があったのだろう。しかしそれはお互いツッパッテルというわけでもなく、俺達は自然なのだった。結局俺達はバブルなんてものとは無縁だったと言える。
生活がやや安定して、申請を却下されて不払いになっていた国民年金を、さかのぼることができる分の支払いを始めた、というくだりは身に染みる。
佐伯よ、君は今なにをしているのだ。
って本を出版したのだな。
手紙を書くよ。手紙だ。君にメールは似合わない。というか、君は携帯もPCも持ってないだろう。君はそんなもんを持つ必要などない。同い年の君は、同い年でこういう男がいるという意味でかけがえのない存在だ。

とにもかくにも三月三日、橋本で初日が開く。
みんなー、楽しく厳しくいこうぜっ!!

本番が近づくにつれて、通しでもダメ出しが減り、演説も減るのが私にはいつものことで、今回もそうだ。
大体、よくなるために稽古をしてきたんだから、よくなっていってるに決まってんじゃねーか。
そういうわけで、今日もほとんどダメ出しとかなし。

話は変わるが、このあいだの飲み会で手塚さんは野田さんの「ロープ」のことを話したのだが、日本の中堅演劇人にとって、小劇場から現代演劇へ、というイノベーションの意識の有無が設定されうるかも知れない。
私は「ロープ」を見ていないから、判断できないのだが。

ただし、アングラから現代演劇へ、というタームはありえない。アングラは徹底して、どこまでいこうとアングラだからアングラなのであって、だからアングラを褒めようとする人はよっぽど注意しないと、褒めたその時点でアングラでなくなってしまう。ここいらのことは、やはり平岡正明氏は上手だ。ふさしぶりにマチャアキの評論集読んでんだけど、おもしろいねえ。
ってこんなこと書くと、また剣持たまきさんに、五十代と間違われるかも知れない。
って剣持さんは革命三馬鹿の平岡正明なんざ、知らないだろうが。
とにかく私は四十七歳だからね、剣持さん。

で、自分はなんだと思ってんだって? アングラなの、小劇場なの、現代演劇なの?
わからない。いわぬが花よ。

写真は稽古後、ボー然としている中年二人組。このコンビで一年後、「神なき国の夜V」もやるので、よろしく。今のところ『ワニの涙』ってタイトルの予定。

今日は衣装パレード。って別に衣装着て町に繰り出すってわけではなくて、衣装着て具合見て着たまま通しをやろうってこと。
それで両方のチームがお互いのを見たわけ。手塚さん、笠井さん一様に「AOI」がずいぶんと変わったという感想である。
とにかく全員がのっている。
稽古はこれで残すところあと二日。

ところで写真は麻実さんの紫綬褒章パーティーでの唐さんとのツーショット。
思えば唐さんと初めて会ったのが、私が二十二歳だったから、そうか、あの時唐さんは四十二歳か。生意気盛りの私を唯一受け止めてくれたおとな、この世で私のことを、たけしと呼ぶ唯一の男性である。
私の生意気を受容するどころか、「たけし、もっとやれやれ」と各所で煽る唐さんで、この日も即時に、会った頃に戻ってはしゃいでしまう私どもなのでした。

昨日は俳優諸氏と飲み会だったのだが、私は早々に酔っ払った。
手塚さんは減量して痩せたシルエットが定着して、ますます役にはまってきたな。 「AOI」のほうは、これもまた恐ろしいほどの出来栄えを見せ始めている。ある意味初演とはまるで違うものになっているとも言える。
なんとなく見ていて恐ろしい瞬間がある。
ところで写真は眠るメメ。


そういうわけで、稽古休みの日の夜は「エデンより彼方に」を見たのだが、まさしくダグラス・サークの色彩設計で、いいメロだった。
そいでニュースとか見てたら黒川紀章氏の都知事選出馬の会見が映されたのだが、この石原現都知事批判って、なんか昔なつかしい文化人喧嘩の匂いがする。

深夜寝ようとしるとノラネコの母娘がニャーニャーやってきて、母は私の股間の上で娘はこたつ布団の縁でいきなり爆睡始めるので、こちらはなかなか眠れず、2時過ぎになって外の気配に何かを感じたらしい母がやおら野性の歩きで出ていくと娘も従い、こちらは寝床につく。
母は小夏といい、娘はメメという名で、猫のことはまた次回。

稽古。

その後、三茶で劇作家協会の戯曲セミナー。
実をいうと一週間前より、このことを思うと憂鬱だった。
さして話すこともないからだ。戯曲を書くのにコツもマジックもない。苦しみ抜くだけだ。
とはいうものの、受講者の方々の真剣にして真摯なまなざしを前にすると、やおら言葉があふれだして、二時間しゃべりきる。
こういう講座はやる前はひたすら憂鬱だが、やった後は本当によかったと思う。

帰りの電車、前の座席の女性、板チョコを一心不乱に食べている。
次に割り箸を取り出してお総菜のパックからブロッコリーをつまんで食べ始める。
それが終わると今度はサンドウィッチで、この勢いでいくと、デザートが取り出されて、最後はコーヒーのカップかと期待したのだが、下車してしまった。
よほどお腹がすいていたのか、それともそもそもそういう食事の趣味なのだろうか。

帰り道、リア・ディゾンのことを考えているうちに『リア王』のキャスティングを思いついた。
●ゴネリル=パリス・ヒルトン
●リーガン=ブリトニー・スピアーズ
●コーディリア=リア・ディゾン
●リア王=おれ

どうだい、このきゃすてぃんぐ!
どうだい、さいたま、松本、ひょうご!
のらねえかい。

稽古前、麻実さんと雑誌の対談、写真撮影。
稽古「AOI」、光役の長谷川、すこぶる調子よし。
本人にいうと、「疲れてるのがよかったのかも」と相変わらず、よくわからないことを言う。

「KOMACHI」、笠井さん参加でいよいよおもしろい。
なんか三年ぶりの舞台の再演ってのは、ワインの熟成を思わせるな。ほんと、才能あふれる演者に囲まれて幸せ者だな、あたし。

朝から雨だが、ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏のきぐるみで東京マラソン参加のため、都庁前に。
なんでケラ氏かっていうと、別にたいした意味もないけど「せりふの時代」の最新号の連載おもしろかったよなあ。
そいで着いて仮設便所で用足して少ししたら、いろんなランナーから案の定「ああ、ケラさん、来てると思いましたよ」と声をかけられた。
スタートの号砲を鳴らす石原都知事に「今いろいろあるみたいだけど元気出せよ」と挨拶して、浅草まで走り、稽古場に向かうと、きぐるみ脱ぐの忘れてたので、手塚さんが、「な、なんでケラが」とびっくり。
って、ここまでオオウソですわ。
こんなこと書いてるけど、私、ケラ氏とはさして面識なし。関係者の方々すいません。
ブロゲってなんかけっこう気つかうな。酔っ払って書けねえな、これ。早くもやんなってきたぞ。
でも、笑いのことでケラさんと話したいな。

そういうわけで稽古は続く。

写真は近所の閉店したままの床屋。こういう光景に妙に惹かれる。
夜、FOXのケーブルで「アメリカン・アイドル」を見る。おもろい。
劇団で昔やってた新人募集のことを思い出す。
どうしようもないのいっぱいいたなあ。




彷徨亭、この場所で再開いたします。
待っていた方、全然待っていなかった方、はじめて目にする方、今後ともよろしくお願いいたします。

でも再開っていっても以前と同じふうにたらたら嘘交えてやります。
前の彷徨亭はブログって意識がほとんどなくてやっていたんだけど、これはほんとブログになっちまっただ。
でもほんっとブログやる人って大勢になって、みんな結局しゃべりたいのは自分のことばかりなんだな。って結局私もそうなんだけど。
でも私の嘘があるからご用心。
でも作家でブログやっても仕方ないんじゃないの。
って自分にかえってくることだけど、いいの、私のは嘘ばっかだから。
って作家ほどいつも嘘つきはいないんだけど、とにかくこういうことになりました。
なんかブログやってますって、今やどことなくこっぱずかしいね。

そういうわけでおよそ三ヶ月ぶりの当日乗。
この間もいろいろありました。
ほんっと、石原真理子の暴露本に書かれてなくて一安心。
宮崎県の副知事のオファーは断りました。
都知事立候補のオファーも断りました。
今年のバレンタインもダンボール十箱のチョコで処分に大弱り。
「ごめんね」という一行のメール、結婚発表翌日の紀香から。
ってここらはみんな嘘ね。
あたりまえだっ。
嘘ばっか。でもたまに真実が書かれてるから油断できない。
ご用心。
って、別に緊張して読んでもらうこともないんですが。

それにしても、イーストウッドってのはほんとえらいねえ。
石原慎太郎に硫黄島のロケの許可の会見してるなあって思ってたら、涼しい顔で二本分撮っちゃうんだもんねえ。
『父親たちの星条旗』のほうが映画としては高級ね。
『硫黄島からの手紙』もほんっと泣けたけど、これが日本人監督だったら、こんな軍人はいなかったとかぐたぐだ文句いうやつが少なからず出てきてたかもよ。
『イカとクジラ』ってのも見たけど、まあまあ。

そういうわけで『黒いぬ』の公演も終わったわけよ。
やまほどいろいろおもしろかったことがあったんだけど、この間日乗休みで書けなくて惜しかったな。まあ暇を見て小出しにしていこう。
大晦日はだらだらと紅白とK-1ね。
曙の負けはもう年末の風物詩だな。
早く来ないかなあ、お正月。

そういうわけで『AOI/KOMACHI』の稽古も始まってるわけよ。
稽古中、麻実さんの紫綬褒章受章パーティとかもあって、会場で井上ひさし氏、唐十郎氏、清水紘治氏とひさびさに会った。
唐さんとはふたりで短時間で大騒ぎしちまっただよ。
いろんなこと話したよ。
中身はひ・み・つ。
書いたらみんなぶっとぶようなことよ。

そういうわけで、『和田アキ子殺人事件』とか見始めたらけっこうはまっちゃって最後まで見てしまった。
いやあ、みのもんたが犯人とは、やってくれるね、アッコ。

そういうわけで、この日乗、なるたけ毎日やるぞ。
自分のことばかり書いたる。って当たり前だ。自分のことしか書けない。
今日も稽古だったわけよ。
そいで『AOI/KOMACHI』は国内ツアーやって、アメリカ、ボストン、ニューヨーク、ワシントンD.C、ダートマスとツアーやって、世田谷で公演なわけよ。
なんか忙しいんだけど、私はそこいらの田舎者と違って、人間忙しいのは全然よくないと思ったりもしてるわけ。

てなわけで、パリス・ヒルトンが好きだ。
ついでにリア・ディゾンが好きだ。
いってしまった。