公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
とにもかくにも、変な妙な時代に当たってしまったものだ。
新宿の雑遊で『路上5 東京自粛』、書き下ろし、8月7日から10日まで上演致します。が、お客様入れるかどうかは未だ不明。不明ですが上演はするのです。上演後オンライン配信予定です。詳しくはティーファクトリーHPをご覧ください。
出演は小林勝也、占部房子、笠木誠、久保井研の4人、なんという豪華キャスト!
2020-07-29 16:04 この記事だけ表示
この映画は新鮮な発見と驚きに満ちていて、実に面白かった。
この討論記録を私はこれまで活字で読むということのみで知っていたのだが、そこで想像される雰囲気、空気感が映像ではまるで違う。
活字だとごりごりで退屈感すらあり、さらに三島を論破した男・芥正彦など一方的な伝説などがあり、要するに何をどう話していたのかほとんどわからなかったのだということが、わかる。
三島の話の内容は本人の口から語られる言葉を映像から聞き、見ることによって、非常によく理解できる。さらにいかに巧みな話者であったのかもわかる。
語りに織り込むユーモアを正確に受け止める東大全共闘も実にスマートだ。
言葉が機能していた時代の最後の光景、といったことを現在の芥氏が語っている。
その通りだと思う。
肉体を獲得した言葉を発しようと真摯に、さらに紳士に(討論相手の口先ににマイクいちいち向ける配慮をする三島という人は実にジェントルだ。こういうことは滅多にできない)振る舞う男の姿と、それをまた真摯に受け止め、論破せんとする若者の光景は、今となっては清々しくも写る。というと、まだ存命する闘士のみなさんは怒るだろうか。
この映像の三島の言動によって、一年数ヶ月後の三島氏の最期が、徹底的に考え抜かれた論理的行動であり、狂気とは無縁だったと立証される。
私の三島思想への反駁と疑念は、発せられる言葉のなかの天皇の一点に尽きる。とよくわかった。
この観念を論破するのは不可能に近い。
それは氏のなかで観念というより、言霊だからである。
私は、この時代に死に絶えつつある言霊という、虚体としての実体について意識的であらねばならない。
2020-07-24 13:42 この記事だけ表示
ただいま、新宿ど真ん中で稽古中。
2020-07-19 18:27 この記事だけ表示
『路上』シリーズは2011年の『路上3・11』までで4作上演された。
形而上的スラプスティックである。
5作目を書いた。
『路上5 東京自粛』というものだ。
詳細はまた後ほど。
2020-07-14 15:10 この記事だけ表示
書き上げる。
この大混乱のなか、上演方法を模索中。
2020-06-18 13:51 この記事だけ表示
久しぶりに新宿で生打ち合わせ。
夜の街裏情報もゲット。
さあ、楽しくなってきたぞ。
といって私、自粛まったく辛くはないが。
2020-06-09 15:55 この記事だけ表示
三蜜避け上演方法として、人里離れた場所で野外劇をやり、観客は距離を取り、望遠鏡で観る、ってのを考案している方もいるという。
まだ秘密だったのかな。
まことたくましい。
2020-06-07 14:56 この記事だけ表示
一か月延長されるという事です。
皆さま、是非お入りくださいませ。
2020-06-07 14:14 この記事だけ表示
浅草九劇で上演された『煙草の害について』のライブ配信を観た。
いろいろわかった。
やはりスイッチングは重要だ。
ライブ配信においてスイッチングは演出の一部と認識されていくだろう。
2020-06-05 22:41 この記事だけ表示
三好十郎の『殺意(ストリップショウ)』は作家の観念と執筆当時のアクチュアリー、娯楽性が見事に融合している。
ラジオドラマ『樹氷』を読む。『おしん』をも思わせる一代記で、その展開の面白さに「俗情との結託」とは何なのだろうと考える。
2020-06-05 12:05 この記事だけ表示