公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

さして考えもせずに引き受けて、その後考えて嫌でしかたない原稿を今度こそ書かなければならない。

昨夜は神保町で会議だったのだがA氏が新作公演中のB氏に触れて珍しく理事会でチラシを配っていたから相当な自信作なんだろうと言っていて、へーっ、ふーんと思った。自信作の時はこういうふうに周囲にアピールしなけりゃいけないんだ。意外かもしれないけど、私こういうのがけっこう苦手なんだ。終演後なんかもけなされれば即座に反応するけど、褒められるとどういう顔をしていいかわからないからポカンとしていて、素直に喜べとか言われる。パーティーなんかも隅でコソッと飲み食いしてすっと退場したいのだが、そうやって素直に慎ましくいると、脂ぎった連中がやたらよってきて、元気ないねとかもっと真ん中にとか余計なことを言ってよこし、そうなると私はエンターテイナーぶりを発揮してしまって、それもそれで楽しいから、たまに過剰に騒ぐという粗忽さを露呈させる。
で、結局批評ってけなすか褒めるか、気に入ったのか気に入らないのかはっきりしかも欲を言えば上手に書かれているものがいいと思うってのが今日この頃で、別に目新しいことを考えてない限り、御本人の思想なんざ読みたくもないね。
一時期、思想を開陳しない者は批評の資格なしとも思ったこともあったが、結局文章が人格、思想、すべてを語るわけだからね。

なんて何朝っぱらから御託並べてんのかね、俺。今京都に向かう新幹線の車中。たった今検札に来た車掌さん、平田オリザ氏にそっくりで声をかけそうになっちゃった。まさかね。ぼちぼち映画館巡りをしたいなあ。

それにしても松坂バカスカ打たれて、思いの外日本のメディアはアメリカの記事紹介しないが、いろいろ書かれてんだろうなあ。アメリカのスポーツ欄読みたいなあ。ウェブで読めるかもしれないけど新聞はやっぱ紙で読みたいよ、紙でよお。戯曲や小説も紙だよ紙。トイレは洗浄器でいいけど、活字は紙だよ紙。

とりあえず『路上』の初稿を上げる。59枚。登場人物は三人。男ふたりと女ひとり。
文字通り路上の劇で、装置はいらないかも知れないし、いるとしても逆にけっこう難しいかも知れない。
このあとまた書き直すかも知れないし。
いろんなところで、いろんな人が予算格安で上演できる、出前劇みたいなところも狙っているのだが、うまく書けているかどうかはまだわからない。社会派という無粋、朴念仁とは遠く離れた、しかし社会のこと描いたもののつもりなのだが。

『路上』出演者募集、どしどしオーディション来てくれ。

とにかく曇天、なんとなく寒いこの天気は、具合が悪い
小夏は妙に甘ったれていて、膝から降ろそうとすると苛立ってかみついた。よくない子だ。
今は座布団の上でおとなしく寝ているが。

大学の授業が始まった。午前中は座学の講義でひさびさの一時間二十分しゃべりっぱなしにけっこうくたびれた。実習はハムレットと寺山修司で、まだ私は軌道に乗っておらず、くたびれた。学生たちのやる気が頼りである。
新しい舞台芸術学科で研究室も竹やぶのなかの校舎に移り、私の机からは隣の犬の調教場の屋上が見える。何匹もの犬が寝そべっている。
最近、動物に縁があるのだ。
小夏は発情期らしく、戻っていないのだという。まったくこの娘はどれだけこの中年男を心配させれば気が済むというのだろうか。

先の忙しさを考えるとパニックを起こしそうなので、あまり考えないことにしよう。

七月にスペース雑遊で上演する「路上」の準備が、あたふたと始まっている。
勝也さんと作る新作です。今、書いています。
相手役のふたりはオーディションで決めます。詳細はティーファクトリーのホームページを見て、奮ってご応募ください。

ティーファクトリー
http://www.tfactory.jp/

ところで昨日、小夏にまたたびなめさせたら、興奮して走り回っちゃってえらい騒ぎになってもーた。ごめん、小夏。
なんですか、最近小夏小夏って、猫のことしか関心ないの、って怒られ声が聞かれますが、仕方ないです。また近々小夏の写真アップします。

公演が終わった。およそ一ヶ月間のツアーを含めた公演、なにより事故、病気がなくてよかった。スタッフ、キャスト、お客さんに本当に感謝いたします。
昨日はほとんどなにもする気が起こらず、ぐだぐだとしておりました。

で、全国津々浦々のみなさまにご心配をおかけしてしまっている小夏なんですが、お腹がしぼんで、どうやら妊娠ではないようなんですわ。どっかで流産してきちゃったのかなとも思ったりするのですが、あるいは炎症がひいたのかも。とにかく本人っていうか本猫はいたって元気で、蠅をジャンプして捕まえたり、走り回ったりとしているのですが、一度医者様には連れていかねばと思っています。
それにしても猫ってほんとよく寝るね。寝るのが仕事なのね。

さてこれから私は地獄の執筆、文章とせりふの荒野へ一人旅なんだが、小夏ついてきてくれないかニャー。
とにかく猫の野蛮さとしなやかさと寝っぷりに完全に入れあげている。

昨日、東京の初日が無事開いた。いろんな人が来て、楽屋と初日パーティは混雑を極めたのでした。唐さんにはチーズケーキをもらった。なんだか可愛い差し入れである。
で、初日の出来はすこぶるよくて、なんともいえない幸福感に包まれつつ帰りました。

で、今日は二日目なのですが、芝居の間合いは昨日と変わりないのだが、今日の空気はもう少しテンポアップが必要であった。ほんとこれだからなまものの舞台は油断がならない。俳優は客席の空気を読み取らなければならないのだが、気にしすぎてもいけない。ここらへんの案配の判断が難しい。
で、森崎偏陸さんが来ていたので、『田園に死す』のサントラ、CDで出ているかと尋ねると新宿南口のタワーレコードにあるというので、終演後早速買いに行く。かつてLP盤を持っていたのだが、人に貸しているうちに行方不明になってしまい、ずっと気になっていたのだ。明大劇研時代、高田惠篤さんらに貸してるうちに、誰かが返さずじまい。誰だよ、今からでもいいから、おれのLP返せよ。

で、あとヴェルレーヌ伝とか、村上春樹訳のチャンドラーとか買って帰る。村上訳、どんなもんか査定する予定。
ニューヨークで買ってきたスーザン・ソンタグの遺作エッセイ集『At the Same Time』とかを辞書を片手に熟読しようと思っていたのだが、当分時間がないな。

とにかく小夏のことが心配で、直帰するというつきあいの悪い男になっている。
どうも妊娠ではないような気配もあるのだが、腹部の炎症という恐れもあって気が気でない。

帰って小夏を抱きながら浪曲を聴く。最近ちょいとジャズに飽きて浪曲を聴いているのである。

で、いよいよ最終の公演地、われらが東京である。
昨日は午前中は小夏の世話であたふたとし、本のゲラを五柳書院の小川さんに渡し、打ち合わせをし、七時よりゲネプロであった。
俳優諸氏には、アメリカ・ツアーでのことを忘れてほしいと告げた。舞台というなまものは、成功の記憶をひきずっていては前へ進めない。しかも東京のお客さんは、アメリカ人ではない。

さて、今日の午後七時初日の幕が開く。
ロビー、客席で私を見かけて声を掛けたとしても会話にはならないだろう。舞台の成功を祈って集中しているのみであるから。まあ、いつものことだ。

昨日は誰に投票しようか迷った。結局慎太郎の対抗馬をたてられなかった民主党ってのはほんと腰抜けだな。
などと思いつつ、夜八時ぎりぎりに投票所行って、桜金造って書いて戻ってきたら、もうすぐに慎太郎の当確が出やがんの。
それにしても今だからいうけど黒川さんってちょっと笠井さんに似てない?ここだけの話ですけど。

で、『アメリカン・アイドル』とか見て夜を過ごしたのだが、どうも小夏のお腹が日々大きくなっていってるんですよ。いつなんどき生まれるかわからないって感じで、事態にいろいろ備えようとしているんですが、なんといっても猫の出産に立ち会うのは初めてなので、おろおろしているんですわ。

で、今日は小林勝也さんと打ち合わせ。というのは七月に『路上』って新作を新宿のSPACE雑遊って小さい場所で一時間ほどの小ぶりでおもしろくて深い劇やろうって話なんですわ。他の出演者のオーディションを七月はじめにやると思うんで、興味ある方はティーファクトリーのHPに注目しといてくだされば。

で、世田谷をのぞく予定。いよいよ『AOI/KOMACHI』、東京公演ですわ。今日から仕込み。チケットは土日はほぼソールドアウトらしいから、平日にね。よくわかんないけど、劇場に問い合わせてね。

で,今は京都なわけです.昨日は入学式,授業ガイダンス二件,会議,懇親会とやったわけ.
懇親会は新しい舞台芸術学科と映画学科との合同で銀閣近くのノアノアで開かれて,錚々たる顔ぶれだったよ.高橋伴明監督とも十数年ぶりで会ったよ.
で,アメリカいってたせいもあっていろいろ私が知らないことも教えられて,学長は千住博氏ってのは知ってたけど,副学長が秋元康氏ってのは初耳でびっくらした.で,ASPって学科にはなんと,あの辻仁成先生がやってくるんだと!ひぇー!びっくりぽーんのぽんたけむっそん.
辻先生と会ったらこれも十数年ぶりの再会だっちゃ.

で,銀閣寺道の桜はちょうどいい頃合いでよかったですよ.ホテルまでふらふら歩いて帰った.みんなー,新しい舞台芸術学科,よろしくね!


上の写真はハノーバーのホテルの部屋の机です。ここでちゃりちゃりやってたってわけね。
で、みんな無事に帰国した模様なんですが、二十日間で四都市ってのはけっこう楽ではなかったね。着いたらすぐにいろいろ街の情報仕入れなきゃならないもんだからね。でも笠井さんなんか63歳ですごい体力だよ。もっとも途中きついときもあったみたいで、ソロの踊りだと本番中の高揚を調節することができるんだが、芝居だとそれができず、終演後もずっと高揚したままだといって、こんなことは初めての体験だそうだ。そう、演劇ってのは共演相手とお客さんと丁々発止しなきゃならないから、自分だけの調節でってのは無理なんだな。でも、ほんっと笠井さんはすごかったな。麻実さんも全然調子を崩さなかったし、今回のこの座組のよさはこのおふたかたのキャラに因るところ大だな。
それにしても福士さんはよく飲んでて、起き抜けにウイスキーやるってんで、それから眠くならないのかって聞いたら、それからすぐまた寝るんだと。それって起き抜けってことじゃなくって、寝ている途中で飲んでるってことじゃねーのか。因みに、家に帰るとこんなに飲むことはないという。家ではいろいろ家事で忙しく飲むどころではないということだ。

で、ハノーバーの初日の後にポストトークをやったんだが、司会者のいきなり、「愛と憎しみについて描かれていたようですが」って初っぱなの質問にもなんかぶっとんだな。
「別に」といって黙っていたかったな。

で、いつものように成田からスカイライナーで日暮里に着くと、ホームに谷中墓地のあたりからであろう桜の花びらが散ってきていて、ああ、花見に間に合ったんだなーとうれしくなりました。
で、いつも外国から帰ってくると思うんだが、日暮里から高田馬場間の山手線ってせいもあるんだろうけど、日本人っておもしろい変な人ばかりだなーと感心して観察してしまって、クール・ジャパンをイメージしてくる外国人はさぞどこがクールなんじゃって思うんじゃなかろーか。
で、帰っておしり洗浄機の水を肛門に当ててほっとした。アメリカにはこの手のは普及していないし、ホテルの風呂場のシャワーはどこも上部に固定したままで、直接おしりに水をかけることがずっとできかったわけよ。

で、夜、小夏が現れて、わーいわーい、元気だったかってかまってたら、めめも登場して、なんかみんなで興奮したんだが、小夏がちょっとよそよそしくて、ぼくのこと忘れちゃってんのかなーっていうのが少しかなしかったりしました。


で、知人から植木等亡くなったの知ってっかって電話かかってきたので、知ってますって答えた。