公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。


上の写真はハノーバーのホテルの部屋の机です。ここでちゃりちゃりやってたってわけね。
で、みんな無事に帰国した模様なんですが、二十日間で四都市ってのはけっこう楽ではなかったね。着いたらすぐにいろいろ街の情報仕入れなきゃならないもんだからね。でも笠井さんなんか63歳ですごい体力だよ。もっとも途中きついときもあったみたいで、ソロの踊りだと本番中の高揚を調節することができるんだが、芝居だとそれができず、終演後もずっと高揚したままだといって、こんなことは初めての体験だそうだ。そう、演劇ってのは共演相手とお客さんと丁々発止しなきゃならないから、自分だけの調節でってのは無理なんだな。でも、ほんっと笠井さんはすごかったな。麻実さんも全然調子を崩さなかったし、今回のこの座組のよさはこのおふたかたのキャラに因るところ大だな。
それにしても福士さんはよく飲んでて、起き抜けにウイスキーやるってんで、それから眠くならないのかって聞いたら、それからすぐまた寝るんだと。それって起き抜けってことじゃなくって、寝ている途中で飲んでるってことじゃねーのか。因みに、家に帰るとこんなに飲むことはないという。家ではいろいろ家事で忙しく飲むどころではないということだ。

で、ハノーバーの初日の後にポストトークをやったんだが、司会者のいきなり、「愛と憎しみについて描かれていたようですが」って初っぱなの質問にもなんかぶっとんだな。
「別に」といって黙っていたかったな。

で、いつものように成田からスカイライナーで日暮里に着くと、ホームに谷中墓地のあたりからであろう桜の花びらが散ってきていて、ああ、花見に間に合ったんだなーとうれしくなりました。
で、いつも外国から帰ってくると思うんだが、日暮里から高田馬場間の山手線ってせいもあるんだろうけど、日本人っておもしろい変な人ばかりだなーと感心して観察してしまって、クール・ジャパンをイメージしてくる外国人はさぞどこがクールなんじゃって思うんじゃなかろーか。
で、帰っておしり洗浄機の水を肛門に当ててほっとした。アメリカにはこの手のは普及していないし、ホテルの風呂場のシャワーはどこも上部に固定したままで、直接おしりに水をかけることがずっとできかったわけよ。

で、夜、小夏が現れて、わーいわーい、元気だったかってかまってたら、めめも登場して、なんかみんなで興奮したんだが、小夏がちょっとよそよそしくて、ぼくのこと忘れちゃってんのかなーっていうのが少しかなしかったりしました。


で、知人から植木等亡くなったの知ってっかって電話かかってきたので、知ってますって答えた。

今、ハノーバーの初日、無事開き、終了しました。とてもいい出来でした。
いやはや、しっかし、こう上演場所、劇場が変わると、そのたびに初日みたいなもんで、緊張の連続だ。キャスト、スタッフ、よくやったと思う。
まだあとワンステージ残っているわけだが、私は一足先に帰るのです。大学とかあるからね。で、これから午前三時半にホテルを出て、空港に行くわけよ。あと数時間なわけで寝るか起きたままでいるか、考えどころね、って考えているうちに時間はやってくるのですが。
とにかく決して楽ではないどさ回りでしたが、たいした事故もけがもなく終えられそうで幸せだ。演劇の神に感謝。アメリカのお客さんに感謝。
さて、風呂入るぞ。
また詳しくは東京でちゃりちゃり書きます。

この町はどこかカナダのケベック・シティに似ている。アメリカにいるという気があまりしない。それにしても、こうして旅を続けていると親米になっていくなあ。日本の関心度も高いっちゅうか、もう自然に日本のことに接しているっちゅうか、今朝のUSATODAY紙のスポーツ欄には松坂をはじめとする今年メジャーに来た選手がどれだけやれるかって記事が載ってた。

で、昨日はダートマス大学で日本文学、比較文学をやってるウッシュバーン教授の仕切りで、私会が催されて、二十名ほどの学生をはじめとする老若男女が劇場があるセンターのスタジオに集まってくれた。
『ハムレットクローン』、『黒いぬ』、『AOI/KOMACHI』のビデオが流されて、私へのQandAなわけだが、「演劇を始めたきっかけは」っちゅう教授のいきなりの質問にはまいったな。フランスのラジオ番組で、それまでの打ち合わせをまるで無視していきなり「第三エロチカの名前の由来は」って聞かれた時以来の衝撃だ。
で、いろいろJホラーについての質問とかも飛んだな。みんな三池も、もちろん黒沢清も見ている。
で、会が終わって名前は忘れたけど、やはりここで日本のカルチャーを教えている教授が日本のフォークのことについて研究していて、拓郎とか泉谷、ケメ、古井戸、遠藤賢治のカレーライスとかのことについてしゃべったよ。彼は泉谷の春夏秋冬が大好きなんだって。この曲は私も好きだから、思わず歌っちゃったよ。彼は拓郎前のフォーク歌手、高田渡の世代の誰かがアングラの舞台に出たことがあるかと訪ねてきた。寺山の舞台には誰かが出ていたかも知れない、寺山ならあり得るって答えました。それにしてもアングラって言葉も定着しつつあるなあ、アメリカの研究者の間ではだけど。

で、なんだか長谷川がうろうろしているので、どうしたのかと思ったら、劇場内の音楽教室みたいなところで、学生のゴスペルの授業をやっていて、のぞいたら長谷川がちょっこり混ざってやがんの。おそるべし、ハセヒロ。

で、その後、ホテルのレストランでハンバーガー齧ってたら、劔持、ハセヒロが横切るので、テーブルに呼んで、マルガリータをおごった。いろいろハセヒロのこと書きたいが、最近当日乗に書かれるので、「怖くて川村さんに何もいえませんよ」とか真っ青なので、書かない。私は食後、マティニとグレンフィディックを飲んだ。

劇場があるセンターの外観。

劇場内。ムーア・シアターといいます。

チラシとレクチャーのパンフ。

暖炉があるホテルのロビー。

ウッシュバーン教授の仕切りのレクチャー。

今朝はちょいとぜいたくにルームサービスでオートミールを。

で、今日うろうろしてわかったのだが、ホプキンスセンターってのが要するに演劇科なわけだな。センターのなかには美術館もあってベン・シャーン、ポロックの絵もそれぞれ一点あった。なんか、私、ここ好きですよ。

ワシントンD.C、無事終わった。客層はニューヨークとはやはり違う。年齢層が高く、ハイソの匂いがする人々が多い。笑う箇所も微妙に違う。
ケネディセンターは来年二月、日本特集だって。
スタッフのひとりが、「来るでしょ」って聞くけど、なんでぼくが日本特集見に来なきゃなんないのよ。そんなら呼んでよ。

そして飛行機、バスと乗り継いでニューハンプシャー州、ハノーバーにやってきた。
すると、湖は凍っていて雪が残っていたりして、一気に寒いところなわけですよ。
ホテルはダートマス大学の敷地内にあり、いうなればここは学園都市みたいなもののようだ。ニューハンプシャーといえば、ジョン・アーヴィングぐらいしか思い浮かばなかったが、なんとも可愛らしい小ぶりの町だ。ここの演劇科はたいそう優秀な人材を輩出しているということだが、なんかすぐに退屈しそうなんだけど、じっくり勉強はできそうだ。ぼくは嫌だけどね。ぼくの劇作に必要なのは適度なノイズと雑踏だから。
ホテルのフロントに付近に酒屋はないかと聞くと、ないんだという。どうも清潔な町のようだ。文教地域だからスピリッツは売らないってことかな。ビール、ワインはマーケットでも売ってるらしいんだけでね。
でも、ホテルもまた町同様どこか可愛くて、劇場はすぐ隣、ほんと徒歩で三十秒ってなロケーションで、よい。

で、これからぼくを囲んでのレクチャーが学内のホールであるのですが、ホストが源氏物語の研究者って、これ話かみあうのかね、とちょっぴり心配。まあ、いいや、適当にやるから。

今日はもう初夏の気候ですわ。
植木等氏、逝去の報を聞きました。大好きな喜劇俳優でした。合掌。
夏川純の年齢問題の顛末も知りました。
着いた晩は福士部屋で福士氏の料理と長谷川の作ったスパゲッティという夕食を摂りました。おいしかったです。みんな野菜に飢えております。

昨日は昼間ぶらぶらとホワイトハウスの前まで行ってきました。帰り道、劔持っつぁんと会って、彼女は着いた日、昼間っから浮浪者におっかけられたり、タクシー運転手に歌歌ってくれだの、これからクラブ行こうだのと言われたりで、さんざんだったということです。

で、リハを終えて昨日は終了。
今日は昼間、現地のスタッフにケネディ・センターのなかを案内してもらって、これから本番です。演出家は無事舞台が終えられるのを祈っているだけです。

そういうわけでバスでワシントンD.Cに着きました。ホテルは高速ランでこれをちゃりちゃりやっているわけです。ここはまったく春というか初夏の気候っすよ。冬のボストンから一気にこれっすよ。

で、ニューヨークは無事終わって、千秋楽の客席がまたよくて、『AOI』でも笑いが起きたりして、そうそうチャック・ミーがまた来ていて、彼は二回見たわけです。三回見た方もおられるそうです。
ジョン・ジェスランも来たし、ACCのラルフも来てくれた。ジェスランは長谷川とも京都で『ピロクテーテス』をやっている仲ね。ジェスランは俳優たちに感心していた。アヤオガワの翻訳もよかったと言っていたな。
長谷川なんか、終わってもう「感無量です。もう芝居やめてもいいです」とか言うから「せんべいでも焼くか」って言ったら「冗談です」だって。わかってるって。
終演後の小さな乾杯会では、麻実さんの口から、最初に戯曲をもらって読んだとき、「やりちん野郎」って台詞には目が点になった、と初めて聞かされました。
で、近所のデリで手塚、笠井、中村、長谷川という面々でピザ齧りました。
しっかしニューヨークのこの治安の安全感は東京並みだよなあ、などとしゃべりつつ。
笠井さんはあまり食べない。
「満腹で踊るやつはいない」、「胃を食べ物でいっぱいにしてはならない。夢で満腹感は得られる」と、これ、笠井さんの言葉です。

初日のレセブションでのシェクナーとぼく。

初日の二次会、りきでのスタッフ飲み会

お客さんを見事に手のひらに乗せた手塚さんとぼく。

千秋楽、乾杯。麻実さん、塩谷さん、オガワさん。ここで麻実さんより「やりちん野郎」の真実が語られた。

長谷川君とジェスラン。

ジェスランとぼく。

で、今はワシントンでポトマック河畔に建つケネディ・センター、テラス・シアターで仕込みなわけよ。すぐ隣はウォーター・ゲート事件の舞台のウォーター・ゲート・ビル。言うなれば官庁街のなかの劇場ですわ。私はワシントンは初めて。春です。桜も咲いております。
ぼちぼち東京から持ってきたゲラにも目を通さないとな。予想通り、ニューヨークではまったく手をつける時間がなかった。
ちょっとこれについて予告しておくとこの上半期に五柳書院から私の初めての演劇評論集『歩きながら考えた。』っちゅうのが出る予定なんですよ。今、これもやってるんです。でも今日は酒飲んで寝ちゃうかも。

で、二日目の出来は初日よりもよくて、それを言うと長谷川君とか剣持さんはぽかんとしていたのだが、特に『KOMACHI』の出来はサイコーで、なんだかすごいもん見ちゃったなあと思わせるほどの笠井、手塚、福士の三人の男たちの絶妙な緩急、セッション、息づかいによって、完璧にニューヨークの観客を手のひらに乗せた。手塚さんなんか、ここで活躍するアメリカ人俳優に見えるよ。
で、この夜は劇作家のチャック・ミーとかも見に来ていてくれた。
京都の水沼健君がなぜかいて、驚いていると、彼はセゾンのサバティカルで来ているらしくて、いよいよ世界は小さくなっていく。

で、今日は『THE PRODUCERS』を見て、これから三日目のステージで、明日はもうワシントンD.Cなのだが、ホテルの接続事情がまだわからないから、もしかするとブログ更新できないかも知れない。

ニューヨークはえらく寒いっすよ。ところどころ溶けていない雪も残ってますし。

ヒルトン・ホテルで「パリスにおれが来たからと伝えてくれ」とフロントのホテルマンに伝言して街を歩く。
で、ブロードウエイで、って中野ブロードウエイじゃないぞ、念のため、『HAIR SPRAY』とか見ちゃった。
そいで、リハとかフォトコールとかやって、いよいよ本番の日は快晴で暖かくなったわけよ。
で、客席は満席でアメリカ人の観客率が高く、リチャード・シェクナーとかも来ていて、無事終了。すごい拍手にスタンディング・オベーションも出たよ。ほんとだよ。
レセプションはまたいろいろな人がわいわい興奮していて、ポーラとも再会できたし、よかったよ。
なんか個人的にはニューヨークとの第三幕が開いたって感じかな。
第一幕は八十年代、19歳で初めて来て、それから何度となく訪れた時期。
二幕目は九十年代、ACCのグランティーで来て、その後『マクベスという名の男』の上演、NYUでの三島の近代能楽集の演出などなど。
この間なんで来なかったのとか聞かれるが、単純にやけに忙しかったし、別に呼んでもくれなかったから、いかなかっただけだよ。

ポーラによるとボストンの新聞にもあの後いいレビューが出たそうだ。
で、日本居酒屋りきでスタッフのお疲れ様会。
「マツイはトランプタワーに住んでるんだって」という会話に照明の大野が怪訝な顔してるので、どしたんすかと聞いたら、一瞬世田谷の松井憲太郎さんのことだと思ったんだって。んなわけねーだろ。でも松井さんがトランプタワーから出てきて、「やあやあ、いらっしゃい」とかやってたらおもろいな。

で、今日は日本領事館の桜井大使に昼食を招かれて、笠井さん、麻実さんらと公邸に赴く。なんか最近アメリカは日本をまともに見ようとしている、かつてのエコノミック・アニマル観から比べると段違いだという話などなど。確かにそう感じますよ。これはマンが、アニメ、映画、松井などのおかげかも知れない。演劇もがんばらないとな。
そういうわけで、みんな元気だ。

到着した日は、ジャパンソサエティの芸術監督塩谷さんと久々の再会。I come back to NY!ってわけ。
42ストリートあたりまでぶらぷら歩いて屋台のホットドッグを頬張る。私の好み、マスタードとザワークラフト。味は前と変わらない。ニューヨークで一番好きな食べ物がこれ。

早速ニューヨーク市立大学で私に関する催し物があるってんで、35ストリートのホールへ。そこでゲストのリチャード・フォアマンと再会。フォアマンさんは今新作上演中ってんで、明日行きますとうきうき。
客席にはジョシュ・フォックスも登場。で、この日のプログラムは一時間半の間にいろいろ趣向をこらしていてほんっとおもしろかった。
まずはキャロル・マーチンによる私の劇についてのレクチャー。そして『マクベスという名の男』、『オブセッション・サイト』、『ハムレットクローン』、『KOMACHI』のビデオのキャロルの説明つきの一部分上映。それからアメリカの俳優、演出家による『AOI』と『KOMACHI』の一部リーディング。最後に私、キャロル、フォアマン、リーディングの演出家ふたりを交えての座談と客席からの質疑応答。と、どうです、盛りだくさんでしかもそれが無理なく進められてほんっと楽しかったですよ。私は思い出した。自分はニューヨークのこのさくさくしたリズムとテンポが肌に合っていたのだったと。東京もレクチャーやらシンポジウムとかやる際にはいろいろ考えたほうがいい。業界だけで通じる言葉で長々とした時間をかければいいというものではない。私はシンポジウムにおいてもエンターテインを考える。
レセプションではニューヨーク大学の学生たちに囲まれる。みんな、いろいろ質問してきたよ。日本の今のナショナリズムなどについてとか興味深い質問もあって、みんないろいろ日本のこととか勉強してるよ。で、いろいろ思って感激の一夜でした。涙も出そうでしたよ。この街は私を待っていてくれていたんだという思いで。

夜、劇場をのぞいて、近所で焼き鳥を食べる。

リチャードとぼく。

『AOI』と『KOMACHI』のリーディング。
シンポジウムでのぼく。いっとう右がリチャード。左へいって演出したケン・ワット、今回の翻訳もしたオガワ・アヤさん、ぼく、通訳をした俳優のジェームス・八重樫、キャロル。

レセプションでのぼく。学生たちはみな真摯だったなあ。

で、まだ続くんですが、昨日は仕込み日なんで、朝劇場をちょいとのぞいて、スーパーで水とかビール買ってから、WTCへ。つまりかつてのグラウンド・ゼロ。
それにしても地下鉄きれいになったなあ。八十年代に最初来た者にとってはこの変遷はおもしろいなあ。9.11後、さらにきれいに、さらに親切になったなあ。九十年代、この街は老女のような街、比べると東京は中年とか思ったが、今は東京が老女、ここはテロで年齢を喪失させてしまったってな感じかな。
で、再開発中のWTCを目の当たりにして当時のテレビ映像も思い出して、私、涙があふれてしまった。
で、ダウンタウン、思い出の場所をうろうろして、ユニオン・スクエアのどでかい古本屋ストランドで時を過ごす。
で、夜はリチャードの劇を見に、セント・マークス・チャーチへ。
『WAKE UP MR.SLEEPY!YOUR UNCONSCIOUS MIND IS DEAD!』ってタイトル。
いつもと違うのは映像をふんだんに使ってることかな。そのぶん俳優の魅力がないんだけどね。
で、見終えて近くの老舗ビール居酒屋でがんがん地ビール飲んで、同じテーブルのベルギー人に芝居の宣伝して帰ってきた。

で今朝は朝食で長谷川とばったり会って、長谷川と手塚さんは昨日ブロードウェイで『トーク・ラジオ』を見たという。
みんなと全然会わないんだけど、何してんだろうと聞くと、あの手塚さんもニューヨークでけっこうテンション高くなって、いろいろ歩き回ってんだという。やはりこの街は芝居屋を高揚させる磁場を持っている。

ボストン公演が終わった。
街は溶けかかった雪が氷状になり、本当に寒い。

昨晩はエレベーターでぼんやりと降りてくる長谷川とばったり会い、どうしたのかと聞くとトイレが詰まったという。そう、どうもホテルの便所の水の流れは低い。しかも日本人は紙を使いすぎのきらいがある。後で長谷川に尋ねると、やはり、うんこが水にぽちゃんと落ちる、あのぽちゃんが嫌であらかじめ紙を水面に敷くのだという。そういうことだから詰まるのだと私は説教した。まず実を流してから拭いて紙を流すのがこつなのだといってやった。どうだ、長谷川、勉強になっただろう。
長谷川は近所でまずいラーメン屋を見つけたとも語った。ラーメン屋という名前で、スープが゜ほとんど醤油だという。

本番を終えて、笠井さんも誘って手塚、剣持、長谷川という面々でチャイナタウンの中華屋に向かう。私はそこで久しぶりに日本酒のお燗を飲む。料理はまあまあ美味しく、みなさん元気になる。
中村は胃痛だ。福士氏は寝ているということだ。夜になると復活してどこぞで暴れる心づもりだろう。

夜、部屋のビデオで全米話題となったコメディ『ボラット』を見る。最中、不意に猛烈な眠気に襲われる。やれやれ、やっぱり時差ぼけが抜けていない。十二時前に寝る。

今朝は快晴。さて、これからニューヨークへ向けてバス移動だ。

で、およそ四時間、道が空いていて思いの外早くマンハッタンに到着。
ホテルにチェックイン、およそ七年ぶりのニューヨーク!
持参した古いガイドブックにはまだワールド・トレード・センターが載っている。
やさしく、残酷で、いたいけな街に、私は戻ってきた!

小夏から、元気ですかにゃんのメールがある。
さびしいにゃんって。
待っててね、小夏。でも本当にこれ野良ですから、帰ったときにはいなくなってしまっているかも知れないのがとても心配でさびしいです。