公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
『ワニの涙』、いろいろ手直しし、とりあえず脱稿とする。
台本作成に入る。
来週は二月三日のリーディングの打ち合わせ。
みなさん、例によって一幕だけのリーディング及びトークがこの日にあります。

新作を書いたばかりでなんだが、来年2009年に、いよいよ『新宿八犬伝』の新作をやろうと思ってます。
新宿で、安くて広くてよさげなスペースを探しております。
情報がある方、いただければ幸いに思います。
いやー、なんだかんだで、朝青龍は、この騒動で国技館満員御礼にしちゃうんだからねー。時代は、というかこの国はヒーローよりヒールを求めているな。おれもまた業界のヒールやろうかな。二十歳代はさんざやったもんな、ヒール。やっぱやめよー。得なことはなかったからね。もう大人だし。

で、『ワニの涙』、三稿目脱稿。
28年前の成人の日、私はどうしていただろうかと思い出すと、荻窪の安アパートで成人式にも出ずに、ぐだぐだ部屋にいたのだろうか、映画でも見にいったいたのだろうか、それとも上演の準備にすでにかかっていたのかも知れない。その年の春、明治大学の劇研で初めての作・演出「アスファルト戦争」というのを上演したのだった。これに手ごたえがなければ、演劇はさっぱりやめて映画に移ろうとも思っていた。
この「アスファルト戦争」が戯曲の処女作なのだろうか。高校二年の時に「われら自身の期待されない人間像」って街頭劇も書いているのだが、こっちの台本はさすがに紛失してしまったようだ。あるいは横浜の実家を探せばあるかも知れない。

とにかく寒いっすね。キーボード叩いてると、指先が凍えて、あまり仕事はかどらないっすよ。ションベンばっか出るし。
猫たちもこう寒いとションベンの量、回数が多いようで、おしっこ吸収板がよれよれになって吸収しきれず、滲み出してしまっていますよ。
昨日は昼間、お客さんが来たもんで、小夏と愛は緊張したらしく、夜がーがー寝ていた。睦はけっこう平気で愛想いいんだけどね。
新年初めての京都入り。
いよいよ、今月末は二回生の『ハムレット』の授業小発表だ。思いのほか、ハムレットの台詞は難しく、どうなるかはまだ見えない。が、みんな真摯に取り組んでいる。およそ三時間、休憩なしで稽古した。
で、会議とかあって、よろよろと新幹線に乗る。
車中、中上健次の伝記『エレクトラ』のページを開き、読み出すと一気に読んでしまう。つまり、読んでいる最中はおもしろかったわけだが、読後考えると、うーんとなった。どこか物足りない感じもし、それでいいのではないかという気もするし。

ワニを書き進める。もう一度、神なき国の夜三部作を最初に考えた時の気持ちと計画を思い起こし、じっくり書き直していくことにする。それにしても、また自分はやっかいな領域に手を出し、足を踏み入れたものだ。なんで自分はこうなんだろう、という気がひしひしとする。単純にやって単純に認められるようなことをすればいいのに。
書き上げたワニを読み直すが、後半まるでつまらない。
後半放棄。書き直すことにする。まだまだだ。
で、『ワニの涙』の初稿が上がった。
先週は、茂山の仕切りで河原道屋の養老鍋で学科の忘年会やって、美味しくてばかばか食べて、飲みすぎて、翌日はちょいと二日酔い気味のなかで、やれ合評会だなんだかんだって忙しくて、夕方やっと今年が終わったと安堵して京都駅で生ビールにラーメン食べたら、新幹線で身体が冷え切ってしまって、胃腸もダウンし、帰宅して寝込んでしまった。そのまま食欲もないので何も食べず、風呂も入らず、無論飲まず、昏々と眠り続けた。異常なほどに眠れるのだった。
そういうわけで、48の誕生日は蒲団のなかだった。愛が心配して枕元にネズミを置いてくれた。おもちゃのだけど。
で、ほぼ三日ほど眠り爺となって、蘇り、執筆などしていたのだが、M−1、おもしろかったねえ。でもこれからサンドウィッチマン、やっていけるかねえ。
ってんで、フェリーニ、アントニオーニを見直したりとかもしていた。

睦と愛はいよいよ六ヶ月で、ほぼ成猫だな。
睦はほんとおてんば。たまにニャロメかという表情もする。
愛のほうが、おとなしくて臆病。
小夏は太り、窓の開け閉めをしても外に出ようとはしなくなった。獣医さんの言うとおり、一ヶ月以上も家にいると外に出るのは怖くなるということなのだろうか。テリトリーも他の猫に取られただろうし。名実ともにヤンキー卒業したというわけだ。小夏のテリトリーは娘のめめが仕切っているのだろうか、そうだとすれば椎名林檎の『歌舞伎町の女王』だが、めめは小夏と違っておとなしいからなあ。
で、三猫が当然のようにして家にいるのだが、こういった生活が一年前に想像できただろうか。しかもニ猫はこの家で生まれたのだ。
まことに生活というものは不思議だ。
猫との共生によって私は変わった。
猫によって自信をつけられたというところもある。つまり、私はもともと猫的人生観の持ち主だということにだ。演劇などやってると、猫はなかなか猫のままでいられなくなる。だからたまにしかたなく犬や猿や狼や羊を装わざるを得なくなり、それがストレスとなる。
今年はいろいろなことがあり、多くの知人が亡くなった。

まっ、来年もみなさん、おれをいじりまくってくれい。いじめるやつはいじめてくれい。いじっていじっていじりまくってくれい。この世界、いじられてなんぼだ。

DSCN3067.JPG

ダウンしているおれに集う猫猫。背後の破れた障子が泣かせる。

DSCN3055.JPG

イヴの夜、睦を抱きつつ書いている。

DSCN3068.JPG

これらを扶養するために来年もがんばるぞ。

それにしても窓拭きいっぱいやってくたびれたな。
で、『レミング』、終わった。
無事というわけではなく、初日はちょいとしたハプニングがあって奇しくも寺山的展開になってしもうた。詳細はここでは書かない。
で、みんなよくやったと思う。まっ、みんなの今の実力は最大限出したと思うね。私の演出を施すというところまでいかなかったが、授業発表というものは、そもそも担当教員の演劇の欲望を満たすものではなく、あくまで主役は学生と教育であるということを忘れてはならないのだから、よかったように思う。

で、千秋楽は11時から打ち上げというので、それまで時間があるので、ちょいと飲み屋をひっかけたら、隣の見ず知らずの紳士から、以前は味の素大阪支社長で今は味の素冷凍社長のなんとかさんに顔が似ているといわれた。
で、打ち上げ、けっこう酔っ払って3時すぎまで。

で、昨日帰京して今朝猫たちの便所みたら、けっこうしょんべんがあふれてしまっていて、風呂場で洗おうと思ったら、いつも通りシャワーの栓をひねってしまって自分がずぶ濡れになって、ひとり怒りしたり、急に本棚の整理を始めだしたり、ゆっくりとした執筆の時間はまだやってこない。
やばい。早いとこ、精神的カンヅメの状態になりたい。
忘年会出席は最小限に留めよう。
ずっと舞台稽古で、終わるのが十時近く、京都の飲み屋や食べ物屋はいいところは終わるのが早いので、コンビニ弁当の日々が続いている。
で、帰途途中でエサを物色していると、同じようにエサを選んでいる学生と会ったりする。えへへへへとお互いテレ笑いなどをする。

で、今ゲネが終り、いよいよ19時より初日、本番である。
今期はなかなか芸達者がそろい、なかなかおもしろくなった。
怪我とミスがないことを祈ろう。
で、京都にいます。
今週末、いよいよ三回生、川村クラスの公演、寺山修司・戯曲の『レミング』が上演される。
前期はけっこうみんなちんたらちんたらしてて、だいじょぶかあと思ってたところ、このスパートは強力だな。
十二月十日、まさに寺山さんの誕生日に小屋入りしたってわけだ。
それにしてもおよそ一年間『レミング』という戯曲とつきあってきたわけだが、全然飽きなかった。
来年は『疫病流行記』か『奴婢訓』か。

で、これから舞台稽古ね。
公演の詳細は京都造形芸術大学の舞台芸術学科にアクセスしてね。

http://kyoto-bgg.org/

ですわ。
で、昨日六時半より紀伊国屋サザンシアターで劇作家協会新人劇作家優秀賞の公開審査が行われた。

私の読み通りというか、是非取らせたいと密かに決意していた、黒川陽子さんの『ハルメリ』が優秀賞に輝いた。
蓋を開ければ審査員全員が推していて、だからといってすぐ会を終わらせるわけにもいかず、いろいろ議論もあったが、こうした全員一致も珍しい、私にとっては初めてのことだ。
で、『ハルメリ』はおもしろい。こうした才能がまず小説にいかず、戯曲として完成されたことを喜ぼう。
大体、最近の小説界はなんだよ、若い劇作家の青田買いばっかやってんじゃねーかよ。文学界とか新潮とかよ。そんなら芥川賞や三島賞の候補にきちんと戯曲を入れろってんだよ。

とにかく才能ある若者のみなさん、今小説から始めたって、どうってことないよ。編集者なんか冷たい連中だし、今や芥川賞とったってバイトしてるやついるんだよ。小説に過剰な期待しちゃひどいめに遭うよ。
戯曲を始めなさい、戯曲を。