公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

七月にスペース雑遊で上演する「路上」の準備が、あたふたと始まっている。
勝也さんと作る新作です。今、書いています。
相手役のふたりはオーディションで決めます。詳細はティーファクトリーのホームページを見て、奮ってご応募ください。

ティーファクトリー
http://www.tfactory.jp/

ところで昨日、小夏にまたたびなめさせたら、興奮して走り回っちゃってえらい騒ぎになってもーた。ごめん、小夏。
なんですか、最近小夏小夏って、猫のことしか関心ないの、って怒られ声が聞かれますが、仕方ないです。また近々小夏の写真アップします。

公演が終わった。およそ一ヶ月間のツアーを含めた公演、なにより事故、病気がなくてよかった。スタッフ、キャスト、お客さんに本当に感謝いたします。
昨日はほとんどなにもする気が起こらず、ぐだぐだとしておりました。

で、全国津々浦々のみなさまにご心配をおかけしてしまっている小夏なんですが、お腹がしぼんで、どうやら妊娠ではないようなんですわ。どっかで流産してきちゃったのかなとも思ったりするのですが、あるいは炎症がひいたのかも。とにかく本人っていうか本猫はいたって元気で、蠅をジャンプして捕まえたり、走り回ったりとしているのですが、一度医者様には連れていかねばと思っています。
それにしても猫ってほんとよく寝るね。寝るのが仕事なのね。

さてこれから私は地獄の執筆、文章とせりふの荒野へ一人旅なんだが、小夏ついてきてくれないかニャー。
とにかく猫の野蛮さとしなやかさと寝っぷりに完全に入れあげている。

昨日、東京の初日が無事開いた。いろんな人が来て、楽屋と初日パーティは混雑を極めたのでした。唐さんにはチーズケーキをもらった。なんだか可愛い差し入れである。
で、初日の出来はすこぶるよくて、なんともいえない幸福感に包まれつつ帰りました。

で、今日は二日目なのですが、芝居の間合いは昨日と変わりないのだが、今日の空気はもう少しテンポアップが必要であった。ほんとこれだからなまものの舞台は油断がならない。俳優は客席の空気を読み取らなければならないのだが、気にしすぎてもいけない。ここらへんの案配の判断が難しい。
で、森崎偏陸さんが来ていたので、『田園に死す』のサントラ、CDで出ているかと尋ねると新宿南口のタワーレコードにあるというので、終演後早速買いに行く。かつてLP盤を持っていたのだが、人に貸しているうちに行方不明になってしまい、ずっと気になっていたのだ。明大劇研時代、高田惠篤さんらに貸してるうちに、誰かが返さずじまい。誰だよ、今からでもいいから、おれのLP返せよ。

で、あとヴェルレーヌ伝とか、村上春樹訳のチャンドラーとか買って帰る。村上訳、どんなもんか査定する予定。
ニューヨークで買ってきたスーザン・ソンタグの遺作エッセイ集『At the Same Time』とかを辞書を片手に熟読しようと思っていたのだが、当分時間がないな。

とにかく小夏のことが心配で、直帰するというつきあいの悪い男になっている。
どうも妊娠ではないような気配もあるのだが、腹部の炎症という恐れもあって気が気でない。

帰って小夏を抱きながら浪曲を聴く。最近ちょいとジャズに飽きて浪曲を聴いているのである。

で、いよいよ最終の公演地、われらが東京である。
昨日は午前中は小夏の世話であたふたとし、本のゲラを五柳書院の小川さんに渡し、打ち合わせをし、七時よりゲネプロであった。
俳優諸氏には、アメリカ・ツアーでのことを忘れてほしいと告げた。舞台というなまものは、成功の記憶をひきずっていては前へ進めない。しかも東京のお客さんは、アメリカ人ではない。

さて、今日の午後七時初日の幕が開く。
ロビー、客席で私を見かけて声を掛けたとしても会話にはならないだろう。舞台の成功を祈って集中しているのみであるから。まあ、いつものことだ。

昨日は誰に投票しようか迷った。結局慎太郎の対抗馬をたてられなかった民主党ってのはほんと腰抜けだな。
などと思いつつ、夜八時ぎりぎりに投票所行って、桜金造って書いて戻ってきたら、もうすぐに慎太郎の当確が出やがんの。
それにしても今だからいうけど黒川さんってちょっと笠井さんに似てない?ここだけの話ですけど。

で、『アメリカン・アイドル』とか見て夜を過ごしたのだが、どうも小夏のお腹が日々大きくなっていってるんですよ。いつなんどき生まれるかわからないって感じで、事態にいろいろ備えようとしているんですが、なんといっても猫の出産に立ち会うのは初めてなので、おろおろしているんですわ。

で、今日は小林勝也さんと打ち合わせ。というのは七月に『路上』って新作を新宿のSPACE雑遊って小さい場所で一時間ほどの小ぶりでおもしろくて深い劇やろうって話なんですわ。他の出演者のオーディションを七月はじめにやると思うんで、興味ある方はティーファクトリーのHPに注目しといてくだされば。

で、世田谷をのぞく予定。いよいよ『AOI/KOMACHI』、東京公演ですわ。今日から仕込み。チケットは土日はほぼソールドアウトらしいから、平日にね。よくわかんないけど、劇場に問い合わせてね。

で,今は京都なわけです.昨日は入学式,授業ガイダンス二件,会議,懇親会とやったわけ.
懇親会は新しい舞台芸術学科と映画学科との合同で銀閣近くのノアノアで開かれて,錚々たる顔ぶれだったよ.高橋伴明監督とも十数年ぶりで会ったよ.
で,アメリカいってたせいもあっていろいろ私が知らないことも教えられて,学長は千住博氏ってのは知ってたけど,副学長が秋元康氏ってのは初耳でびっくらした.で,ASPって学科にはなんと,あの辻仁成先生がやってくるんだと!ひぇー!びっくりぽーんのぽんたけむっそん.
辻先生と会ったらこれも十数年ぶりの再会だっちゃ.

で,銀閣寺道の桜はちょうどいい頃合いでよかったですよ.ホテルまでふらふら歩いて帰った.みんなー,新しい舞台芸術学科,よろしくね!


上の写真はハノーバーのホテルの部屋の机です。ここでちゃりちゃりやってたってわけね。
で、みんな無事に帰国した模様なんですが、二十日間で四都市ってのはけっこう楽ではなかったね。着いたらすぐにいろいろ街の情報仕入れなきゃならないもんだからね。でも笠井さんなんか63歳ですごい体力だよ。もっとも途中きついときもあったみたいで、ソロの踊りだと本番中の高揚を調節することができるんだが、芝居だとそれができず、終演後もずっと高揚したままだといって、こんなことは初めての体験だそうだ。そう、演劇ってのは共演相手とお客さんと丁々発止しなきゃならないから、自分だけの調節でってのは無理なんだな。でも、ほんっと笠井さんはすごかったな。麻実さんも全然調子を崩さなかったし、今回のこの座組のよさはこのおふたかたのキャラに因るところ大だな。
それにしても福士さんはよく飲んでて、起き抜けにウイスキーやるってんで、それから眠くならないのかって聞いたら、それからすぐまた寝るんだと。それって起き抜けってことじゃなくって、寝ている途中で飲んでるってことじゃねーのか。因みに、家に帰るとこんなに飲むことはないという。家ではいろいろ家事で忙しく飲むどころではないということだ。

で、ハノーバーの初日の後にポストトークをやったんだが、司会者のいきなり、「愛と憎しみについて描かれていたようですが」って初っぱなの質問にもなんかぶっとんだな。
「別に」といって黙っていたかったな。

で、いつものように成田からスカイライナーで日暮里に着くと、ホームに谷中墓地のあたりからであろう桜の花びらが散ってきていて、ああ、花見に間に合ったんだなーとうれしくなりました。
で、いつも外国から帰ってくると思うんだが、日暮里から高田馬場間の山手線ってせいもあるんだろうけど、日本人っておもしろい変な人ばかりだなーと感心して観察してしまって、クール・ジャパンをイメージしてくる外国人はさぞどこがクールなんじゃって思うんじゃなかろーか。
で、帰っておしり洗浄機の水を肛門に当ててほっとした。アメリカにはこの手のは普及していないし、ホテルの風呂場のシャワーはどこも上部に固定したままで、直接おしりに水をかけることがずっとできかったわけよ。

で、夜、小夏が現れて、わーいわーい、元気だったかってかまってたら、めめも登場して、なんかみんなで興奮したんだが、小夏がちょっとよそよそしくて、ぼくのこと忘れちゃってんのかなーっていうのが少しかなしかったりしました。


で、知人から植木等亡くなったの知ってっかって電話かかってきたので、知ってますって答えた。

今、ハノーバーの初日、無事開き、終了しました。とてもいい出来でした。
いやはや、しっかし、こう上演場所、劇場が変わると、そのたびに初日みたいなもんで、緊張の連続だ。キャスト、スタッフ、よくやったと思う。
まだあとワンステージ残っているわけだが、私は一足先に帰るのです。大学とかあるからね。で、これから午前三時半にホテルを出て、空港に行くわけよ。あと数時間なわけで寝るか起きたままでいるか、考えどころね、って考えているうちに時間はやってくるのですが。
とにかく決して楽ではないどさ回りでしたが、たいした事故もけがもなく終えられそうで幸せだ。演劇の神に感謝。アメリカのお客さんに感謝。
さて、風呂入るぞ。
また詳しくは東京でちゃりちゃり書きます。

この町はどこかカナダのケベック・シティに似ている。アメリカにいるという気があまりしない。それにしても、こうして旅を続けていると親米になっていくなあ。日本の関心度も高いっちゅうか、もう自然に日本のことに接しているっちゅうか、今朝のUSATODAY紙のスポーツ欄には松坂をはじめとする今年メジャーに来た選手がどれだけやれるかって記事が載ってた。

で、昨日はダートマス大学で日本文学、比較文学をやってるウッシュバーン教授の仕切りで、私会が催されて、二十名ほどの学生をはじめとする老若男女が劇場があるセンターのスタジオに集まってくれた。
『ハムレットクローン』、『黒いぬ』、『AOI/KOMACHI』のビデオが流されて、私へのQandAなわけだが、「演劇を始めたきっかけは」っちゅう教授のいきなりの質問にはまいったな。フランスのラジオ番組で、それまでの打ち合わせをまるで無視していきなり「第三エロチカの名前の由来は」って聞かれた時以来の衝撃だ。
で、いろいろJホラーについての質問とかも飛んだな。みんな三池も、もちろん黒沢清も見ている。
で、会が終わって名前は忘れたけど、やはりここで日本のカルチャーを教えている教授が日本のフォークのことについて研究していて、拓郎とか泉谷、ケメ、古井戸、遠藤賢治のカレーライスとかのことについてしゃべったよ。彼は泉谷の春夏秋冬が大好きなんだって。この曲は私も好きだから、思わず歌っちゃったよ。彼は拓郎前のフォーク歌手、高田渡の世代の誰かがアングラの舞台に出たことがあるかと訪ねてきた。寺山の舞台には誰かが出ていたかも知れない、寺山ならあり得るって答えました。それにしてもアングラって言葉も定着しつつあるなあ、アメリカの研究者の間ではだけど。

で、なんだか長谷川がうろうろしているので、どうしたのかと思ったら、劇場内の音楽教室みたいなところで、学生のゴスペルの授業をやっていて、のぞいたら長谷川がちょっこり混ざってやがんの。おそるべし、ハセヒロ。

で、その後、ホテルのレストランでハンバーガー齧ってたら、劔持、ハセヒロが横切るので、テーブルに呼んで、マルガリータをおごった。いろいろハセヒロのこと書きたいが、最近当日乗に書かれるので、「怖くて川村さんに何もいえませんよ」とか真っ青なので、書かない。私は食後、マティニとグレンフィディックを飲んだ。

劇場があるセンターの外観。

劇場内。ムーア・シアターといいます。

チラシとレクチャーのパンフ。

暖炉があるホテルのロビー。

ウッシュバーン教授の仕切りのレクチャー。

今朝はちょいとぜいたくにルームサービスでオートミールを。

で、今日うろうろしてわかったのだが、ホプキンスセンターってのが要するに演劇科なわけだな。センターのなかには美術館もあってベン・シャーン、ポロックの絵もそれぞれ一点あった。なんか、私、ここ好きですよ。

ワシントンD.C、無事終わった。客層はニューヨークとはやはり違う。年齢層が高く、ハイソの匂いがする人々が多い。笑う箇所も微妙に違う。
ケネディセンターは来年二月、日本特集だって。
スタッフのひとりが、「来るでしょ」って聞くけど、なんでぼくが日本特集見に来なきゃなんないのよ。そんなら呼んでよ。

そして飛行機、バスと乗り継いでニューハンプシャー州、ハノーバーにやってきた。
すると、湖は凍っていて雪が残っていたりして、一気に寒いところなわけですよ。
ホテルはダートマス大学の敷地内にあり、いうなればここは学園都市みたいなもののようだ。ニューハンプシャーといえば、ジョン・アーヴィングぐらいしか思い浮かばなかったが、なんとも可愛らしい小ぶりの町だ。ここの演劇科はたいそう優秀な人材を輩出しているということだが、なんかすぐに退屈しそうなんだけど、じっくり勉強はできそうだ。ぼくは嫌だけどね。ぼくの劇作に必要なのは適度なノイズと雑踏だから。
ホテルのフロントに付近に酒屋はないかと聞くと、ないんだという。どうも清潔な町のようだ。文教地域だからスピリッツは売らないってことかな。ビール、ワインはマーケットでも売ってるらしいんだけでね。
でも、ホテルもまた町同様どこか可愛くて、劇場はすぐ隣、ほんと徒歩で三十秒ってなロケーションで、よい。

で、これからぼくを囲んでのレクチャーが学内のホールであるのですが、ホストが源氏物語の研究者って、これ話かみあうのかね、とちょっぴり心配。まあ、いいや、適当にやるから。