公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
で、春秋座で十年ぶりほどで『儀式』を、しかもフィルムでという絶好の環境で見たのだが、これはほんっと紛れもない、とんでもない傑作であるのを再認識させられた。こういうすさまじい映画はやはり映画館でフィルムで見なければ、集中力が続かないだろう。『儀式』を見てしまうと、今の邦画話題作が一気に色あせて見えてしまうのは、現在の映画が、上映後、DVDで見てもらうことをあらかじめもくろんでいるいるからだとも思われる。自分の家という日常空間で見られる程度の集中で足りる中身ということだ。
いやはや、こういう映画を見ると、映画を撮りたくなる。もう武の新作も松本人志の映画もいいや。

で、翌日は大学のオープン・キャンパスであったりのだが、この日は映画学科の撮影スタジオ開きの日でもあり、会場に向かうと、けっこう公式のオープニングなので驚いた。テープ・カットもあり、新学科長カイゾー、緊張しつつも晴れやかな顔つきであった。
そこにおられた葛井欣史郎氏、木村威夫氏に挨拶する。葛井氏は春秋座のATG映画特集のためにちょうど来られており、木村氏は新学科の目玉である。
って、他の学科のことばかり書いてるが、舞台学科も奮闘しておるよ。寺田さんが、来場者のためにワーク・ショップやったり、私が二日間、公開授業をやって、大盛況だったよ。

で、一日目の夜は、木屋町に繰り出して、バーでわいわい飲んだ。
京都は蒸し暑い。

で、帰京して、『アメリカン・アイドル』を見ると、優勝はジョーダンであった。

小夏のお腹はさらに膨らみ、動作も緩慢で、ジャンプして高所に上がることができない。気が立っているくせに、心細いのか人のあとばかりついてくる。

それにしても書かなければ。
しかし、焦っても、終わらないものだ。終わらせようと思えば、いつでも終わらせることができるが、簡単に終わらせてはならないのだ。
昨日、神馬に行ったら大将から観世さんのことを聞かれる。黒いぬのポスターを店に貼ってもらってたから、ニュースを見て、大将、はたと気がついたという。そういうわけで、しばし観世さんのことをしゃべる。

キャンパスを歩いていると、「わっ、猫の好きな先生だ、猫先生だ!」と叫ばれる。ブログって読まれてるもんなのだな。

今夜は春秋座で上映される大島の「儀式」を見る予定。これを見るのは三度目か。大画面で見られるのがうれしい。ATG映画の特集である。昨日は「無常」だった。見たかったけど、見逃した。
七月に公演する「路上」の戯曲はとうに上がっている。来週はチラシ用の写真撮影なのであーる。
で、路上といえば、隣の駐車場で空ぶかししててなかなか発車しない車があって、今日もまたやってやがんなってんで、見ると、車内で電動かみそりで髭剃ってやがんの。で、見てたら、次に髭剃り後のクリームを丹念に塗りだした。終わりかと思ったら、今度は携帯取り出して電話をし始めた。これは長くなると、ついに文句を言いに向かった。車に近づき、窓をのぞくと、コンビニ弁当を食べてる最中だった。まあ、穏便に事なきを得たけど、弁当食べ終えるまで、空ぶかししているつもりだったんだろうな。暑いから、冷房のなかでってことなんだろうけどね。

小夏のおなかはさらに膨らみ、胎動が見える。できれば、というか絶対私がいるときに産んでいただきたい。
それにしても、昨日の「アメリカン・アイドル」の結果には呆然とした。なんと本命で実力ナンバーワンのメリンダがトップツーにあがれず、落ちたのだ。本命が優勝しないという噂は本当だった。まったく納得のいかない展開だが、視聴者投票というから仕方がない。あるいは優勝候補には、いつも自分が投票しなくてもという視聴者の意向が働いてしまって思いの外票が伸びないという結果になってしまうのではなかろうか。
とにかく、トップツーのふたりには私はまったく興味を覚えないので、私の「アメリカン・アイドル」は最終回を待たずにこれで終わった。
それにしても、この番組を見てつくづく思うのはアメリカっていうのは巨大なド田舎ということだ。で、このド田舎者が世界の警察とかいって仕切ろうってんだから、なんだかねえ。
でも、付け加えておくと、私、決してアメリカ人、嫌いなわけじゃない。っていうか好きですよ。たまに、うるさいなあって思うけれど。

で、小夏は昨日は一日中、身重の体をだるそうにして家にいた。いよいよという雰囲気だ。普段より食欲がなく、やたら甘えてくるので、もう今夜あたり出産かとも思ったが、なかった。

そういうわけで、私は、言葉の荒野に戻ります。
なんか、だるい天気ですよね。日本の夏の前って感じだよね。
観世さんの死で、残念で不幸なのは、マネージャーだった荻原さんがすでに亡くなってしまっていることだ。観世さんの仕事の幅は広く、また人脈も広いと思われるのだが、それらを唯一把握していたと予想される方が、今現在いなくなってしまわれている。
四月の事故は、観世さん本人が、自分のこれまでの仕事をまとめて整理してみようと思っていた矢先の交通事故だったいうことも聞き、返す返すも、残念でならない。これは日本の演劇史にとって、痛手だ。
寺山演劇についての講義を終えて、研究室に戻ってきたところで、観世さんの訃報を聞く。総務に飛んで事情を聞く。合掌。現代劇の最後の舞台は「黒いぬ」だろうか。
一月に急逝されたなつみさんの追悼会に行った。
「なつみ秋葉楠野さんを偲ぶ会 楠野裕司さんを励ます会」
会場は赤坂のブルー・ルームという場所で旧キャバレー・ミカドということだ。
広い会場には大勢の人が詰めかけていた。しかもいろいろな分野の人々でこのご夫妻の交遊の広さを物語っている。
会場の入り口には裕司さんが来場者ひとりひとりを出迎えていた。こういう時はほんと何をどう声を掛けていいかわからない。自分がそうなった時を想像してみると、元気出してとか言われたって、元気なんて出るわけがないし、励ますって言っても別に励まされたくもない。ただ、裕司さんの健康を気遣った。裕司さんも大病をされているから、正直言って追悼会のことを裕司さんの知り合いという方から電話をもらった時は、裕司さんが亡くなったのかと早合点した。
私たちは直接、このご夫妻に公演を世話になったというわけではないが、いろいろ助けてくれて、サンパウロの裕司さんの家にお邪魔したり、ピンカもらったり、ご夫妻が日本にいる時、こちらの公演がある時などは、見に来てくれたりした。
会場でひさびさにサンパウロのラウル・高木氏に会い、ライターの小林君とも再会した。小林君は今は東京に戻っているという。この彼はサンパウロで一ヶ月に11回強盗に遭ったという猛者だ。ってどこが猛者なんだか不明だが。

バーでは、この日のためにピンカも用意されているというので、ひさびさにカイピリーニャを飲んだ。ピンカのカクテルで、私はこれをリベルタージュ地区・日本人街の飲み屋金太郎でよくあおっていたのだった。
パフォーマンス・タイムが始まった。加藤登紀子さんの歌である。加藤さんのサンパウロ公演に裕司さんが関わっていた縁ということだ。
このパフォーマンスのプログラムがやたら豪勢で、大野慶人氏による、大野一雄氏のマペットのダンスが続き、さらにあがた森魚氏の歌、あの「赤色エレジー」を生で聞けたのである。
興奮ものであった。プログラムには笠井さんの名前も書いてあったので、心待ちにしていたら、全然出てこないので、人にどうしたのだろうと尋ねると、笠井さんは今はイタリアだという
さらにほろ酔いでいろいろな人に再会した。
J・A・シーザー氏に今大学で「レミング」をやろうとしていることをしゃべった。
森崎・寺山・偏陸氏と長話をした。重要なたくらみ話であった。これについてはいずれ正式に発表されるだろう。
なんやかんやで、人が亡くなって集まる席というのは、その死者がお膳立てを組んでくれていたかのように、生きている者どうしの出会いを生み出すのである。

なつみさんは、エイミーに似た大柄の美人だった。エイミーってのは山田詠美のことなんだが、ほんと最初エイミーが現れたかと思った。ほんっと、さっぱりしてて、できるひとだった。できるひとってのは、威張らないし、突っ張らないし、自然にすてきなんだよな。
献花でろうそくの火をともし、位牌と遺影を見上げた時には、泣けた。
ジョニーが来日したってんで、じゃ新宿で待ってるからって言って待ってた。池林房で。来ないので篤さんに伝言を頼んだ。
「ジョニーが来たなら伝えてよ。二時間待ってたと」
って、これ東スポのデイブ・スペクター、ちょいパクりました。
まずかった?
なんか朝から気分がよくて新幹線のホームでニーナ・シモン大声で歌いながら歩いてしまった。いいんだ、変な人に思われたって。

で、昨日NHKのニュースで今度の朝の連ドラ書く鈴木聡氏が映ってたんだけど、おっさんだなあ。鈴木氏は私と確か同い年ぐらいだと記憶しているが、私もよく五十代、十歳年上に見られるものだから、自分もこんなもんかとショックを受けた。もっともいつまで経ってもハゲもせず、白髪でもなくて、黒々とした髪で腹筋隆々なんてのは気味悪いし、いやみだ。深みに欠けるってもんだ。

で、次、連ドラ、私どうっすかね。普通の会社員の家の出で、コンテンポラリー・ダンスをやってる貧乏な女の子の成長期。タイトルは「おどりっこ」っての。どうだす、NHKさん。

今新幹線のアナウンスで「なかのいいお友達どうしで乗車している方にお願いします。新幹線にはお休みになる方も仕事をなさる方もいらっしゃっるので、あまり大声でおしゃべりにならないようにお願いします」ってのがあったけど、対象は絶対オバハンだと思う。
昼間、突然携帯に「追悼式は出られますか」という電話があって、なんのことかわからずにいたら、ブラジル、サンパウロのなつめさんが、今年の一月、心臓発作で急逝されたということだった。まったく知らなかった。追悼会のことも、誰かがメールで送ったというのだが、届いていなかった。なつみさんは、サンパウロとダンス、演劇の世界では知る人ぞ知る方で、たぶん私と同い年ではなかったろか。ご亭主の裕二さんはさぞかしショックのことと思う。
人は本当に突然、前触れなく、逝ってしまう。
来週、赤坂で追悼会。

執筆後、いせやに行く。
東スポで井筒監督が、昔のディズニー映画『黒ひげ大旋風』のことに触れている。長い間、この映画のことを忘れていた。小学生の時、父に連れられて見たのだが、えらいおもしろいドタバタ・コメディだった。ビデオも見ないなあ。今度探してみよう。