公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
オンライン配信の特典映像用の小林勝也さんのインタビューで、勝也さんが「お互い何かやろうって思い立った時、手続きに時間がかかるのが面倒だから、すぐにできる作り方で」と『路上』誕生の経緯を語っていて、そうだったああだったといろいろ思い出した。 
そもそも2006年雑遊開場時近辺、勝也さんと池林房で飲んでいて、その途中篤さんにスペースを見せてもらって、何かやろうと2007年『路上』が開いた。
ワークショップ形式で大勢の若い俳優達が集まり、田宮とセシル役は上演ごとに違うキャスティングとなった。
2008年に『路上2』、山崎美貴さん、桜井章喜さん、今回の『路上5』の台詞中に登場する、今は浄土宗僧侶の伊沢、さらに犬のジョン役に今は松廼家八好の名で幇間として活躍するすがぽん、猫のノラ役に今は占い師として活躍する柊アリスが出演し、ジョンとノラはしゃべらないので、ここで小林勝也のパントマイム芸が確立されていった。
ギー・ドゥボール、萩原朔太郎が引用され、若人あきら失踪事件が鍵となっているという、まさしく形而上的スラプスティックである。
2009年には『路上3』。これは最初から歌をテーマにして久米大作さんに路上のテーマ曲を作ってもらった。
蘭妖子さんが出演して、テーマ曲とは別の路上猫の歌を歌った。さらにこの劇ではゴム人間が登場する。
「わからない
わからない
人生まったくわからない
とにかく繰り出してみよう
路上へ」
とテーマ曲が歌われ、
「村上 えー、路上のみなさん、生きましょう、生き抜きましょう。もう一度取り戻すために。
老女 何を取り戻すの?
村上 ・・・わかりません。」
という台詞で劇は終わる。
見終えて出てきたさる知り合いが、「わかりません、わかりません。って何かマニュフェストを言って欲しいな」と感想をよこしてきて、普段はこうした際には、ただにやにやしてやり過ごす私だが、この時は珍しく気色ばみ、
「マニュフェストなんて発想が一番路上精神から外れたものなんだよ!」と叫んで、その人とは以後顔を合わせていない。
わからないことに関して、いや少しばかりはわかったつもりでいたとしても、知ったふうな結論を出す劇は最も忌避したいところだ。
大体映画でも演劇でも一時間か二時間かで物事の結論など出せるものか。
出してみせるものが、まさしく「俗情との結託」なのではないかと、最近思えてきた。つまり、この大西巨人の言葉は単純な大衆娯楽、エンタメ批判ではないのではないかと。

2011年には東日本大震災に見舞われた新宿を舞台に『路上3.11』を書いて、その年の12月に上演した。その時の気分を書き残しておきたいと思った。
今回の『路上5 東京自粛』もそうした思いから書き上げた。大きな歴史の記述には残されないだろう市井=路上の肉声が重要だと思った。
どれも上演時間は一時間以内、40分から50分。稽古はダラダラ長くやらない。ゆるーく一週間から10日間。

さて、勝也さんは元気いっぱいに「『路上6』をやろう」と告げた。やりだす時には、ケンカ別れしなかったら5作はやろうとお互い言っていたところ、5本どころかまだまだ続きそうだ。

2020-08-12 14:33 この記事だけ表示
新宿、雑遊の日々が終わった。
オンライン配信は八月下旬か九月上旬。
無事に終わった。といってもこのウィルスは謎だから、なにがどう無事なのかよくわからないところがある。
どなたかが二週間後に陽性反応が出たら、どう言えばいいのだろうか。
PCR検査も、陰性だとしてもその陰性がずっと担保されるわけではない。
そんなことはみんな承知なのだが、やらないよりはいいだろうとやるわけだ。
とにかくも出演者、スタッフ、雑遊のスタッフ、みなさんが戦友という気がする。
もちろん、夜の飲み歩きは控えたが、昼間空き時間、かつての棲み家、新宿御苑、富久町界隈を歩き、アルルやラ・ボエムで足を休めた。
新宿はいい。実は旧くて情の厚い街である。
60代、腹が決まった。
2020-08-11 13:18 この記事だけ表示
さて今日は千秋楽。
新宿よ、ああ新宿よ、新宿よ。
2020-08-10 00:21 この記事だけ表示
今日はオンライン配信のための収録日。
カメラ四台、劇場は撮影スタジオの体。
今月下旬、特典映像付きで配信されます。

新宿愛か、いい言葉だなあ。
2020-08-09 16:08 この記事だけ表示
人の顔は本当に面白いので、歩いてすれ違った時、電車に乗っている時など、たまにジッと見つめてしまって不審がられることなどあり、だからマスクの日常は本当につまらない。みんな同じに見える。
さて今日は二回上演する。
何事もないよう祈る。
2020-08-08 12:30 この記事だけ表示
本日ゲネプロ終了。
関係者の方々が客席で観劇したが、沈黙のマスク群は舞台上の演者にとってはかなり異様で、動揺するということだ。まあ、慣れるだろう。
なんとも奇妙な日々であることよ。
劇場にいられるのが、なんと幸せかを感じられる日々であることよ。
2020-08-07 20:36 この記事だけ表示
暑いので、大昔に買った花粉症用の小さな布マスクをしていくと、会った人全員に「アベノマスク?」と聞かれる。
「安倍がやめてから付け出すとは、なかなかやりますな」などとも言われる。
面積が狭いので、その分暑苦しさがない。
2020-08-05 17:41 この記事だけ表示
飲み屋の営業時間短縮、午後10時までというと、ほとんどお話にならないという。
人出は少ない。欲望と抑制が交叉し、無が生産される。その無との向き合い方が難しい。
2020-08-03 21:08 この記事だけ表示
元気に稽古しております。
48F8E859-DC53-429F-A9A4-3E1E52686E9C.jpeg

いろいろなことに見舞われている新宿ですが、変わらず愛しい街です。
2020-08-02 20:00 この記事だけ表示
『路上5』の稽古をしています。
出演者のみなさん、元気です。感染対策しっかりやっております。不便ですが、しっかりやっております。
新宿の人出はやや少ない。帰り道、三丁目界隈の飲み屋は、路上にテーブル、椅子を出して営業しているところが多く見られます。ふらりと立ち寄りたくなるのを我慢しています。

稽古前、時間があったのでウッディ・アレンの新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』をひっかけたところ、これが傑作なので驚き、大満足。
2020-07-30 22:05 この記事だけ表示