公演情報
■ティーファクトリー
『クリシェ』
川村毅作・演出・主演
クリシェ_チラシ表web用.jpg 

【公演日】
2020/1/29(水)〜2/2(日)
【会場】
あうるすぽっと(東池袋)

【作・演出】川村毅
【出演】加納幸和(花組芝居)/鈴木裕樹/笠木誠、秋葉陽司(花組芝居)、松原綾央(花組芝居)/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)/川村毅

http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
最新、最近のふたつの舞台で私の劇がわかりやすくなったとの居酒屋談義があるようですが、でも、わかりやすさって何?
ここらへんの事は色々語ることができるし、やがては演劇の根幹に関わることになる。機会があれば書く。
とにかく私が突然変異したような言い草は間違いである。
だって8年前に『大市民』をやってるのだ。
本気の深さは、わかりやすい身を纏って皆さまの前に現れる。私の中では何のチェンジもないと声を大にして言いたい。
2018-11-11 01:07 この記事だけ表示
やれやれ。我慢我慢。ここは大学なのだから。
2018-11-10 20:58 この記事だけ表示
それにしても久米大作さんの名曲満載だとつくづく思う。2010年に観た人、観ていない人、この機会に是非。
詳細は日芸演劇科のHPで。
2018-11-09 23:32 この記事だけ表示
江古田通いが快適になってきたぞ。
2018-11-09 01:44 この記事だけ表示
日芸総実の『大市民』の稽古が本格的に始まっている。8年前のもので、携帯電話の電車内通話を取り上げたりしていて懐かしい部分もあるが、描かれている問題系にほとんど古さがなく、日本がこの間何も問題の解決を見ていないことに愕然とさせられもする。
いや、世界はさらにナニスンナカニスンナ社会になっている。息苦しさに耐えられず爆発してしまう人々が増える。爆発を抑えるために規制が強くなるのか、規制がキツ過ぎて爆発が増えるのか、イタチごっこである。
人間の愚かしさだけが信じられる。哀しみだけが美しい。という思いはセンチメンタル過ぎるだろうか?
とにかく民衆とか大衆とかで括られない人々のおバカなエネルギーを描いている舞台である。

2018-11-07 12:11 この記事だけ表示
先月のことになってしまうが、春秋座で開催されたモノローグ研究会について報告しておきます。
これは紛れもなく『4』の私演出の上演に向けてのもので、そもそも『4』がモノローグ研究から誕生した戯曲であることから、今回のテーマとなった。
先ず紹介したのは、言わずと知れた『ハムレット』の生きるべきか死んでやろうか?のモノローグである。
自身の心理状態を吐露する紛れもない独白。現代になるとこうした純粋独白といったものは滅多になく、会話の中での長台詞となる。正確に言うとこれはモノローグではないのだが、現実の会話で相手が長々と喋る事態というのはあまりないわけで、私はこれを演劇装置内の堂々たるモノローグとみなす。
別役実の『象』から主人公が背中のケロイドを披露した時を語るシーンと妻にオニギリの食べ方を説教する部分。
私の『クリオネ』から首塔聖人と名乗る不可解な人物が15歳の時に犯し、発覚しないまま今に至る殺人を告白するシーン。
そう、告白はモノローグの白眉である。
さらに私のものから『AOI/KOMACHI』から六条さんの語り。愛する光を留めんが為に切々と紡ぐ過去の恋愛の走馬灯。
次に取り上げたのは唐十郎の『少女仮面』から腹話術師のシーンである。
これは腹話術師と人形の会話なのだが、どちらかが主体の、言わば変種のモノローグなのではないかと取り上げた。
最後が『4』の冒頭から前半である。ライブカメラを併用して俳優の顔を背後に見せてみた。これもまた上演への布石である。
合間のMCは私が務め、土田英生さんをはじめとして西で活躍する俳優の方々にしっかりとリーディングしてもらった。
多くの方が見に来てくださり、真剣に聞いてくださったようなので、私は痛く感激した。
意義深い催しになった。
2018-11-06 14:44 この記事だけ表示
今月の24日に吉祥寺シアターで、『レディ・オルガの人生』のふりかえリーディングというのをやる。企画は吉祥寺シアターで初めての試みである。
要するに集まった皆さんに読んでもらいつつ、私が戯曲を徹底解説、解剖をしようという事で、劇作に取り組んでいる方、取り組もうとしている方にもおすすめかも知れない。
とにかく、まったりした茶話会の雰囲気でいこうと思っています。まだ空きがあるようなので、どしどし気楽にご応募ください。
問い合わせは吉祥寺シアターまで。
2018-11-05 12:15 この記事だけ表示
ソナタではなくワタシの事を書く。こういうつまらない事を言うこと自体、まだ疲れが抜けきれていない証拠である。
今年はまことに秋らしい秋か訪れていて喜ばしい限りだが、例によって例の如く季節の変わり目のアレルギーひどく、くしゃみと鼻水が止まらない。思考はネガティヴになるばかり。 
『ゲッベルスと私』という、かつてゲッベルスの秘書をしていた女性の証言ドキュメンタリーを見て、人類の変わらなさにますます絶望的な気持ちになった。
まさに世界の終わり。
2018-11-04 23:42 この記事だけ表示
背中の凝りがなかなか厄介なので、整体に通いつつ、『カメラを止めるな!』見たり(長回しシーン以外は普通ね)、京都モノローグやったり(土田英生氏はじつにスマートね。業界ネタ漫談サイコー。会社員になったとしても、この人出世するね)、日芸の『大市民』の稽古始まったり、阿佐ヶ谷ジャズストリートにはしっかり二日間通った。鈴木良雄カルテットがサイコーによかった。
2018-10-28 12:44 この記事だけ表示
『レディ・オルガの人生』はチラシの裏などに書いた通り、ジョゼフ・ミッチェルのルポから想を得ている。柏書房から出ている『マクソーリーの素敵な酒場』に収録されている。マクソーリーはマンハッタンのまさに素敵なパブで、ニューヨークにいった際には必ず足を運ぶ呑み屋なので、タイトルに惹かれて買った。読んでみると面白い、面白い。そしてレディ・オルガと出会った。
公演には柏書房の方も見に来ていただいて楽しんでいただいたようで、ほっとした。
ジョゼフ・ミッチェルの著作は第二弾『港の底』が出されていて、出版されたばかりの第三弾『さよなら、シャーリー・テンプル』は出版社から送っていただいた。これもまた、ぞくぞくするタイトルだ。年末に第四弾が出て、ミッチェル全集が完結すると言う。
ミッチェルはアメリカでは有名だが、日本では知られていない。知らない方、おすすめします。
2018-10-27 13:53 この記事だけ表示