公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
さあ、休演明け。緻密に大胆にいこう。
2017-09-27 11:20 この記事だけ表示
本も出ました。
劇場ではサインをしています。

IMG_6061.JPG

小夏です。私も読みました。

IMG_6064.JPG

あなたも読んでね。
2017-09-26 01:27 この記事だけ表示
27日、アフタートークのゲストは、スーパーDJ、スギウラム!

IMG_6014.JPG

AI、芝居、クラブシーン、サブカルなどなど語り合う予定。
2017-09-25 23:31 この記事だけ表示
いやはや濃すぎる日々!
今さらながら、演劇だよ。演劇は色々なことが起こる。それが演劇なのだよ。
今日はリーディング、EE、無事終了。
リーディングの方々と打ち上げ。
みなさん、ありがとう!

2017-09-25 01:36 この記事だけ表示
無事幕が開く。
だが、まだいける。
2017-09-23 02:15 この記事だけ表示
稽古終了。
三週間充実した、とてもいい稽古だった。
みんな、いい。才能とエネルギーがスパークしている。
みなさま、見に来てください。
明日より小屋入り。

IMG_5964.JPG

三人のお誕生日会。
2017-09-18 21:32 この記事だけ表示
昨日、両方の稽古をする。
NWには宮島健も参加。このリーディング公演に確かな感触を得た稽古だった。
EEも佳境。久米大作氏のテーマ曲がまた絶品。
2017-09-16 19:38 この記事だけ表示
と前回書いたが、やっぱり記憶違いがあって、私のドラマへの帰還は『ロスト・バビロン』だったというのが正しい。
『ロスト・バビロン』。吉田鋼太郎、中川安奈主演の舞台である。
思えばいろいろな舞台を作ってきた。
2017-09-13 11:12 この記事だけ表示
またいろいろ思い出してきた。
スギウラム、杉浦は第三エロチカ時代、『四谷怪談・解剖室』、『東京トラウマ』、『オブセッション・サイト』といった舞台の音楽を全曲担当していた。素晴らしい才能である。
つまり、私のポスト・ドラマ時代を支えていたと言える。この時期、私はドラマを書くこと、ドラマのセリフを書くことにまるで興味をなくしていた。その時期の頂点が『ハムレットクローン』かも知れない。
パゾリーニ戯曲演出を経て、私はドラマへの興味を取り戻した。

『エフェメラル・エレメンツ』はギッシギシのドラマだ。
2017-09-13 00:25 この記事だけ表示
今、観劇三昧で『ハムレットクローン』が無料配信されている。
『ハムレットクローン』の音楽は全曲、杉浦英治の作曲だ。
つまり、この男、今や日本を代表する日本のDJスギウラムだ。スギウラムは杉浦英治時代、第三エロチカに入団してきた。
自慢じゃないが、私は杉浦の才能をいち早く見抜き、小説のモデルにしたり、彼の実家に遊びに行ったりもした。杉浦が劇団をやめた後も若い友人だった。こういうことは滅多にない。『ハムレットクローン』は退団後の仕事である。
スギウラムの新アルバムはAI AM A BOYといい、AIがテーマである。
久しぶりに連絡した。久々に会おうと思う。
2017-09-12 12:28 この記事だけ表示