公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
さあて、凄い事になってきたよお。
2018-09-24 20:32 この記事だけ表示
本場が近い。チャッコク気合いに満ちている。
2018-09-24 12:41 この記事だけ表示
まあ、もう絶賛稽古中である。
どういう意味か?って?
それを確かめに劇場に来られたし。
チャッコイ俳優陣が大爆発!
どういう意味か?って?
チャーミングで濃いってこと。
さあみんなで流行らせよう!
チャッコイ!
2018-09-21 16:04 この記事だけ表示
1日の稽古で拵えた『フリークス』リーディング、皆さまの力量の賜物、お見事!
上演途中の雷がまた凄かった。劇場の中であれほで聞こえたのだから、さぞかしと思ったら案の定ドンっと落ちたという。
渡辺弘さんとのトーク、私自身がたいそう楽しんでしまった。
後でお客さんのひとりに聞いて誤解を受けたかも知れない点を確認しておきます。
90年代は反省の時期に入った、というのは時代全般がという意味で言っております。私のことではないです。
それとATG映画と言ってからヨーロッパの映画監督の名前を挙げたのは、間違いというか、ATG系映画館で上映されていた、という意味でしたね。

充実した一日でした。
ご来場の皆さん、ありがとうございます。
2018-08-28 12:36 この記事だけ表示
昨日のWS、充実した時間が創れたと思いますが、皆さんいかがでしたでしょうか?
さて今日はリーディング稽古。明日本番。
滅多に見られないもんすよ。
2018-08-26 11:26 この記事だけ表示
吉祥寺シアターの明日のワークショップ、前半『フリークス』を巡るレクチャー、後半、新作『レディ・オルガの人生』の軽いセリフ読み。
肩肘張らずにお出でください.
まだ参加者受付しているようです。
吉祥寺シアターにお問い合わせください。
お待ちしてます。
2018-08-24 12:29 この記事だけ表示
『フリークス』は堤清二氏について書かれた劇でもある。
どういったことであろうか?
答えは8/27に明かされる。
お楽しみに。
2018-08-19 21:11 この記事だけ表示
まあ、なんやかんやと、連日の吉祥寺打ち合わせ。
今日は27歳の自分をヴィデオで見た。
ふてぶてしい奴で、さぞ叩き潰してやろうと思っていた他人は多かったろう、と可哀想になってしまった。
今はまるで他人のようにも思う。
8/27にはこのヴィデオがちょっびと流される予定。
2018-08-18 23:56 この記事だけ表示
これから機会があれば、80年代の事など自分が知っている過去を語っていこう。これまでおっさん、じーさんめいてると思い、避けていたが、あの時代は良かったなどと言うつもりなどさらさらないので、つまり、過去を肴にして今と将来を語ろうというわけだから、いいのではなかろうか。
みんな知らない事が多く、今当たり前と思っている事がまるで当たり前ではなく、なかったのだと知っておくべきだ。
若い演出家、劇作家とは色々しゃべりたいが、エラソーにすまい、なるまいとして、ぎごちなくなり(あくまで私が、である)、うまく付き合えないのが難点である。
2018-08-16 13:02 この記事だけ表示
そういうわけで、今回のリーディングは絶妙キャスティング。
現さいたま芸劇、かつて情報誌シティロードで演劇を牽引していた渡辺弘氏とのトークも見もの。『フリークス』上演時の80年代ふきんのあれこれを話すつもり。
若者たち、いろいろなヒントが見つかるぞ!
2018-08-12 16:57 この記事だけ表示