公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
来年2月の、下北沢スズナリの、唐組✖️東京乾電池公演の劇は『嗤うカナブン』です。
どういう虫なんでしょうね!?
2017-11-24 20:13 この記事だけ表示
『フュード』が最終回を迎えた。つまらなくはなかったが、期待以上ではなかった。
二人の女優の確執と、女性蔑視、軽視のハリウッドの体質両方を描こうとして、どちらも中途半端で描ききれていない。
ロバート・アルドリッチのポジショニングがよくわからない。
ベティ・ディビスは美人のジョーン・クロフォードにコンプレックスを抱き、ジョーン・クロフォードは演技派のベティ・ディビスにコンプレックスを抱き、という構図がよく見えないのは、クロフォード役のジェシカ・ラングがそう美人ではないせいではないだろうか。

女優といえば、話はまたニューヨークネタで恐縮だが、前回からリーディングに参加している不思議なお婆さんの正体が、リデュキラス・シアトリカル・シアターのスター、ブラック・アイド・スーザンさんだと今回初めて認識したのだった。
チャールズ・ラドラムが初対面の折、瞳にカラーを入れたいと言ったスーザンをじっと見つめ、「君は黒い目のままいけ。名前はブラック・アイド・スーザンだ」と、たけし軍団だったということだ。
新宿書房から出ている『リデュキラス!』を見ると、この頃のスーザンの写真が見られて、まあ、可愛い!

878CA64E-0DDE-4564-B056-130890AA5089.jpeg

右がブラック・アイド・スーザン。
真ん中はアスター。
2017-11-19 12:30 この記事だけ表示
そして帰国の機上、『グラン・トリノ』を再見して、初見の時と同じように感動してしまう。
着陸して携帯の電源を入れると、柄本明氏から不思議なメッセージが入っている。
2017-11-18 13:57 この記事だけ表示
4406F773-1DAD-437B-94F3-C5613B08A95E.jpeg

7D35E9AF-3E48-48B4-A83E-7EEC2EB209F1.jpeg

1EF6F3B0-94DC-4076-A421-6BEC1FBBE175.jpeg

87C40BFE-1E5B-4789-AA58-1A9BB84BF65D.jpeg

4CC5E169-20B6-47DB-8BFB-107C6AD128F4.jpeg
2017-11-17 12:54 この記事だけ表示
ニューヨーク市立大学大学院のシーガル・シアターでの上映会について続けよう。
『ロイ・コーン/ジャック・スミス』は1992年のソロ・パフォーマンスだ。
ロイ・コーンのことは私たちは『エンジェルズ・イン・アメリカ』の主要登場人物として知っている。アメリカの政治フィクサー、右翼、そして自らがゲイであるにも関わらず、それを隠しホモフォビアを振る舞った弁護士であり、ドナルド・トランプの師匠格でもある。トランプはゲイではないが、こののことを除けば言動、振る舞いにおいてかなり似たところがある。
ジャック・スミスは、70、80年代、アンダーグラウンド映像作家としてキャンプ・テイスト満載のフィルムを撮っていたという人である。
このふたりはお互い面識があるわけではなかったが、両者ともゲイで80年後半にエイズで亡くなっている。
ロン・ヴォーターはそのふたりを演じるのである。
まずはロイ・コーンを演じたパートが上映される。ロイ・コーンのパーティー・ディナー後のスピーチをロンがやるのだが、もちろん架空のスピーチである。この夜、時差ぼけによる睡魔に襲われていた私は台詞がほとんど聞き取れず、理解不能であったのだが、上映会場は笑いの渦に包まれていた。
次のジャック・スミスのパートではロンはアラビアンナイトの扮装をしている。ジャック・スミスのオーディオ・パフォーマンスを元に演じられているということだが、こちらも何をしゃべっているのか、さっぱりわからなかった。
わからなかったのは、私の聞き取り能力と睡魔のせいで、難解なことが演じられているという意味ではない。
とにかく、しかし、わからなかったが、面白かった。

上映後は、フランクが司会になって、グレッグ、そして、ロイ・コーンのパートの作者、ゲーリー・インディアナ、演劇ジャーナリスト、アリソン・ソロモンが登壇してロンと今回のパフォーマンスについて語る。ゲーリー・インディアナという人も著名な作家、劇作家とパンフにあるが、知らない人だった。アメリカの小説について詳しい人は知っているだろうか。
このパネル・ディスカッションではロン・ヴォーターという俳優の人と仕事が語られたが、ロイ・コーンとトランプの違い、例えばトランプのファニーさはロイ・コーンにはなく、ロイ・コーンのほうがスマートだとかも語られ、実に面白かった。因みにロン・ヴォーターはウースター・グループの創立メンバーでもある。
会場にはロン・ヴォーターのかつての仕事仲間、友人が多く来場していて、その人たちも次々とマイクを持つ。
ジョンもそのなかのひとりで、そこでなんと、ジョンの『ピロクテーテス』はもともとロンが何かギリシャ悲劇物を書いてくれとジョンに頼んできて書いたものだということを、私は初めて知ることになる。
ジョンはギリシャ悲劇にはさして興味なかったのだが、書き上げてみてよかったということだ。ロン・ヴォーターが傷を負って島流しになったピロクテーテスを演じる予定だったが、ロン本人は一度たりと演じることなく、エイズで、メキシコからの帰国途中の飛行機の機上で亡くなるのである。かつて、ピロクテーテスにエイズ禍にある人間を重ね合わせているとジョンが語った、その源は現実にエイズ闘病をしていたロン・ヴォーターという俳優だったのだ。
ジョンはさらに語っていた。「病がかなり重く、みんな止めたのだが、やつは旅立って、飛行機から死体になって降りて帰ってきた。なんてこった」
私は東京で開催された『ピロクテーテス』のリーディングの折り、その「やつ」が誰だが知る術もなかった。その時名前を聞いていたのだろうが、ピンとくる由もなかった。 
それが今回の、ロン・ヴォーターで、パズルのピースが見事に収まった。私は感動してしまった。
レセプションで私はジョンにそれらのことを告げた。
「カワムラ、それにしても今回はラドラムやら、ロンやらで、とてもいい時期に遭遇したよ」とジョン。まったくその通りだ。
この会の前の時間にはラママで打ち合わせをしていたのだが、そのラママでは創立50周年記念のポスター展覧会の準備の真っ最中で、まさに、今回、私、たまたまなのだが、ニューヨーク・ダウンタウン・オルタナティヴ・ヒストリーを体感した。
フィオナは言った。「あなたはロンのことを今日見られてよかった。ロンの演技の魅力はなかなか説明しづらい」
その通りだ。神経質そうな、とこかルイ・ジューベにも似たロン・ヴォーターという俳優は、ファニーで繊細であり、という説明ではまだ足りず、しかもなにより抜群の技量を持っていて、日本でいうと誰?と聞かれると、見あたらない。
ロン・ヴォーター。1948年生まれ。1994年没。

素晴らしい旅だった。

2017-11-16 15:27 この記事だけ表示
ジョンとニューヨーク市立大学大学院でのロン・ヴォーターの会に行く。
2年前、『4』のリーディングを行ったシーガルである。
ロン・ヴォーターが誰だか私は全く知らない。
会場には色々な人が集まっている。チャールズ・ラドラムの会にいたローラもいる。
フランクからリー・ブルーアを紹介される。この人がリー・ブルーアかっ。
MCはグレッグ・マーテルが勤める。この人は何を隠そう昨日、私らのリーディングに参加し、さらに『4』ではOを読んだ人で、パンフのバイオを読むと、ブルーアのマブマインの主要メンバーで、ウースター・グループにも関わっている俳優、演出家、劇作家であった。俳優としてのこの人の力量は素晴らしいのを、リーディングから把握していたが、今回のロン・ヴォーターのソロパフォーマンスの演出も勤めたほどの才人だとは知らなかった。
ジョンによると、グレッグはロンのボーイフレンドだったということだ。
そこでロンのソロパフォーマンス、『ロイ・コーン/ジャック・スミス』のヴィデオ上映が始まる。この続きはまた。
帰国出発前、ホテルでこれを書いているわけだが、時間がきてしまった。
2017-11-15 01:36 この記事だけ表示
三年間に渡るジョンとの往復書簡がこのリーディングでひとまず完結だ。
DISTANT OBSERVER
遥か遠くの傍観者と訳してみる。
第3章全ての全貌が明らかになったせいか、この不思議な展開の戯曲世界に観客がはまっていくのがわかった。
本当にほぼ全編に渡って笑い声が起きるのである。
ニューヨークで活躍するアヤ・オガワさんも来た。彼女は三月の公演に関わってくれる。
1時間20分ほどのリーディングが終わり、コングラチュレーションの声掛けに心底ホッとする。
ジョンと劇作家のフィオナ・テンプルトンとジョンの友人でアッパータウンで精神科医を開業しているアドルフォとで、近所の居酒屋で乾杯する。
フィオナの、どこからがジョンでどこからが川村なのかわからなかったという言葉にしてやったりだ。
「モンゴメリー・クリフトってオナニーのやり過ぎの顔してない?という台詞はどちらが書いたの?」とアドルフォ。
私だと答えると深く同意してくれて、しばしクリフトの話に花が咲く。
弁護士グレゴリー・ペックという台詞も『アラバマ物語』からだとしっかりわかってくれている。
してやったりだ。
それから色々自分達のことを披露する。
私がひとりっ子だというとジョンが、へーっと驚き、母親が大変だろう?とアドルフォが精神科医の目で見るので、亡くなってると答えた。
西洋の事で最初に触れたカルチャーは何だ?とさらにアドルフォ。
『ハタリ!』、ハワード・ホークスのと答えると、アドルフォは自分が最初に見た映画は『赤い河』だと盛り上がる。
『何がジェーンに起こったか?』は私のトマウマだとも話しが及び、『フュード』は見ていたかと聞いたが、三人とも知らなかった。
段々とアドルフォはいい調子で酔っ払い、「西洋は日本に色々言い過ぎかと思うか?」ってな質問をしてくるのだが、いまいち意味が不明で何度も聞き返し、まあそうも思わないと答えたが、それが正しかったかはわからない。
2017-11-14 02:29 この記事だけ表示
8ED68FF8-6CB1-4B3E-9307-7659BEEB8905.jpeg

リーディング、終わって、今打ち上げやって帰ってきたところ。
いやあ、確実に伝わっているので感激した。詳細はまた後ほど。

話は変わるが、ナットシャーマンを見つけて今更ながら感動。五番街の店舗を追われて潰れたものとばかり思っていた。
2017-11-13 11:35 この記事だけ表示
ラママでリディキュラス・シアトリカル・カンパニー成立50年、チャールズ・ラドラム死後30年の記念イベントがあり、かつての出演俳優、照明デザイナー、研究者などがパネリストとしてラドラムを語り、その合間に上演ビデオの断片、ショート・リーディングなどが挟まれ、いやはや面白かった。パネリストとしてジョン、日本でラドラムに関しての唯一の翻訳本『リデュキラス!』の筆者ディビット・カウフマンも登壇している。
私は当然の如く実際のラドラムの舞台は見ていないが、ビデオを見、パネリストの話を聞くうちに20代の頃のスラプスティック・エロ・テイストの記憶が蘇り、むくむく役者熱が湧いてきた。
困ったものだ。

3CBFD9D8-9070-482F-B255-DB1D62AC9FAC.jpeg


前列右からジョン、隣がカウフマン。その隣がかつての出演者ブラック・アイド・スーザン。
中央の中根さんみたいなお婆さんが、多くの舞台に出たローラ・パシャリンスキー。


2017-11-12 10:06 この記事だけ表示
久しぶりにMOMAに行く。出国する時から今回アンリ・ルソーを見ようと決めていた。
『夢』と『眠るジプシー娘』の二点だ。人気で人だかりのゴッホの星空の絵のはす向かいにある。特にジプシー娘が好きで時間をかける。この絵は小説にも登場させた。猫の愛ちゃんがじっと見つめているうちに、中に入ってしまうのがこの絵だ。

夜、ブロードウェイで『Mバタフライ』を見る。ディビット・ヘンリー・ウォンの成功作だ。それを今回ジュリー・テイモアが演出している。本が成功しているから俳優がよければまず間違いはないというやつ。取り立てて特殊な演出をしているわけではない。というか、演出の自意識を盛り込もうとしても無駄なのだ。だから誰が演出しようと、そこそこいい。

夜になっていっそう凍れる。ぶるぶるだよ、ブルブル。
深夜のテレビのヴァラエティ番組では、トランプがイジリの的だ。これだけ色々オチョクリ要素を持ち合わせた大統領がいただろうか?
2017-11-12 01:52 この記事だけ表示