公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
まさに、紛れもなく未曾有の世界。
日々変わる状況。
今のところ公演は予定通りの心づもりでいるが、何が起こってどう変更するか、まったくわからない。
しっかりこの世界、この時代を意識に刻印しておくつもりでいる。
2020-04-02 14:58 この記事だけ表示
短編戯曲を書き継いでいる。
四本になった。
今の空気を書き残しておこうと、『2020年3月』というのも出来上がった。こういう時だったなあ、とこの戯曲を落ち着いて見られる日が早く来ることを望む。
2020-03-29 18:15 この記事だけ表示
さあ、明日、会員様先行予約開始!
2020-03-21 19:42 この記事だけ表示
『4』前売り、いろいろなところで販売開始します。
詳細はティーファクトリーHPをご覧ください。
2020-03-16 11:33 この記事だけ表示
そう、9年前午後2時46分、『4』を書いている最中だった。三猫と身を寄せ合っていた。
今年、『4』の公演前、こうした世界だ。
自分の生きてる時代を未曾有だとして表現者は思考するが、まさに未曾有の時代を生かされているという感覚がひしひし迫る。
短編戯曲を書き継いでいる。

劇場、映画館、本。
自分にとっては、このどれもが欠けてはならない。
2020-03-11 17:28 この記事だけ表示
阿佐ヶ谷で伊東潤の演出する舞台を見る。柄本さんと久保井君に会う。その後、吉祥寺で久しぶりにヴェトナムフォーを食べる。
数日前は渋谷和宏氏と北海道でしこたまワインを飲む。居酒屋北海道っすよ。
日本国の観光立国の道を進めてオリンピックで完成させるというヴィジョンは頓挫した。
まったく個人の人生がそうであるように、国、政府の将来プランも思い通りにはいかない。
そもそも思い通りにいくものではない。
思い通りにいったとしても、その時はいいがその後にしわ寄せが必ずやってくる。
個人の場合は子孫に必ず悪いことがある。
なんてことなどをムニャムニャしゃべる。

まあ、演劇人舞台人はそれぞれ知恵を絞り、しぶとく生きてる。
今辛く、地獄に落ちたとしても、人間死ぬ間際まで幸不幸はわからない。
自分の頭で考えて進むしかない。
演劇はまず死なない。
2020-03-09 01:03 この記事だけ表示
困ったことに、不謹慎ながら、このようなディストピア状況下に創作意欲が増大する。
2020-03-07 20:46 この記事だけ表示
『4』の上演は5月である。
前売開始は3月である。
状況はどうなっているのかわからない。
刻々と変わっていくので、大きい言葉はすぐさま無効になる。
いろいろ考えます。
2020-03-04 12:35 この記事だけ表示
しっかし、劇場街、エンタメ界、大騒ぎの大混乱だ。もう朝からいろんな情報が入ってきて、落ち着かず、こうやってまた無力なブログを書いている。
倉持裕氏のフェイスブックの「泣いた。」の一行に泣いた。
2020-03-02 15:55 この記事だけ表示
前述したリトアニア演劇祭について説明を補足します。
独立して一年後、首都ビリニュスにはまだソ連軍の戦車の砲撃による瓦礫が散逸して、物も不足。電力も不足で夜は電燈ひとつもなく、しかしそうしたあかりひとつ無い夜というのは夜空の星明かりで全くの闇ではない。
そこにベルイマンの『サド公爵夫人』をはじめとしてテアトル・コンプリシテとかさまざまな演劇がリトアニアの独立を祝して集まってきたのです。
電力不足で複数の舞台が同時刻に上演が不可能とか、上演最中も電力が不安定とか、冷蔵庫というものがないとか、とにかく当時の日本人、今の日本人にとっても想像もつかない独立後の不安定な生活の中で行われたわけです。
前述した開催主旨はこうした状況下で高らかに宣言された演劇の声だったのです。
以上。なかなか想像できない状況でしょうから補足しました。
2020-03-02 14:10 この記事だけ表示