公演情報
■ティーファクトリー『荒野のリア』
ドラマ・ドクター
全てを失い荒野を彷徨う男たちが 狂気との葛藤の先に見たものは?! 再演五都市ツアー!

三人娘が登場しないリア王!?いきなり第三幕から始まるリア王!?あの麿赤兒が演じるリア王!?

荒野をさまよい葛藤する男たちのドラマ、1時間40分一幕。凝縮された「リア」の世界。原作通りの上演です。川村毅の加筆は一切ありません。

初演時、大反響を呼び起こした『荒野のリア』が、新たなキャストを加えて甦る!

【公演日】
2016/9/14(水)〜9/19(月・祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【公演日】
2016/10/1(土)〜10/2(日)
【会場】
京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)

【公演日】
2016/10/15(土)〜10/16(日)
【会場】
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ (神奈川県)

【原作】W.シェイクスピア「リア王」(松岡和子訳)
【構成・演出】川村毅
【出演】麿赤兒、手塚とおる、米原幸佑、志村史人(俳優座)、笠木誠、中村崇、萩原亮介(文学座)、森下庸之、太平


本公演は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

≫e+でのチケット発売情報は
こちら


CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
真夏日の今日、書斎にこもっていると、今が何月だったかがわからなくなり、さらにふと自分はどの国のどの街にいるのだったっけなどとぼんやりとし、さらにラジオのスイッチを入れると、すでに戦争が近くで始まっているのでは、いや、戦闘は当の前から開始されていて知らなかったのは自分ばかりだったりして、などという妄想にかられながら、夜になってワープロから離れる。
日々、書いております。
いいキャスティングになりそうです。

ブログが移行してからまだ左側のデザインの変え方とかわからないまま。
ガチャガチャいじくって一度ブログ本体を削除してしまってから、触れるのが恐ろしくなってる。
新作のキャスティングが固まってきた。
花見はまだできるという日々である。
昨日は新宿、池林房で出版会議であった。有意義であった。
五月の洋行もやっと固まりつつある。
このところ外国からの要望、質問多し。
私、戯曲執筆の荒れ野の真っ只中にあり、俗事から離れ、
修行僧の態。
由良君美を読んでいる。面白いね〜。
昨日、オーディション。ほぼ一日がかりだったが、
不思議とさして草臥れなかった。
怒涛のオーディションと呼びたい。
参加者の皆様にお会いできて本当に良かったです。
本当に、様々な、多くの方にご応募いただき、創作意欲がバリバリ湧いてきております。
楽しみです。
1月に急逝された佐伯隆幸氏の追悼講演を聴きに学習院大の講堂に向かった。
佐藤信、高橋治男、渡邊守章三氏の話はそれぞれに興味深く、これまで知らなかった氏の人生の断片に触れることができた。
第2部「思い出を語る会」での冒頭では奥様が挨拶され氏の最後の日の模様を語られた。
それを聞いてすぐに会場を後にした。
私なんぞよりも長く深く氏と付き合った方々の圧が強く、居心地がよくなかったせいもあった。
うむ。アングラか…
帰宅してウイスキーをやり、合掌。
昨晩、ブログ移行に伴い、その変更作業を、わからないくせにいじくり回してアカウントを、なんと消してしまいました。復旧されて今に至ります。
お馬鹿な私です。
皆様、ご迷惑をおかけしました。
なんという1週間だったろうか。WBCで泣き、サッカーW杯で喜び、稀勢の里怪我に落胆し、証人喚問が国会であり、なんという忙しい週だと目を回していると、稀勢の里逆転優勝!ドラマ作りの新横綱!大好き!
イープラス移行のため、当ブログは21日から26日まで更新できなくなります。オーディションの詳細などはティーファクトリーHPをご覧ください。お待ちしております。
来週末の24日、25日、福岡市博多のぽんプラザホールで、福岡市文化芸術振興財団、FFAC企画による創作コンペティションが行われる。
要するに一本の短編戯曲を巡っての上演審査、演出コンクールだ。
今回取り上げられた戯曲が私の『春独丸』である。最終候補に残った三人の演出家による舞台が上演される。
おもしろそうだ。当日変装して会場に入り込もうかな。ドナルド・トランプのゴム面被って。その後博多のいろいろ美味しいものを食べる。
審査員のメンバーがまたおもしろそうだ。
短編戯曲っていいよね。何がいいって長くないのがいい。書いていて楽しいし。
博多で酔っぱらいたい。