公演情報
■ティーファクトリー
『オール・アバウト・Z』
川村毅新作・演出
z_webチラシ_表.jpg
【公演日】
2021/11/6(土)〜14(日)
【会場】
ザ・スズナリ(下北沢)
ティーファクトリーHP
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
0614ポスターweb.jpg 
【NHKプレミアムステージ】
2021/11/7(日)23:20〜翌1:31
NHKプレミアムステージ
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
3月の日本大学芸術学部演劇科総合実習の1回目の打ち合わせをオンラインで。
今年は『レディ・オルガの人生』をやる。
とにかくまたあっという間に忙しくなるので、休める時はぐだぐだ言わずにしっかり休んでおこう、と自分に言い聞かせる。

2022-01-14 12:12 この記事だけ表示
久しぶりに劇作家協会の事務所に向かい、セミナーの講義をした。3年ぶりだろうか。事務所からのオンラインである。周囲には関係者の皆さんがいて、笑いなどリアクションがあり、ラジオをやってる気分でなかなか快適だった。
みなさん、わたくしは個人オンライン講義ドラマファクトリーをやっており、今年はTcrossroad短編戯曲祭もやります。
どしどしご参加ください!
2022-01-13 13:08 この記事だけ表示
今、林達夫の著作を読み直すと本当に面白い。
世界全般についての言説はもちろんのこと、この人は早くから歌舞伎に親しみ、以後もけっこうな演劇通で、演劇に関しての思想も半端ない。
このように確かな知識と見識と、独自の思想をもって演劇を語れる方が今いるだろうか。
とにかく新年よりページを開いている林達夫・久野収の『思想のドラマトュルギー』がやたらに面白い。
すぐれた哲学者、思想家は必ず演劇に通じているという言葉が元気を与えてくれる。

大晦日から三が日にかけて、くたびれていて気分はドツボ。悪態ばかり吐き続けて過ごしていてが、ここへきてやっと通常通りになってきた。
もっとも四日には吉祥寺で人とわいわい飲んだ。
感染者が増えだしたので、また当分は、あのようなわいわい飲みはできないだろう。
今年もまたろくなことはないだろう。
たまにいいことがあればもうけもんだ。
ぐらいに考えて生きるのが正解だろう。
と思いつつ淡々と、しかし懸命にやっていこうと思っています。

今年は去年やったTcrossroad短編戯曲祭の拡大編やります。二月あたりからいろいろ公募の情報が出ると思うので、Tfactoryのホームページをお見逃しなく。
あと、路上シリーズ、『路上6・そして私たちは生きている』っちゅうのを八月にやろうと目論んでいます。
2022-01-07 13:41 この記事だけ表示
あけましておめでとうございます。
今年はTCrossroad、短編戯曲祭を重点的に活動します。
拠点は新宿、ガンガンやりますのでTFactoryの情報をお見逃しなく!
2022-01-01 01:24 この記事だけ表示
小林秀雄が若いころ武者小路実篤に私淑していた時期があるというので、久しぶりに武者小路実篤を取り出して戯曲『愛欲』を読んで、たいして面白くはないが、けっこうおもしろいと思い、ちょうど仙川に講義に行くので武者小路実篤記念公園に行った。桐朋学園芸術短期大学のすぐ近くなのだ。
公園には私ひとり。日暮れ前の竹林に佇み、『真理先生』は武者小路実篤にとっての福音書なのだと思う。
これがクリスマス前のことである。

今週はじめには、一橋学園の一糸さんのカフェを訪ね、いろいろ喋り(生臭い話ではない)、中野に出て髪を切ってもらい、吉祥寺の花屋に寺山ヘンリクさんを訪ねて、お手製のしめ飾りを購入する。これは暮れの恒例行事である。
次の次の日には小野の芝居を見てナポリタンを食べて『ラストナイト・イン・ソーホー』を見る。
次の日は新宿は雑遊で篤さんと打ち合わせ。来年のことである。
近くのパブでギネスとフィッシュアンドチップスをひっかける。
家のガラス窓ふきも完遂させた。
この二年間、稽古最中、稽古準備で出来なかった掃除である。
くたびれる。
思い通りにいかなかった一年だったが、思い通りに出来たことなど、コロナ禍でなくても滅多にないというものだ。
やたら興奮、熱弁する輩からは極力遠く離れて、粛々と生きたいものだ。

正月は三猫と寝て過ごす。
2021-12-31 13:56 この記事だけ表示
今月のはじめには、新宿の飲み屋で、およそ二年ぶりに人と飲んだ。
店先で別れ、帰り道、靖国通りからゴールデン街方面に向かう遊歩道を歩いていると、ここで知り合いとばったり。
知り合いは、「今飲んできたところだからもう飲まないよ」などとぐずぐず言っているので、「いや私は帰り道なのです。西武線で帰ります」と言うと、ついてくる。
歌舞伎町の信濃屋でスコッチのシングルモルトだかシェリー酒だかウンダーベルクを買って帰るのが新宿徘徊の常なので、かまわず立ち寄ると、店の中までついてくる。
アードベッグを買い、西武線に乗って隣同士でわいわいと喋る。コロナ禍における人生の在り方についてであった。

日芸の担当以外の授業にゲストで招かれて『ハムレットクローン』とか『AOI/KOMACHI』についてわいわい喋る。
高円寺のカフェで開催された尾崎さんの公演のアフタートークを頼まれて、観劇後、『オール・アバウト・Z』とロボットについてわいわい喋る。
公開審査で無観客の座・高円寺舞台上で悩む。これほどすっきりしない審査会は初めてだ。

来週はまだ喋る日々が待っている。基本的には情緒が安定しない。

この間、レコードプレイヤーを購入し、押し入れの天袋に入れたままのレコードを取り出すと、もう我ながらレアもの貴重ものばかりで、十代二十代の自分を褒める。
吉田拓郎、三上寛、友川カズキ、森田童子、荒井由実(アルバム「ひこうき雲」ね)、柏原芳恵(笑)から、マイルス・デイビスはもちろんのこと、モンク、エリック・ドルフィー!、ロックはドアーズ、ストーンズ、ボウイあたり、プログレはピンクフロイドあたりはまあ当たり前として、タンジェリンドームそしてテリー・ライリーまで手を伸ばしている。テリー・ライリーは今生きているのだろうかと検索したら86歳で現在新潟の佐渡に移住していると知ってびっくり。
パンクはセックスピストルズ。イギー・ポップもある。マイク・オールドフィールド、ディビット・バーン、ノイバウテン、パティ・スミス!レオン・ラッセル!もいる。
ヴェルベット・アンダーグラウンド、ルー・リード、ニコのソロアルバム。
浅川マキ!サイコー、マリアンヌ・フェイスフル!よく聞きました、マリアンヌ・フェイスフル。
かと思えば武満徹。映画音楽のサントラはやまほどある。
変わり種は、とうじ魔とうじ、陰猟腐厭。知ってる人は知っているだろう。知っている人は本当のプロである。この二枚のアルバムは本人たちからいただいたもので、彼らは八十年代の第三エロチカの観客であった。
ジム・モリソンが死んだ後、残ったドアーズの三人で出したアルバム、クルト・ワイルの曲をスティング、マリアンヌ・フェイスフル、ルー・リード、ヴァン・ダイク・パークスらがアレンジしているアンソロジー「Lost in the Stars」などもあって、何か頗るご機嫌だ。
2021-12-18 15:01 この記事だけ表示
ぼんやりしていたら、12月になって忙しくなってきた。
ドラマファクトリーの収録。授業。審査会。打ち合わせ。
いよいよ呑み会も解禁になってきて、誘われる。
おとついは、ピンターの短篇をいかに演出するのかという興味の一点で、久しぶりに信濃町のアトリエに出向いた。
今年の年末こそは窓拭きを完遂させたい。

7D5C65E9-D105-4620-9CC0-7906C45C387C.jpeg

公園でぼんやり。セルフ。
それにしても睦がネズミを追っかけている最中に目覚めなくてよかった。逆に。
2021-12-05 14:53 この記事だけ表示
B116E35C-6285-448A-87CF-055E10C06A13.jpeg

ちなみにネズミを食べてないもん。

2E2F3323-69F3-4397-BA1D-41440749C347.jpeg

これは愛。窓の向こうの塀に時々ハクビシンが駆け抜ける。
たぬきが現れたこともあり。

75F5C31F-E99D-46AA-9E24-36AF256E2A77.jpeg

歌舞伎町。ダイドーのもと、残された片方だけのブーツ。
2021-11-24 12:00 この記事だけ表示
ジョセフ・ロージーの映画に『できごと』という傑作がある。
まあいい。
私のそれは先日の土曜から日曜にかけてのできごとである。
土曜の午後は花園神社の二の酉に行って熊手を買った。酉の市の水島さんとはもう三十年の付き合いである。
それでその晩はウイスキーを久しぶりに呑んで大熟睡であった。
翌日遅くに目覚め、顔など洗い、雨戸を開け、猫たちに食事をやって布団を上げようとすると、枕元にネズミが死んでいるのである。
叫んだ。
とんだ『何がジェーンに起こったか?』状況だ。
オモチャではない、30センチはある堂々たるネズミである。
ヒーっ!ってなもんです。
聞けば、夜中、睦が台所近辺で大運動をやっていたらしく、推測するに、どこぞから入ってきたネズミを睦が捕物で押さえ、やりましたぜ旦那とばかりに私の枕元に置いたようだ。
思えばここ数日、夜中になると、やたらコンロの下を探索する睦であったと合点する。
睦が一点を見つめる先には、必ずゴキブリをはじめとして何かがおり、時折ヤモリが捕らえられてオモチャにされていることもある。
それにしても猫が寝起きし、ヤモリが這いずり、外の塀にはハクビシンが走り、庭の木々には野鳥が訪れ、蜂が飛び、枕元にはネズミが死んでいるという、なんたるワイルドな家!
さらに驚嘆するは睦の捕獲能力。本当の箱入りで狩りの経験はないのだが、消えない本能、素晴らしい!
とはいえ、私、ネズミの死骸にショックで、しばし残像が消えず、睦がこの可愛い顔で30センチものネズミを咥えているのを想像して、わなわな。
ゴキブリはなんともないが、ネズミはこたえる。小夏が弄ぶネズミのオモチャもしばらく目にしたくない。
それにしても謎だ。ネズミはどこから入ってきたのだろう。

1D6EDC59-E96D-428C-8853-19013A976024.jpeg

このドヤ顔。やるときゃやります。
ネズミもとれない弱い猫が増えたと言われるなか、睦、あんたはスゴイ!
2021-11-23 12:00 この記事だけ表示
一週間が経った。
2グループにした結果が思いの外、面白かった。
違う舞台のように仕上がったからだ。私が演出で正解を厳密に求めず、正解があるとも思っていないからだろう。
自分で書いた戯曲なのだから、恐らく正解はあるのだろうが、それをただ当てはめるだけでは面白くないという思いからだろう。
絶対的にこうしてほしいというところは、その通り言うが、人間がやってることだから、最初から正解があるとは限らない。
ひとつの戯曲から舞台を立ち上げることが正解へとたどり着く旅だとは考えていない。
正解などどこまでいってもないという決意のほうがいい。
という決意を表明できる2グループ制は、私に合っているのかも知れない。
体力は必要だが。

ところで、昨日の日曜日、衝撃的な出来事があった。心を落ち着けて次回に書こうと思う。
2021-11-22 16:42 この記事だけ表示