公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
コント大デザインの3人が、コント合わせ。
代官山スタジオにて。

FBE59A86-A7C4-419E-A6AE-E3B1E10281A5.jpeg

誰がボケるか。

39362B6D-C66C-4040-8ECD-ED3D88DD0E07.jpeg

白熱する議論。

8B3D0685-2FF1-445F-8042-DC624803AC0B.jpeg

いざネタ披露へ。



2019-07-09 21:38 この記事だけ表示
今日は代官山スタジオで午前中から夕刻まで大撮影。何を撮ったかは近いうち大開帳いたします。
写真はコントグループ、大デザインの三人。
左からマッチ、ノニータ、タケ。

B5576B74-D266-4CE2-A910-7E3D03F6A00F.jpeg





2019-07-08 22:55 この記事だけ表示
死刑執行一年後の今日、前売り開始とは…
2019-07-06 16:50 この記事だけ表示
八月のリーディング、トークイヴェント『わらの心臓』の前売り券が販売されます。
真夏の夜、1日限りのイヴェントです。
皆さま、是非いらしてください。
2019-07-05 23:25 この記事だけ表示
8月19日に、新作『ノート』の関連企画として2000年シアター・トラムで初演した『わらの心臓』のリーディングとトークを行う。
吉田鋼太郎氏がやった役を私、川村が、戸川純氏の役を高木珠里氏が読みます。一部カットしてのリーディング上演。
そして、その後、作家、経済ジャーナリストとして活躍する渋谷和宏氏と〈90年代〉を中心にして語り合います。
渋谷氏は希望ヶ丘高校の同級生で同い年(当たり前だ)、昨年の『フリークス』上演では渡辺弘氏と〈80年代〉をテーマにしたトークの、いわば続きとも言える。
一日こっきりの公演、お待ちしております。
吉祥寺シアターです。
というわけで、四本同時進行の制作部ということですな。
2019-06-20 12:55 この記事だけ表示
『4』をあらためて読む。
腹は決まった。
テレビではピエール瀧の判決が報じられ、裁判官の説諭なるものが紹介されている。
違和感を覚える。裁判官とは道徳を説く役割にいる者なのだろうか?よくもまあそんな自信が持てるものだ。
生きる道を説き、反省を促すのが判決なのだろうか?
キリスト教が染みこんだ国、世界ならいざ知らず、裁判官の説く道徳は何を根拠にしているのだろうか?単なる裁判官の恣意的な気分でしかないのではないか。
このことに限らず、日本の裁判には違和感を覚える。
このことはまた新作『ノート』に引き継がれる。
2019-06-19 11:29 この記事だけ表示
日曜日、京都・春秋座で『4』の公開劇場実験を行った。
来年の上演に向けて演出上の目論みをいろいろ試してみて、それを一般にも公開しようという企画である。
冒頭からおよそ50分、大きなモノローグが2回入る前半をリーディングするのだが、それに二台のライヴカメラとプロジェクター、二枚の紗幕を使って演出している。このジェスラン調の設定で『4』のモノローグが成立するかどうかが、私の一番の興味であった。
四人の登場人物は京造の卒業生、金子仁司、木之瀬雅貴、坂川好慶成、御厨亮が読んだ。みんな大人になった。普通の会話ができる大人である。学生と会話するということは、こちらが学生仕様に対応しなければならないということだ。これは年齢の違いということではない。
客席は満席でみなさん真剣に見てくれた。
果たして、有意義な実験であった。『4』の言葉と紗幕に映写される画像には弱冠の齟齬があることは否めない。
さて、どうするか。これから考える。

終えて帰京し、翌日は『クリシェ』の衣裳フィッティングと鬘合わせ。
本当に新作『ノート』を含めた三本同時進行である。
2019-06-18 13:48 この記事だけ表示
6月16日、京都、春秋座で「『4』上演のかのを巡る劇場実験」を公開します。入場無料です。興味ある方は京都造形芸術大学、舞台芸術研究センターのHPなどを御覧下さい。
その頃はもう梅雨入りかな。
2019-05-22 19:56 この記事だけ表示
GW中はこつこつ台詞をやっていて、はしゃがず騒がず。
先週は下北沢で久しぶりに柄本さんと呑み、次の日は古井戸秀夫さんの受賞パーティーだった。大著『鶴屋南北』で氏は色々賞を取られたのである。 
古井戸さんは199〜何年だか、私を最初に大学に引き込んだ方である。早稲田大学で私は現代演劇の座学と早稲田では30年ぶりという実習授業を依頼された。
そう言うわけで、三年間、野村万之丞氏、和栗由紀夫氏とで学生指導し、公演を行った。お二方はすでに鬼籍に入られている。いやはや時間である。
当日、会場の学士会館に向かう足取りは決して軽くはなく、というのは学者ばかりで私などほとんどオヨビデナイのではないか。ところが、その実習の学生をはじめ、思いのほか知り合いが多く、わいわい過ごした。古井戸氏の大著はボリュームがある故に、読むのに一生かかるのでは、などという声もあったが、そんなはずはない。時間を作って集中すれば、一気に読める読み物と予想する。まさかスピーチを指名されると思わず、つまらないことを喋った。
一気に読んで語りたかったと悔いる。

翌々日は久しぶりに京都。
来月の『4』の実験上演の準備である。
日帰りなので神馬の時間はなく、京極スタンドで軽くひっかけ、乙羽で蒸し寿司、高島屋で蓬莱の豚まんを買って帰る。
2019-05-21 11:59 この記事だけ表示
みなさん、いかがおすごしでしょうか。
わたくし、コツコツ書いております。
合間にけっこう映画を観ています。
ウィリアム・フリードキンの『恐怖の報酬』。
これは公開当時観ているのだが、今回の監督編集バージョンを観ると、四人の男たちの事情を描く前半が以前ではざっくりカットされていて、ラストの男二人組の意味がさっぱりわからなかった。罪なカット事情だ。フリードキンの映画には商業映画からはみ出るザラッとした居心地の悪さと、生きることの焦燥があって、それは単にキャラとストーリーがサスペンスという以上に異世界、非現実世界への形而上学的な視線がある。『フレンチコネクション』にもそれはあるし、大ヒット作『エクソシスト』にもある。この『恐怖の報酬』もクルーゾーのとの違いはサスペンスより運命が重要とされている。
ジャック・ドゥミの『ローラ』は初めて観た。シェルブール、ロショフォールの要素が全て詰まっていて、ひどく面白かった。
アニュエス・ヴァルダの『幸福』を久しぶりに観たが、つくづく過激な映画だ。
3本とも新作ではない。映画は見直しが出来て嬉しい。演劇がこういうことが可能だったらとつくづく思う。録画ではなくてライブをそのまま、今日は久しぶりに寺山の舞台を再見してみるかってなふうにだ。それが出来たら演劇評論もずいぶん変わるだろうに。

2019-04-30 18:52 この記事だけ表示