公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
5月9日、ソウル着。
劇場のある大学路で『4』の演出家マさんとサムゲタンの夕食。

9C0E551D-50D6-4795-878E-1AE521518204.jpeg

この界隈で一番美味しいサムゲタンという話の通り、柔らかい鶏肉、スープが身に染みる。
夕食の後、劇場に行って韓国国営放送KBSのインタビューを受ける。クルーはそのまま本番、アフタートークまでいたが、放映されたのだろうか。
取材後、ソウル演劇協会副会長ジュヨンさんとお茶。互いの国の演劇状況を雑談。

8DA59416-7C1E-40D8-B88F-0EED95EBE7CC.jpeg
146758B8-B6E6-4191-A47B-F3B64AC2DE37.jpeg

三つの劇場が入ったビル。『4』は最上階の5階。

6B87E2C9-C39C-43A1-913D-B14A664FDF04.jpeg

20時開演で上演時間2時間5分。私とマさんのアフタートークには様々な質問が飛び、終わったのは11時過ぎ。数年前に『新宿八犬伝』のリーディングを演出したチェさんと再会。観劇した彼は今回の演劇祭の芸術監督だと知る。
明日夕食を食べよう、何がいい?
と聞かれるので、迷わず焼肉と答える。

D135A155-36F4-41E3-ABFB-9EE3E972E422.jpeg

近くの居酒屋で全員集合。

06AEB453-7F1C-4BE1-92EB-AE7B9DE7B98F.jpeg
7D104EB0-6CB5-4C7B-94C6-D876EDE701C7.jpeg

異国の地での食事は現地の人に連れて行ってもらうと間違いなし。
舞台は昨年より演出がシンプルになっていて、それが功を奏している。
夜更けホテルに帰り、熟睡。時差がないのが楽だ。

翌日。昼間ホテル周辺をぶらぶらする。
18時、チェさんと待ち合わせ。演劇協会会長ソンさん、副会長ジュヨンさんも一緒だ。
プルコギを頂く。観劇前なので匂いにならないプルコギをという芸術監督の配慮である。
色々しゃべる。
『4』の舞台成果が東亜演劇賞の候補に挙がったと知らされる。どういう賞なのか、私はよくわからないのだが。
20時開演。
終演後、マさんと近くの居酒屋で一杯。
この小さな店の料理も美味しい。

45931902-9D64-40A0-863E-CF5209813EEA.jpeg
イカのチヂミ。

5DB4FA30-743B-4598-BC7F-BBF12CC97EA4.jpeg
豚肉のパテ。

色々話す。
南北統一は実現したら本当に嬉しいことだと語る。
Me too運動の勢いも活発で告発糾弾された大学教授が自殺をして世を去ったり、ソウルで現代演劇を上演し続けている劇団の長はかつての劇団員からの糾弾を受けて現在行方が分からないという。
帰る際、支払いをしようとすると、他のテーブルにいた人が支払いを済ませてくれていた。この人は今晩観劇していたお客さんで、舞台がとても良かったのでと奢ってくれたのだった。
2018-05-14 16:45 この記事だけ表示
帰国しております。去年の公演が評価されて参加公演となった『4』。さらにグレードアップされていい出来だった。演劇祭は厳選された10作品が一ヶ月間にわたって上演される。
若い韓国演劇人の手になる『4』は今日が千秋楽。とてもいい旅だった。成功の舞台の余韻でぼんやりしている。詳細は明日以降。
2018-05-13 16:04 この記事だけ表示
現在、ソウル演劇祭で「4」が上演されている。見に行こうと思っている。とても楽しみだ。
2018-05-08 21:22 この記事だけ表示
地域劇場賞というのは、2014年まではニューヨークにおいてはブロードウェイ以外は審査対象外だったと聞いた。
兎にも角にもエレン・スチュアート亡き後、ミアを筆頭にして頑張っているヴィレッジの老舗がやっと賞というものに恵まれたわけだ。紛れもなくニュースである。
2018-05-06 21:04 この記事だけ表示
ラ・ママが2018年トニー賞地域劇場賞受賞のニュースがニューヨークから届く。
素晴らしい!
Congratulations!
2018-05-05 23:45 この記事だけ表示
ゴールデンウィーク何してるかって、あーた、活字の荒野、ドラマの原野の真っ只中で這いつくばっておりますよ。
2018-05-01 16:22 この記事だけ表示
吉祥寺オデヲンでエンジェルスの第2部を見た。4時間半映画館にいたことになる。まったく飽きない。
やはり外国の劇は外国人がやるのが、いちばんよくわかる。ま、古典は別だけど。
でも、もうエンジェルス、古典の領域に入っているけど。
2018-04-30 12:32 この記事だけ表示
07EEEA64-E021-4AA7-B1FA-432586178149.jpeg
ニューヨーク初日、スタッフのヘルプでダプリンから来たディックがプレゼントしてくれたアイリッシュ・ウヰスキー、ブッシュミルズのレッド。美味しくてペロリと呑んでしまった。
ベケット、イェーツからウヰスキーまで話したことを覚えていてくれたのだ。
どうやら日本ではブラックは手に入るが、レッドは入れてないようだ。残念だ。
2018-04-23 09:50 この記事だけ表示
昨年、ソウルで上演された「4」が同メンバーで、グルードアップされ、ソウル演劇祭に参加上演される。
5月4日から13日、大学路のアートワン・シアター3館ということである。見に行くつもりです。とても楽しみだ。
2018-04-19 20:23 この記事だけ表示
いい俳優は舞台の時間を決して停滞させない。これは技術だ。
技術がないと、解釈によって台詞を減速させ停滞させ、結果的に感情ばかりが突出してしまう。解釈は正しいはずなのに、表出するとそうなってしまう。目立つのは本人の感情ばかりで、台詞は本人の思惑とは裏腹にないがしろにされる。
そういったエンジェルスを何度か見させられた。なんだかさして面白くもない戯曲だと思えてしまうところ、吉祥寺オデヲンのこれは全くオーケーだ。
言いたくはないが技術の問題だ。

それにしても800円のパンフの中身の薄さはどうしたものだろう。
もっと色々な記事を考えられただろうに。いかにもやっつけだ。日本の舞台芸術の文化的民度の低さが丸出しだ。
2018-04-13 12:46 この記事だけ表示