公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
神馬の夜[飲み屋]
先週のことだ。京都入りして2日目の夜、講演会で京都にいた渋谷和宏氏と落ち合い、今年初の神馬で舌鼓を打った。それから久しぶりに祇園のバー、サンボアに行き、年配のマスターが去年に亡くなったと知った。
土曜日、『新宿八犬伝』の初日が開いて再び神馬に行き、そこでおかあさん、つまり大将の奥さんから大将が去年の11月に亡くなっていたことを聞いた。大将は具合が悪く、去年は店には出ていなかった。葬儀は家族で済まし、店を休むことはしなかったという。私は11月には来店はしていなかった。12月にいったときには誰も大将の死をおくびにも出さなかった。酒を飲む場所ならではの気遣いである。常連に告げる機会を探ることの難しさというものだ。
ああ、ついに逝ってしまわれたかと私は大将・酒谷芳男さんの顔を思い浮かべて酒を飲み、のど黒、鯛のかぶら蒸し、琵琶湖のもろこ、鯖寿司を食した。
15年間、京造に通った。つまりおよそその年数神馬で毎週酒を飲み、料理を食べた。私の京都を支えたのは神馬であった。神馬があったから京造に通えた。楽しみはなにより夜の神馬で、神馬に行けるからと折れそうな心を奮い立たせた。
京造を辞めるこの年、奇しくも大将は逝ってしまわれた。こんなことをいうのは失礼だが、私にとってなんと切りのいい終わり方だろうか。
「この世に未練はない」と大将は今わの際で言っていたとおかあさんは話してくれた。なんとも大将らしい。「京都京都は嫌や」と言ったりもする、さくっとした人柄のシティボーイで、.20歳も年長なのだが、友達のように話しに付き合ってくれた。
「東京から京都に通うものには京都の呪いがつく、殺される」と渡辺保氏が言っていたと渡辺守章氏に聞かされたことがある。心当たりがあるので妙に納得した。
酒谷芳男さん、ありがとうごさいました。神馬のおかげで私は生き延びることができました。

しかし神馬通いはこれで終わるわけではない。今後毎週というわけにはいかないが月イチ単位で向かう。
ですので、三代目・直孝さん、よろしくお願いします。
神馬よ、永遠なれ。