公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
徒然2
これもちょいと前の話。この間ブログにまったく興味をなくしていた。まあ人の勝手だが、ツイッターとかフェイスブックとかまるで興味ないし、ブログもやめてしまうかと思う季節がある。そう思うのならやめ
ればいいのだが、やめないでいる。ツイッターも、こんなこといいながら始める時がくるかも知れない。以前劇団にいた俳優宮島健など、携帯電話が普及し始めた折り、私が使っているのを見て、軽蔑したような顔つきで「おれは生涯携帯もたねえ」と威張っていた。私がこうしたものにけっこうすぐに飛びつくのが意外だったらしい。おおむね第三エロチカの劇団員とは、私に対してそうした先入観を持っていた。
今宮島はもちもん携帯を持っている。まあ、こうしたものだ。いずれ私も大いにつぶやくかも知れない。

そこでちょいと前の話に戻る。
上野の芸大美術館で高橋由一展を見た。小さな展覧会かと思っていったところ、けっこうな点数で、実に勉強になり、楽しんだ。ひさしぶりの上野であった。田端に祖母の家があり、そこの空き屋を劇団の倉庫にしていた時期は、上野にはテリトリー意識があったが、今は疎遠になってしまった。田端、滝野川は区画整理で倉庫も撤収になったのだ。赤紙仁王の周辺はすっかり変わった。私にとっての路地の喪失だ。田端の湿り気のある、昼でも薄暗い路地の数々、田端の家のぼっちゃん式の便所、傍らに積まれた正方形のちり紙、銭湯に行くまでの夜の路地の匂い、これらの記憶は私にとっての陰影礼賛だ。

芸大を出て不忍池の端を歩き、藪そばで天ざるを食べて、伊豆栄で鰻重を買って帰る。