公演情報
■ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』
川村毅新作・演出
ephemeral_omote_170724.jpg 
エフェメラ=儚きもの、それは…

【公演日】
2017/9/22(金)〜10/3(火)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】田中壮太郎、笠木誠/宮下雄也、岡田あがさ、中村崇/祁答院雄貴、橘杏、菊池夏野、東谷英人/藤尾勘太郎、浅野望、内藤裕志、藤沢大悟/伊東潤、高木珠里、植田真介/井上裕朗、蘭妖子

7月28日(金)前売開始!
詳細はこちら
CD/DVD/BOOK情報
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
おあつうございます10[飲み屋]
暑いってのに、どうでもいいブログちゃかちゃかやっててご苦労なこったね。自分のことよ。
いやー、ほんっと、昨日あたりから頭からっぽになってきた。
現代演劇?しらねーよ。
ねっ、からっぽでしょ。
ベニサン、一月で閉館?ええーっ、しらなんだ。
ねっ、からっぽでしょ。

で、「ヘミングウエイの酒」って本読んでたら、がぜんいろいろ飲みたくなって、昨日は風呂上りにシャンパン開けてぐびぐびやって、午後の死を飲んだ。しってまっか、午後の死。「アルゴス坂の白い家」を読んだひとはわかると思うけど、ヘミングウエイ考案のカクテルで、シャンパンとペルノ割ったやつ。もうダイナマイトよ。風呂上りの死よ。あまりすすめないよ。これは、明らかに緩慢な自殺者のカクテルよ。
ヘミングウエイって要するに、フォークナーとはまた別種のアル中だったってことだな。明らかに。
飲まないとひととしゃべれなくてアル中になったのが、赤塚先生だが、うつ状態をまぎらわせるために酒を飲んで、やめられなくなるタイプかな。悶々と女々しいわけよ。ヘミングウエイを非難しているわけじゃないのよ。物書きなんてみんなそうよ。日々悶々と女々しい、って女々しいっていうと女性に怒られるな、愚痴愚痴しいってのが正解かな。

で、私は日本・台湾戦を見ながら酔っ払ってウイスキーもちょいとひっかけたのだが、「ヘミングウエイの酒」のウイスキーの章も示唆に富んでいた、作家はことさらにウイスキーを好んで、ウイスキーと対話するように飲んでたとある。つまり傍目には一人酒でぶつぶつ独り言言ってるおっさんなわけだが、確かにウイスキーはある種の思考の冴えに役立つ。哲学的な発想みたいなやつにはね。ウイスキーってほんとひとりで考え事をするために飲む酒だよ。
で、あんまり考えすぎると依存症になってしまうわけだ。
私の父親というひとは、ほとんど依存症だったけど、やっぱりウイスキーだったね。ひとりで台所で延々と水割りやってるわけよ。会社はいやだなー、いきたくねーなーとかいろいろ考えながら飲んでたんだろーねー。
しかしだ、ヘミングウエイが一番不幸だったのは日本酒を知らなかったことね。
私は酒はやはり一番日本酒が奥が深いと思うのですが。

酒と劇、演劇人をめぐるエセーをどこかで連載させてくんないかな。
ツボさん、これどう?

しっかし、昼間は体操個人総合見てたが、この種目も落ちたり、転がったり、手のひらの皮ずるむけて血だらけになったり、戦場だな、これも。

顔を恐がられて、退場宣告までされてしまった星野監督。かわいそーじゃねーかよ。星野の気持ちよくわかる。
だって私も顔がこわいこわいとかよく言われて、パーティーで初めて紹介されたひとに、ウインナもぐもぐやりながら近づいていったら相手は後ずさった。
この相手というのは、今はもう亡き如月小春さん。
だいたいひとがウインナ頬ばったときに紹介したやつが悪い。

まあ、見事にオリンピックにはまってビデオも借りないし、安上がりなお盆休みやっとる。
いいねー世間が停止してるって。街も静かだし。
みんなー、帰ってくんなー。
世界が止まったー。
この暑いなか舞台とか稽古やってる方々、ごくろーさん。
これでいいのだ。