公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ミッドサマー[映画]
アリ・アスター監督のこの映画は面白い。
以下、ネタバレ注意。
前作の『ヘレディタリー』は本当におぞましく怖かった。後味の悪さが数日残った。
だから新作のこれは見まいとしていたのだが、やはり気になって見た。するともうこれも後味ワルイ、ワルイ。
でも面白い。まさしくニュー・ホラーと呼ぶにふさわしい。
スェーデンの白夜という設定が斬新だ。夜は来ない。闇と暗がりのない世界のホラーというところで一本取った。
アメリカからやってきた学生が次々と死ぬところに反アメリカ的解釈ができる。
昔からの慣習を遂行しているだけの村に人道的批判を展開させ、ちょろちょろ人類学研究を盾に嗅ぎまわるアメリカ人に鉄槌をくだすわけである。アメリカよ、こっちはこっちで伝統文化を維持しているのだから、自分たちの秤で邪魔するなというわけだ。
と思ったが、いや、そもそも儀式の生贄のために学生たちを村に誘ったのだから、反米の視野は確信的だともいえる。
しかしアメリカ人だけを生贄にするのはあまりにあまりだろうというわけで、村人のうち二人も生贄とされる。
これでアメリカ、スェーデン合作のウィンウィンは成立される。
ラストは浮気な男性性への女性性の断罪とも読める。
さらに映画全体が主人公女性の脳内の、現実の犯行の記録とも見れる。前半、彼女がスェーデン行きを誘われ、そこで旅の主宰である男の言葉から自身の悲劇を思い出され、トイレに飛び込むシーンがある。トイレから出ると、それはスェーデンに向かう機内である。
そこから彼女の妄想が始まっているということだ。
つまり、現実では、彼女はボーイフレンドもろとも学生数名を焼死させたのである。
なんとも後味が悪い。
でも、何度も言うが、面白い。
2021-05-25 12:58 この記事だけ表示