公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
追悼・渡辺守章さん[演劇]
故人の追悼文の執筆とはどのような基準で選択されるのだろうか。
深いつきあいがあった方ということに落ちつくのであろうが、個人同士の深いつきあいとは何だろうと考えてしまう。
これは葬儀における弔辞にも通じることだが、故人の晩年のつきあいが基準にされるような気がする。
若いころ深いつきあいがあっても、それから疎遠になってしまった方は無視される傾向にある。
人間は喧嘩をするから、若いころより死ぬまでのつきあいというのはそう滅多にあるものではないから、仕方がないと言えば仕方がなく、若いころのほうが恥多き人生を送っているものだから、弔辞でかつての所業を暴露されても迷惑かも知れないので、それはそれでいいのかも知れないが、単に残された者たちが晩年の人間関係しか知らないがために、本当に深かった方をないがしろにしてしまうケースも多々ある。
周りの者たちは残念に思ったりする。
追悼特集が組まれたりすると、なぜあの人脈を無視しているのかと解せない内容にぶち当たることもある。
編集者が知らないのだなと推測する。
人には、へーあの人とのつきあいがあるんだ、まさかあの人とこの人との接点があったとは思わなかったと驚かれるつきあいがあるもので、だからそういうことは生前なるべく開陳したほうがいいと思うようになった。先入観で人選されては故人も浮かばれないだろう。
とにかく、深くとも言えず、かといってすれ違った程度でもなくそこそこのつきあいがあったという人間には弔辞も追悼文の依頼もない。
守章さんとは、そうしたつきあいで、楽しく飲んだ記憶が多い。
この年長者に対して私はいつも傍若無人に守章さんと呼んでいた。
京都で同じ大学に勤務していたので、おつきあいがあった。
舞台芸術研究センターの机で紅茶にクロワッサンを浸しての昼食をとっていた姿を思い出す。
その繊細な手つきにおお、パリ仕込みと思った。
パンフレットの、自身と浅田彰氏が並んで写された写真を見て、
「ハゲと高校の生徒会長」とつぶやいていた。そのユーモアにお見事と思った。
夜は京都の街中で飲んだ。
そこで交わされた企画がふたつあった。
ひとつは守章さんが訳されている『シラノ・ド・ベルジュラック』のシラノ役を私が演じるというものである。守章さんが勧めたのである。
演出は誰がやるのかと私が尋ねると、守章さんは黙った。
言わずもがなでしょうという顔つきだった。私は少し恐ろしくなって引いた。
ふたつめはもっと生々しい。
ハイナー・ミュラーの『カルテット』を守章さんと私で共演しようというものだった。あのメルトイユとヴァルモンをである。
どちらがどれをやるかまでは話さなかったが、周りで聞いていた関係者は大いに盛り上がった。
どれもこれも立ち消えとなり、実現はしなかった。
私のほうに問題があったのかも知れない。
酒の席で立ちあがった企画は、素面になった時に、もう一押しがなければ具体的にならない。
京都の夜に語られた夢は、東京に帰ると目が覚める。
京都勤務の時は得てしてこうしたことの繰り返しだった。
しかし、守章さんと話したこれらの企画は、京都の夜の夢として実現しなくてよかったとも思う。
実現させてしまった時のグロテスクな結末も予想できるからだ。

自分は演出家とみなされていない、学者扱いだと声を荒げて嘆く姿も見せていただいた。
演劇現場においては裏表のない真っ正直な方だった。
深くも浅くもないつきあいだった。故にお互い嫌な場面に遭遇せずに済んだともいえる。
楽しかった。
2021-04-24 14:49 この記事だけ表示