公演情報
■ティーファクトリー
『4』
川村毅2012作・初演出
平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、第16回鶴屋南北戯曲賞受賞作品
tf_4_a4-omote_200228.jpg 
【公演日】
2020/5/29(金)〜6/7(日)
【会場】
シアタートラム(三軒茶屋)
【作・演出】川村 毅
【出演】
今井朋彦
加藤虎ノ介
川口 覚
池岡亮介
小林 隆
http://www.tfactory.jp/
・京都芸術劇場 春秋座
2020/6/13(土)〜14(日)
CD/DVD/BOOK情報
クリシェ書籍表紙.jpg
1,200円(税別)
――――――
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ジョン・ウォーターズ[映画]
十何年ぶりかにウォーターズの『フィメールトラブル』を見た。ウィルス禍の今、時期はずれのウォーターズといった感がなきにしもあらずだが、なぜか不意に見たくなった。見てあらためて瞠目だ。
真に悪い映画だ。悪い思想のバイブルといった映画だ。すばらしい。
見終わった翌日、吉祥寺をぶらぶらしていたら、古本屋の店先で、『聖ディヴァイン』が目にとまって、なんというご縁だろうと興奮して買った。
本当のことだ。『フィメールトラブル』の主演、『ピンクフラミンゴ』では犬の糞を食べるディヴァインの伝記だ。
読んで、謎だったディヴァインという人の外側がずいぶんわかった。
さらにウォーターズの至言もちりばめられている。
ウォーターズのなかではメジャー作品である『ヘアースプレイ』を撮る時のインタビューの言葉。
「二十歳の頃の怒りは今のぼくにはない。あったとしたらぼくは苦虫を噛み潰したような奴になってるだろうね。怒っていて同時におもしろい40男なんてものは存在しないんだ。そういう奴らはイヤな野郎ばかりさ。いつも不愉快そうな顔をしてる。イヤだね。ぼくの仕事も質が変わった。もっといろんな人に見てもらいたい。そんな映画を作るのはチャレンジングだしね。いつも同じ人間のためにだけに映画を作るよりずっと楽しいよ。」
生き残る者の至言だ。
さて、こうなったらと、時々本屋の棚で目にとまりつつ、これまで手に取ることのなかった、ウォーターズ本人の著書『悪趣味映画作法』を読まなければと、慌てて新宿の本屋に向かった。これまでずっとオフザケ本と勝手に思いこんで買わなかったのだ。
読んだ。これもまた瞠目もので、映画監督志望者のみならず、劇作家、演出家志望者必読の刺激本だ。
「いい悪趣味と悪い悪趣味は別物なのだ。(略)悪趣味を理解できるのはいい趣味の持ち主だけだ。いい悪趣味は創造的におぞましく、なおかつ、特別にひねくれたユーモアの持ち主には受けなければならない。きわめて特殊なものだ。」
バッド・テイスト映画と呼ばれるものの本質をもう冒頭からかっとばす。
撮影エピソードは抱腹絶倒の波状攻撃だ。
そして、ふとこんな至言もさりげなく顔を出す。
「『ピンクフラミンゴ』がヒットするや、ぼくらは全員反抗期を飛び出した。誰もが、ぼくらをきちがいだと思ったので、人目を引きつけるには比較的正気な見かけをし、正気なふるまいを見せるしかなかったのだ。怒っていたはずの人から反社会的行動を賞賛され、真似されるようになると、たちまち反抗は退屈になってしまった。ぼくらはみんな、隠れ資本主義者だったと認めたのだ。」
かねてより、ニューヨークのリディキュラス・シアターのチャールズ・ラドラムとボルチモアのジョン・ウォーターズとの類似性を考えていた私は、ウォーターズ・チームのひとりが後にリディキュラス・シアターに参加したという記述には我が意を得たりだ。
ま、こんなこと、知っていた人にとっては、何を今更なんでしょうが。
まさに、まさしく時節はずれの、この時代にまるで相応しくない、ウォーターズ祭りである。私のなかだけの。
2020-09-29 13:16 この記事だけ表示