公演情報
■ティーファクトリー
『クリシェ』
川村毅作・演出・主演
クリシェ_チラシ表web用.jpg 

【公演日】
2020/1/29(水)〜2/2(日)
【会場】
あうるすぽっと(東池袋)

【作・演出】川村毅
【出演】加納幸和(花組芝居)/鈴木裕樹/笠木誠、秋葉陽司(花組芝居)、松原綾央(花組芝居)/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)/川村毅

http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
2,200円(税込)
ーーーーーーー
¥2,200(税別)
ーーーーーーー
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ウォーターズ、ブレッソン、メルビル[映画]
ジョン・ウォーターズは自分の恥ずかしい趣味をアート映画好きとして数本の映画を挙げている。そのなかにはかなり私と被る映画があって、にやにやしてしまう。
先日、ウォーターズの『ア・ダーティー・シェイム』を見たが、ほっておくと私もこういう舞台をやりそうだ。困ったものだ。
ウォーターズは好きな映画に『テオレマ』、『インテリア』、『マドモアゼル』と共にブレッソンの『湖のランスロ』を挙げている。
定期的に私はブレッソンに帰還する。がちゃがちゃしたものにうんざりしてブレッソンに立ち返る。
いやいやウォーターズの映画に嫌になってという文脈ではない。

ブレッソンの『バルタザールどこへ行く』は生涯の数本のうちに入る。
『抵抗』、『スリ』、『田舎司祭の日記』、『ジャンヌ・ダルク裁判』、『少女ムシェット』と共に『バルタザールどこへ行く』は虐げられし者の原理的な詩である。
形容詞がほとんどない、記号で刻まれたような詩である。単純で深いのである。
ブレッソンの映画を見ると、深いという意味の深さがしみじみとわかる。
ジャン・ピエール・メルビルの映画にもそうした思いが強い。
メルビルはブレッソンの『田舎司祭の日記』の文体は自分の『海の沈黙』が先だと断言している。
深く理解できる。
メルビル/ブレッソンである。メルビルのギャング映画を見ると落ち着いた気分にさせられるのもこのあたりにあるのだろう。
『サムライ』はアラン・ドロンの映画のなかでベストである。
2019-08-17 13:45 この記事だけ表示