公演情報
■ティーファクトリー『レディ・オルガの人生』
川村毅新作・演出
olga_match_design_C_180620.jpg 

【公演日】
2018/9/29(土)〜10/8(月祝)
【会場】
吉祥寺シアター(東京都)

【作・演出】川村毅
【出演】渡辺真起子、笠木誠/岡田あがさ、砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)、中村龍介/白川大(さいたまネクスト・シアター)、浜田えり子、原田理央(柿喰う客)、間瀬英正/高木珠里(劇団宝船)、伊東潤(東京乾電池)、のぐち和美(青蛾館/カクシンハン)/蘭妖子

7月30日(月)前売開始!
http://www.tfactory.jp/
CD/DVD/BOOK情報
¥2,200(税別)
◆「川村毅戯曲集2014-2016」
論創社
(2016/5)
¥2,200 (税別)

−−−−−−−−
4◆『神なき国の騎士』
論創社
(2014/3)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
4◆『4』
論創社
(2012/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
aa300_book.jpg◆『リハーサル』小学館文庫 6/7刊行 (2011/06/07)
文庫:¥690(税込)

−−−−−−−−
『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』◆「『春独丸』『俊寛さん』『愛の鼓動』」論創社 (2010/10)
単行本:¥1,575 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝[完本] ◆『新宿八犬伝[完本]』未来社 (2010/09/22)
単行本:¥6,090 (税込)

−−−−−−−−
歩きながら考えた ◆『歩きながら考えた。』五柳書院 (2007/07)
単行本:¥2,625 (税込)

−−−−−−−−
AOI KOMACHI ◆AOI KOMACHI (2003/11)
単行本:¥ 1,575 (税込)

−−−−−−−−
ハムレットクローン◆ハムレットクローン(2000/01)
単行本:¥ 2,100 (税込)


−−−−−−−−
フリークス―残酷のファッショ
ン・ショー1幕◆フリークス―残酷のファッション・ショー1幕(1987/02)
単行本:¥ 1,470 (税込)

−−−−−−−−
ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ
―川村毅第一戯曲集◆ジェノサイド,ニッポン・ウォーズ―川 村毅第一戯曲集(1984/11)
単行本:¥ 1,890 (税込)

−−−−−−−−
新宿八犬伝―川村毅第二戯曲
集◆新宿八犬伝―川村毅第二戯曲集 (1985/11)
単行本:¥ 2,625 (税込)

−−−−−−−−
ラスト・フランケンシュタイン―
川村毅第三戯曲集◆ラスト・フランケンシュタイン―川村毅第三戯曲集(1986/12)
単行本:¥ 2,100 (税込)
コメント/トラックバックについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
還暦の年
12月で60歳である。あと2、30年はやっていたいものである。引退は宣言しないだろう。
30、40の頃はいっちょまえの気分でいたが、今思うとクソガキもいいところだった。
だから今その年齢の方々のいさましい、あるいは妙に老成した言動に接すると、いっちょまえの気でいるんだなあ、と広い心になる。
80歳になった時には還暦の自分などくそがきだったと思うのかも知れない。
若者はまだ50年も60年も生きなければならないのだろうから、大変だなあと可愛そうになる。

周りにも今年還暦という同年代はずいぶんといる。1959年生まれは亥年で五黄土星である。
概ね攻撃的で自己顕示欲が強く、根拠のない自信でポジティヴな人間が多い。
顔を合わせるとバッティングするので同年齢の友人は少ないといった人間達ではないだろうか。
私は生来「おれが、おれが」と前面に出ようとする人たちが苦手で、だから演劇人に友人は少ない。
実は私は攻撃的な人間ではなく、やたら意味のない元気さをふりまく人間とは離れていたい。そういう人がいると、すっと引いて帰宅する。

渋谷和宏氏は珍しく同年齢の友人である。彼は静かに気むずかしいのでウマが合う。年上だが、ジョン・ジェスランと気が合うのもそこらへんにあるのだろう。静かに物事に批判的な人間との交遊が楽しい。
渋谷には8月の吉祥寺シアターのイヴェントで同席してもらう。
思い出すと、『AOI/KOMACHI』の初演時、笠井叡氏は還暦を迎えていた。なんという若々しさであっただろうか。ダンサーの身体とは凄いものだと、小林勝也氏が、唐十郎氏が驚き、羨望していた。
若くあらねば、と焦燥を覚えるのも還暦の年齢ではなかろうか。そう感じさせる人もいるからである。そういうふうにはしまいと思う。
私は2020年の2月『クリシェ』で久々に女装芝居をやろうと思っているが、これは焦りからではなく、こういうこともぼちぼちライフワークにしようと秘かに決意している。
2019-07-13 14:35 この記事だけ表示